人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< West Elm/Etsy H... NY Marathon >>

NY Marathon当日の記録

NY Marathon当日の記録_d0011990_11265493.jpg



快晴、最高気温12度前後と、絶好のマラソン日和だった今日。
夫は6時半に家を出て、マンハッタン南端よりフェリーでスタッテン島に行き、10時10分頃、第2グループの中でスタートした。

優勝者を含む先頭グループは、あっという間に我が家の近くにやってきて、まさに風のように駆け抜けていった。

先頭グループが過ぎると、パラパラとトップクラスのランナーたちが続くが、どやどやとアマチュアの人々がやってきたのは、それから30分か40分たったころだろうか。(うちはスタートから25kmくらいの地点)

男性トップが過ぎてから2時間待って、ようやく「がんばっぺ福島」がやってきた。でもそれだけ待ったのに、写真を1枚撮るのが精一杯。あっけなく通り過ぎていった。

寒かったのもあり、いったん帰宅してお昼ご飯を食べ、終点・セントラルパークに向かおうということになってからが大変だった。当たり前といえば当たり前なのだが、1st Ave.を渡って、セントラルパークに行くことができない。

先頭の100-200人が通り過ぎるまでは、比較的ランナーとランナーの間の間隔が広かったため、警官が様子を見て、ときどきコースを横切らせてくれていたが、何万人ものアマチュア軍団が通り始めてからは、一切横断禁止、マンハッタン西側に行くためには、何十ブロックも南下するか、北上するしかないのだ。
ではバスかタクシーで南下しようということになったが、待てども暮らせども、どちらもやってこない。結局、疲れてぶすっとした娘を引っ張り、数十ブロック歩いて、セントラルパークに向かったが、途中で夫がゴールインしたとの知らせが携帯に。(トラッキングサービスに申し込んでいたのだ。)

なんとかコロンバス・サークルにまでたどり着いたが、ものすごい人で、とても夫には会えそうもなかったので、仕方なく子供たちとお茶だけして、バスに乗って帰ってきた。

夫、4時間42分で完走。初めてのフルマラソンにしては(しかも中年ランナー)、上出来だと褒めてあげたい。

夫も帰宅するのに苦労し、2時間半かけて帰ってきたときはゾンビーのようだったが、レースそのものは楽しかった模様。
最初の20kmは爽快で、楽しくて仕方がなかったようだが、30km過ぎたあたりから、死にそうだったらしい。
でも、途中、大勢の方が「がんばっぺ福島!」、「ニッポン、がんばれ!」と声をかけてくださったようで、本当にありがたいこと。私も子供たちも、夫が通り過ぎるのを待つ間、ランナー全員を応援したが、すべてのニューヨーカーが、世界中から集まったランナーを応援するというこのお祭り気分が、最高なんですな。

私も夏前から、長らくサボっていたダンスを再開したのだが、やはり身体を動かすことは気持ちいい。
これからは身体は劣化していく一方なので、夫も私も、それぞれ好きなことを続け、健康を維持したいと思う。

夫はまた来年も走る気のようだ。
彼はどんどんスリムになっていくので、私も負けずに頑張ろう・・
by oktak | 2011-11-07 11:53 | NY
<< West Elm/Etsy H... NY Marathon >>