<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Taking care of another life

先週、実に久しぶりに、学生時代の親友と話した。
彼はもう何年も前からカリフォルニアの大学で教えているが、今年初めにお母様が亡くなって以来、いまだに夢の中をさまよっているようで、大変辛いのだと語った。

彼は私と同い年だが、いまだ独身で、数年前に父上も亡くしており、兄弟とも疎遠なので、その辛さは想像に難くない。友人の数は、私など比べ物にならないくらい多いし、恋人がいない時期もほとんどないと思うのだが、いつも孤独に苛まれているように見える彼。

学生時代、彼とは寮で隣の部屋で、毎晩のように巨大なマグカップの淵までめいっぱい紅茶を入れて、ありとあらゆるテーマについて話し込んだものだ。彼は私を"soul mate"と呼び、二人とも大の猫好きだったので、壁に猫用の出入り口を作って、共同で猫を飼おうと冗談を言ったこともあった。

私が知る誰よりも思慮深く、真の「オープンマインド」を持つ彼は、当時から「子供はいらない」と断言していた。子供が嫌いだからではなく、このような世界に新たな命を生むことが忍びないという理由だった。そして子供を作らないことを前提に、長期的なパートナーシップを築ける女性を見つけるのがいかに難しいかと嘆いていた。(彼が親しくなった女性のほとんどは、最終的に子供を生むことを望んでいたらしい。)

母上を亡くした今、彼があまりに辛そうなので、猫を飼ってみてはどうかと提案したら、「とても他の命の面倒を見ることなどできない」と答えた。

この台詞("I can't take care of another life")、他の友人からも聞いたことがあるが、その度に私の心はざわつく。
その気持ちには深く共感できる一方で、「他の命の面倒を見なくて、生きられるのか?」と思うからだ。

親友ほど、感受性が強く、繊細な人間を他に知らない。
彼は人の痛みに深く共感する能力があり、それゆえに「子供はいらない」とも思うのだろう。
自分が生きるのだってやっとなのに、面倒を見なければならない命があったら、どれほど負担だろうと思う気持ちは、十分理解できる。喜びも大きいかもしれないが、苦しみも倍増するし(愛する存在が苦しめば、自分はもっと苦しむ)、責任の重さに圧倒されるのは分かる。
彼ほど優しい人を、どこか近寄りがたく感じるのは、猫や子供だけでなく、誰のことも、「面倒を見られない」と、しんどいことも、汚いこともひっくるめて愛することを避けているからではないかと思う。

でも人は、他者との関係によってしか生きることができない。
愛することによってしか、孤独を脱することはできない。
愛には当然苦しみも付随するが、それはどうしても切り離せないものなので、セットで抱え込むしかない。
「他の命の面倒を見ること」は、「自分の面倒を見ること」に他ならない。
面倒を見る相手がいない人生は、どれほど崇高な目標に向かって努力をしても、最終的には満たされることがないように思う。

前にも書いたと思うが、「孤独でない」ということは、大層面倒で、苦しいことなのだ。
でも、誰の面倒も見ないことより、苦しいことはない。
誰かの苦しみも引き受けることによってしか、人は生きられないのだと思う。

「今、あの頃のような友達は周りにいるか?」と尋ねられ、「いない」と答えた。
学生時代は、人種・国籍・性別・年齢など一切関係なく、何についてでも語り合える友がいた。
彼は今でも学者や若い学生たちに囲まれているのに、やはり昔のような友はいないと言った。
「あの頃は、'ideas'について話し合えたね」と懐かしむ彼と、またマグカップになみなみと紅茶を入れて、語り合える晩がきたら、私は上に書いたようなことを話してみたいのだ。
彼が心から幸せになれることを、いつも願っている。



People,
People who need people
Are the luckiest people in the world
We're children needing other children
And yet letting our grown-up pride
Hide all the need inside
Acting more like children than children
Lovers
Are very special people
They're the luckiest people in the world
With one person,
One very special person
A feeling deep in your soul
Says you are half now you're whole
No more hunger and thirst
But first be a person who needs people
People, people who need people
Are the luckiest people in the world.
[PR]
by oktak | 2012-11-28 02:17 | 日常

SALEのお知らせ

d0011990_1181083.jpg



11月20日(火)より26日(月)まで、全品10% OFF SALEを開催いたします。(除外品は、カスタム商品及び、数点の刺繍がま口のみです。)

なお、価格は20日午後10時(米国東部時間)に調整されますので、クーポンコードのご入力は不要です。(26日の午後11時に通常価格に戻ります。)
[PR]
by oktak | 2012-11-21 12:02 | 作品

Midcentury Modern

d0011990_155253.jpg


昨晩、私が作ったtreasuryがEtsyのトップページに掲載されました。
[PR]
by oktak | 2012-11-20 01:55 | 日常

Renegade Craft Fair Holiday Market 記録

d0011990_6294988.jpg


11月17日(土)、予定通りブルックリンでRenegade Craft Fair Holiday Marketに参加してきた。
昨日の最高気温は11度、イーストリバー沿いのため、冷たい風をさえぎるものが何もなく、体感温度はかなり低かった。

会場には大きなテントが2棟並び、その中にそれぞれ100店ほどのショップがブースを構えるという構造だった。テントの長さは100メートル以上あり、内部はかなり広く、左右にブースがぎっしり並んだ。

今回はブース全体を借りず、半分のスペースを借りて、コスト削減を図った。
ちなみにブース全部を2日間借りる料金は$600、半分の場合はちょうど半額の$300。
それにテーブルと椅子を借りると、+$20。

結論としてこのフェアは大失敗で、2日目の今日は参加しなかった。

<敗因その1> 気候

申し込む前から最大の懸念であったが、やはり11月中旬のニューヨーク、屋外で開催されるフェアは無理だと悟った。テントの中にはなんらかのヒーティングがあるという約束だったのだが、少なくとも私の周辺にはまったくヒーティング器具はなく、1時間もたたないうちに腰から下が冷え切って、夕方6時までいるのが辛くて仕方がなかった。これは主催者による契約違反だと思うので、他からも文句が出ると思う。
フェアの前の準備による疲労と重なり、昨晩帰宅時には頭痛、今朝は朝から体調が悪く、2日目参加を断念。

<敗因その2> 第1回目のフェア

Renegade Craft Fair自体は、有名なクラフトフェアである。本部はシカゴにあり、ニューヨークで毎年6月にフェアが開催されるようになってからも、すでに7-8年たっている。6月のフェアへの参加申込者は毎年増加し、今では審査に通るのが非常に難しいと聞く。
しかしこのホリデー前の時期にニューヨークでフェアが開催されたのは、今回が初めて。
初めてのイベントというのは、とにかく知名度が低く、お客さんが集まりにくい。
少なくとも今回はセラーとして参加するのではなく、どんな様子か、客として偵察すべきであった。

<敗因その3> 会場の設備

気候ゆえにそれ以外の選択肢はなかったものと思われるが、大きなテントの中にズラリとブースが並ぶという構造は、非常によくなかった。まず、外が晴れていても、中は暗い。一応天井には照明がついていたが、天井が高い上、照明が白熱灯の丸いランプのため、自然光が差し込む出入り口周辺を除いては、とにかく暗くて、商品がよく見えないほど。私は電池式の照明を数点持ち込んだが、まったく足りなかった。

また、屋根だけの夏のテントと違って、四方を白いテントの素材に囲われるため、さらに貧乏くささが増して、まずかった。

<敗因その4> 商品の選択

過去に参加したフェアで、よく売れているものを見ると、だいたい$5-15の品物ばかりだったので、今回はできるだけ低価格のものを持参し、高めの商品はあえて家に置いていった。
しかしフェア用に慌てて作った$18のジッパーポーチは結局ひとつも売れず、売れたものは、動物のアップリケつきの、$32以上のがま口ばかり。
アップリケつきがま口は、小さい割にどうしても高くせざるを得ず、売れないと思っていた。ディスプレイ用に持っていったのだが、私よりも安いジッパーポーチを売る店が多いため、私しか作っていないものが売れたということなのだろう。

また、全体的に持参した商品が少なすぎた感があった。「とにかく安いものを中心に」と思いすぎて、がま口は一番小さいサイズしか持っていかなかったのだが、めがねケースや大きめのがま口も持っていけばよかった。


<教訓>

1. NYの冬に、屋外のフェアには参加しない。
2. 初めて開催されるフェアには参加しない。
3. 「売れると思われる商品」ではなく、「自分のもっとも魅力的な商品」を常に持参する。
4. ホリデー前の大切な時期は、オンラインでの販売に集中して、無駄な抵抗をしない。

 どなたかのご参考になれば・・ 笑





 
[PR]
by oktak | 2012-11-19 07:00 | ビジネス

ティーネージャーの母

d0011990_8151088.jpg


今日は息子の誕生日。13歳になった。
背が小さく、天真爛漫なままなので、とてもティーネージャーとは思えない。
でも、確実に彼が生まれた日から13年たったのだ。

赤ん坊の頃は、身体のどこかが悪いのではないかと疑うほど泣いてばかりで(しかも声が尋常でないほどデカかった)ノイローゼになりそうだったし、幼児になったら、秋から春までは風邪をひきっぱなし、さらに小学校低学年までは、学校でもトラブルが多かった。子育て道とは、かくも険しいものかと愕然とした。

今でも、脳の一部が欠如しているとしか思えないボケっぷりを日常的に披露しているが、友達は山ほどいるし、学校は大好きでたまらないし、毎日機嫌がよく、笑ってばかりなので、自然にこちらも笑顔になってしまう。

赤ちゃんから子供へ、子供から青年へと成長していく様子を「寂しい」と感じる母も世の中には多いようだが、私は全然寂しくない。彼の成長が心から嬉しく、これからさらにどんな風に変わっていくのかが、楽しみだ。今ではどんな映画でも一緒に見に行けるし、どんな話もできる、私にとっては最高の友達の一人でもある。

これまでの道のりを振り返ると、なつかしい気持ちでいっぱいになる。
大変だったことも、何ひとつ変えたくないし、悔いもない。
これからも山あり谷あり、がっくりくる日もあれば、嬉しくて舞い上がる日もあるだろう。
いつか巣立って行く日まで、母親業、満喫させていただきます。



d0011990_8304515.jpg




d0011990_831291.jpg



あまり美術には興味がないと思っていた息子だが、折り紙が大好き。
誕生プレゼントには、この本をリクエスト。
いつか自分のオリジナル折り紙を生み出したいそうだ。

[PR]
by oktak | 2012-11-17 08:41 | 日常

グレーのがま口2点

d0011990_11511838.jpg




d0011990_11514966.jpg




同じおうちのデザインでも、なぜか先日作った赤と青バージョンよりも人気がある。
[PR]
by oktak | 2012-11-15 11:52 | 作品

刺し子のがま口

d0011990_2513136.jpg



刺し子というと、亡くなった祖母を思い出す。
今でもときどき夢に登場する。
会いたいな。
[PR]
by oktak | 2012-11-14 02:52 | 作品

おうちのがま口

d0011990_11204878.jpg

[PR]
by oktak | 2012-11-13 11:21 | 作品

Nov 10th

d0011990_79337.jpg


私が作ったトレジャリーがEtsyのトップページに掲載されました。


*******
今日も朝からマンハッタンを東奔西走。
まずGramercyにあるシナゴーグに息子を連れていく。今年は息子の学年はみんな13才になるので、ユダヤ人の成人式であるBar Mitzvah(男の子)やBat Mitzvah(女の子)に数多く招かれている。
ニューヨークには、ユダヤ人が本当に多い。
普通、朝シナゴーグで式がおこなわれ、夕方から夜にかけて別の会場で大規模なパーティーがある。
先週末開催される予定だったお友達のBar Mitzvahが、ハリケーンの影響で延期されて今日になったため、元から今日呼ばれていたお祝いもあり、2人の式とパーティーに連れて行くことになってしまった。

真冬でも、長いズボンだとサッカーができないからと、一昔前の日本の少年のように毎日短パンで登校する彼にスーツを着せ、黒い革靴を履かせる。馬子にも衣装とはこのこと。

式はだいたい2時間なので、その間に私は来週末に迫ったクラフトフェアのディスプレイ用の品々を買いに走る。フェアの開催時間は夕方6時までとなっているが、最近4時半くらいには暗くなるので、クリスマス用のライトなどを買ってみた。時間が余ったので、普段は見ることのないブティックや雑貨屋さんを覗き、お昼は息子を連れてユニオン・スクエア近くのアジア系麺専門店へ。

次に、別のお友達のパーティーがある、Times Squareへ。観光客でごった返すこの地区は、可能な限り近づかないのだが、仕方ない。2時から6時までのパーティーなので、息子を置いて、いったん帰宅する。

今度はパーティーが終了する6時に息子を迎えにいき、最初のお友達のパーティーがある、ミッドタウンのホテルに連れていく。今度のパーティーは7時から12時まで。真夜中に迎えに行くのは、夫の仕事。

一方夫は、午前中娘をバレエに連れていった。大人が二人いないと、子供二人の世話ができないという、マンハッタンの暮らし。週末は子供の送迎に追われて、独身の友達に呆れられている。

明日は息子のサッカーの試合がウェストサイドで8:45amから。これは夫の仕事。ほっ。
[PR]
by oktak | 2012-11-11 08:01 | 日常

Nov 9th

d0011990_2241152.jpg


私が作ったトレジャリーがEtsyのトップページに掲載されました。
Thanksgivingのテーブルセッティングをイメージ。

早くも金曜日。
中年になると、どうしてこうも時間が過ぎるのが早いのか。
今週は火曜日に大統領選挙があり、月・火は子供たちが家にいたせいもあって、特別早かった。

祝・オバマ再選。4年前のような興奮・高揚感はないが、とりあえずほっとした。
個人的には、共和党の政策(or lack of)は、どうやったら支持できるのか不明。
投票パターンの分析は、実に面白い。
(「類友」と言うが、私たちの周りに、共和党支持者は皆無。しかし、本来マンハッタンの東側は共和党支持者が多く、西側は民主党支持者が多いそうだ。私たちが住むアッパーイーストには、共和党への献金額全米トップ10に入る3地区(zipcodeで分類)がある。ちなみに、民主党への献金額トップ10地区のうち3地区はアッパーウェストにある。本来、ウェストサイドの方が我が家の雰囲気には合っているのかも。ソースはこちら。)
[PR]
by oktak | 2012-11-09 22:50 | 日常