<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新ウェブサイト

d0011990_10104617.jpg



oktakメインサイト、まだ未完成ですが、公開しました。


今度のサイトには、ショップ(主要クレジットカードがご利用いただけます)、ギャラリー、プレス、英語ブログをつけました。よろしかったらご感想お聞かせください。

11/1-5まで、新サイト公開記念セールをおこなう予定です。
[PR]
by oktak | 2013-10-31 10:12 | ビジネス

Kittens in mittens ornaments

d0011990_0313324.jpg




子猫たち、ミトンから取り出せます。


d0011990_0335518.jpg



d0011990_0342016.jpg

[PR]
by oktak | 2013-10-27 00:33 | 作品

Metamorphosis

 年をとってきて、実感することのひとつ。
 無意識に、母にそっくりになってきている。

 仕事をしながら、鼻歌が出る。はっと気づくのは、それが子供の頃、嫌というほど聞かされた、母の「シャンソンもどき」だということ。

 岸洋子さんの大ファンだった母は、家事をしながら、岸さんのレパートリーを片っ端から歌っていた。フランス語の間違いも、そのまま記憶に刷り込まれていて、どうしても正しく歌えない。笑

 その他、ふと気づくと、仕草や物の言い方が、母とまるで同じになっているのだ。
 ときどきやらかす失敗まで同じ。(お味噌汁に入れる豆腐を、縦にだけ切って、横に切るのを忘れたり・・おかげで材木のような豆腐がゴロゴロ)
 
 血は争えないというが、長く離れて暮らしていて、最近はほとんど電話もしないというのに(こちらがかけても、相手が忙しくてつながらない)、子供の頃の刷り込みとDNAは、どうすることもできないと悟る日々。




 
[PR]
by oktak | 2013-10-24 22:43 | 日常

娘。今年のハロウィーン衣装。

d0011990_254512.jpg



9才の娘は、ちょっと変わり者。
毎年ハロウィーンには、女の子の定番コスチューム(プリンセス系、フェアリー系、バレリーナ系)には見向きもせず、突飛なアイディアを出す。数年前は、「オレンジのギター」になりたいと言ったし(私が却下)、今年は、「墓石」になりたいのだと言う・・。

ま、ハロウィーンはお盆みたいなものですから、墓石はテーマに合っているといえば合っているんですが・・

ハロウィーンが近づくにつれ、気が変わってくれることを願っていたが、しつこく墓石にこだわっているので、先週末、一緒に作りましたとも。墓石のサンドイッチマン・コスチューム。

下には黒い長袖シャツとレギンスを着て、顔は骸骨のように目鼻口を除いて白く塗る予定。

↓ こちらは裏側。


d0011990_255669.jpg

[PR]
by oktak | 2013-10-23 02:56 | 日常

近況

ここ一年くらい、ブログに対する情熱を失っているのは、おそらく長年読んでくださっている方はお気づきだと思う。いろんなSNSに手を広げすぎて、どれも適当になるという、いい加減の王道。(苦笑)

Facebookは、プライバシーの侵害甚だしくて嫌いだが、アクティブなお友達が多いので、一応アカウントを持っている。ビジネスページはなるべく頻繁に更新するようにしている。写真シェアサイトFlickrは、時代に取り残されつつある感があるが、そこで知り合った人もいるのでキープし、思いついたら新しい写真を追加。好きなものをスクラップブッキングするPinterestも、魅力的なので手を出している。ツイッターはテンポが速くて、せっかちな自分には一番向いており、楽しんでいるかな。

これ以外に、Etsyのハンドメイド・セラー仲間が作ったgoogle groupに二つ入っていて、これも毎日チェックしないと、貴重な情報を見逃す。
大流行しているInstagramには手を出していない。今後も出さないようにしようと思う。笑

ところで最近、Etsyが基本的なポリシーを変更すると発表した。今後、セラーは商品をデザインさえすれば、製作工程は工場を含む第三者に任せてもよいことになった。さらに、製作した第三者が、直接お客様に商品を発送すること(いわゆるドロップ・シッピング)も認めることになり、デザイナーが一度も商品に触れずに、取引が完結できるようになった。

本来、「ハンドメイドで生計を立てることを可能にする」ことを使命にしていたEtsyだが、設立からの8年の間にCEOが2回変わり、メンバー数も激増した。いつ頃からか、中国その他の工場で大量生産された品物が、「ハンドメイド」の間に紛れ込むようになった。もちろん、確信犯。それを二束三文で売るものだから、自分の手で商品を作っているセラーは不愉快な思いをしてきた。

「ハンドメイド」の定義は難しい。「一人の人間がデザインと製作の全工程を担当した商品」と厳密に定義すると、売れっ子になったアーティストは、製作工程の一部もアウトソースできず、ビジネスの発展を阻まれる。(一人の生産キャパはたかが知れている。)しかし、「少人数による共同作業」と定義を緩めるとしたら、一体どこで線を引くのか?「少数」とは3人なのか、4人なのか、それとも10人なのか、「ハンドメイド」の境界線を、どうやって定めるのか?

結局、人を雇う必要性が生じるほど売れっ子になったアーティストの中には、Etsyの店を畳んで他の販売経路を探らざるを得なくなった人も出てきた。そこでEtsyはジレンマに陥ったわけである。ハンドメイド専門のサイトではあるが、製作のアウトソーシングを禁止すると、看板作家が去ってしまう・・。

このような背景があって、今回のEtsyの決断があったのだと思う。
しかし、完全にハンドメイドを放棄したような決定に、多くのセラーが辟易している。
新しいポリシーによれば、たとえば私がデザインしたバッグを、中国の工場に大量生産させても、「ハンドメイド」になるのだ。Etsy、利益のために、魂を売りましたな。

もともと、玉石混合のサイトであり、Etsyを知る人の多くが「大量のガラクタの中で良いものを見つけるのは至難の業」とこぼしていた。個人的には、Etsyはさらにガラクタを増やす方向ではなく、ガラクタを排除して、質の高いものだけを売る方向に向かうべきだったと思う。
利潤追求を最優先した結果が今回の方向転換なのだろうが、ガラクタを売るサイトは星の数ほどあるので、ここは思い切って審査制度を導入した方が、ニッチ市場を独占できたろうに、と思う。

話が長くなったが、これ以上Etsyに依存するのはよくないと考え、今、独自のサイトを再構築中。
2005年に友人の助けを借りて作ったoktakのメインサイトは、更新するプロセスがややこしいのが最大のネックで、長期間放置してきた。しかしこの数年の間に、ウェブデザイン/ホスティングサービスは飛躍的に発展した模様で(心底感動中)、今、少しずつ自分で一から作り直している。

きちんとした形にするにはまだ時間がかかりそうだが、今度のサイトには、独立したオンラインショップ、フォトギャラリー、ブログ、最新情報などを統合したいと思っている。これで、少なくともFlickrのプロアカウントは解約できそうだ。あとはこのブログもそこに移動させるかどうかだが、日本語で書いているので、まあ、これはこのまま維持した方がよいのかもしれない。

日々いろいろと考えていることがあり、またブログに書いていきたいと思っている。
読んでくださる人がいなかったとしても、文章を書くことはボケ防止に大切だ。笑
[PR]
by oktak | 2013-10-18 04:56 | 日常

hedgehog on orange

d0011990_1254973.jpg


売れてしまいましたが・・。
[PR]
by oktak | 2013-10-18 01:25 | 作品

Coral reef on black and bone

d0011990_21404151.jpg



d0011990_21412747.jpg



d0011990_21414653.jpg

[PR]
by oktak | 2013-10-11 21:42 | 作品

狐と鹿のがま口

d0011990_2281241.jpg



d0011990_2283193.jpg



それぞれ一点もの。
[PR]
by oktak | 2013-10-08 02:30 | 作品

Big flowers on mustard tote

d0011990_4135532.jpg



d0011990_4141619.jpg



この生地、とても好み。
[PR]
by oktak | 2013-10-03 04:14 | 作品

秋色がま口

d0011990_2162285.jpg



d0011990_217196.jpg



数年前に販売され、既に製造停止になった秋色の生地。
あと数十センチずつしか残っていない。
厚手のコットン、色も柄も気に入っていた。
[PR]
by oktak | 2013-10-01 02:18 | 作品