<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

海外帰りが嫌われる国

 今日のNYタイムズに、面白い記事が載っていた。

 内容は、日本から海外の一流大学に留学して学位を取得した若い人々が、日本企業に敬遠されるというもの。
 ディスコ社が日本企業1,000社を対象におこなった調査によると、2012年度に留学経験者を採用する予定と答えたのは、25%以下だったという。1,000人以上の社員がいるトップ企業に限定しても、採用に意欲的だったのは40%以下だったそうだ。たとえば三菱東京UFJ銀行では、毎年1,200人ほどの新卒を採用しているが、うち留学経験があったり、日本国籍でないのは、20人に満たないという。

 理由はいろいろ考えられるだろうが、一部留学経験者は、企業の採用担当者に面と向かって「オーバースペックだから」と言われたとある。でも、本当の理由は、記事の後半にあるように、留学経験者は日本の企業文化を知らない、あるいは知っていても迎合しないからなのではないかと推察する。

 これを読んで改めて、日本というのは特異な国だと思った。
 ほとんどの国で、海外留学経験は、アセットとして捉えられると思う。仮に大きなメリットにならなくとも、少なくとも「足かせ」になることはないのではないか。
 
 欧米の有名大学に限らず、外国で教育を受けた若い人々は、日本の財産ではないのか?(欧米以外の地域に居住・留学した人の経験は、とりわけ貴重かと・・)
 
 この記事を読んで、大昔に聞いた、ある教育者の言葉を思い出した。
 私たち家族が、ロンドンから日本に帰国するとき。小学校1年生以来、日本の学校を経験したことがなかった私が、うまく日本の中学に順応できるかを心配した母が、当時ロンドンの日本人補習校の校長を務めていたN氏に相談をした。N氏は、「海外で生活した子は、二つの目を持って日本に帰るが、日本社会に戻った途端、二つめの目を閉じて順応しようとする。もったいないことだ。でも、海外の学校でいきいきと過ごした子は、必ず日本の学校でも育つ」というようなことを言った。

 記事の最後に登場する、メリーランド大学を卒業した男性は、海外経験をアピールせず、順応性を強調した結果、日本企業に内定をもらったと語っているが、このように、異なる経験をしたことが無価値であるどころか、重荷であるかのように捉えられる社会は、今後ますます小さくなる世界を、どう生きていくのだろう。

  






 

 
 
 
 
[PR]
by oktak | 2012-05-31 06:32 | その他

イニシャル入りブルーの小銭いれ

d0011990_229491.jpg



d0011990_230248.jpg

[PR]
by oktak | 2012-05-25 02:30 | 作品

紺色キャンバスのトート

d0011990_1535768.jpg



d0011990_1534474.jpg


先日、珍しくオンラインではなく、ガーメント街まで出かけて資材をあれこれ買い込んできた。
この太いグログラン・リボンを一目見て気に入り、「夏前に、紺のキャンバスと合わせてトートを作ろう!」と思って買ったのだった。

「○○を作ろう!」と思って買っても、必ずしもその通りの作品が完成するとは限らないので(買ったはいいが、何年も箱の中で眠っている資材もたくさん・・)、今回はすぐに形にできてよかった。
[PR]
by oktak | 2012-05-24 01:57 | 作品

Nautical flag pouches

d0011990_23492027.jpg




船のことは何も知らないが、今回ポーチを作るにあたって調べたら、アルファベットと数字すべてに対応する信号旗があるんですな。(当たり前か)

それならば、お客様のお名前やイニシャル、お好きな数字の旗をカスタムでアップリケするサービスを提供しようかとも思ったが、中には異常に面倒くさい旗もあるので断念。(NやYはちょっと・・笑)
[PR]
by oktak | 2012-05-22 23:54 | 作品

新作めがねケース

d0011990_2285347.jpg


春は飛ぶように過ぎていき、もうすぐ夏の到来を告げる、Memorial Day Weekend。
それが過ぎると、もう学年末だ。

息子の学校は6月12日が最終日、娘は27日。
は~ もうすぐ夏休みですか。そうですか。
[PR]
by oktak | 2012-05-18 02:33 | 作品

Direct Checkout

d0011990_0311639.jpg


oktak Etsyショップで、直接クレジットカードをご利用いただくことが可能になりました!

これまでは、PayPalを経由していただく必要がありましたが、本日より、PayPalを経由せず、クレジットカードをご利用いただけます。(もちろん、これまで通り、PayPalによるお支払いも可能です。)

品物をカートに入れていただくと、下のような画面が表示されます。
ここで、PayPalではなく、お手持ちのカードをご選択いただいた場合、ご住所とカード番号のご入力後、"Submit Order"をクリックしていただければ、ご注文完了となります。

d0011990_0452525.jpg

[PR]
by oktak | 2012-05-16 00:50 | ビジネス

Etsy shop紹介: Fumiwo Hankoさん

d0011990_11234734.jpg



本日ご紹介するのは、消しゴムはんこ作家、史緒さんのショップ
先日ご紹介したSiam Squareのまこさん経由だったか、史緒さんの作品を最初に拝見したときの、衝撃といったら。まあ、私が下手な文句を並べるより、直接ショップをご覧いただいた方が早いでしょう。

では早速インタビュー。


(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

消しゴムはんこを制作している 史緒(fumiwo)と申します。
主に日本の歴史上の人物や文豪などの似顔絵を彫って、集めるのを楽しみとしています。
美術大学で仲間達と「活版印刷」にハマり、印刷工房に入り浸り、小さな雑誌を作って文化祭やショップで販売していました。そのころから凸版の 文字や絵の部分が盛り上がって印刷される方式に魅了されていきました。現在はスタンプのイベントや、creema、etsyで消しゴムはんこの販売、オーダー制作を行っています。

(2) 今のお仕事を始められたきっかけは?

勤めていた会社を辞めて、夫の住む茨城県に引っ越す前に少し時間 があったので、前から興味があったスタンプワークショップに参加しました。この講座はカードや布などにスタンプを美しく押すテクニックを学ぶものでした。受講後、自分の好きなスタンプができたらどんなに楽しいだろう!と思っていた頃、夫の参加する音楽ライブのイベントで、手づくりの作品を出品することになりました。そこで、茨城県出身の著名人である「水戸黄門」の似顔絵はんこを出品したことです。

(3) これまでの作品の中でもっとも気に入っておられるものは?

「日本の文豪」が今後も続けていきたい最も興味のあるシリーズで、どのはんこも気に入っています。
単独ですと、ミュージカル映画「Jesus Christ Superstar」のTed Neeleyの似顔絵はんこ。
このはんこはイベントに持ち歩かず、お気に入りとして家で眺めて楽しんでいます。

d0011990_11212315.jpg


d0011990_11233584.jpg



(4) お好きなアーティストは?

主に私の好むアーティストといえば、線画を美しく描く漫画家や画家、イラストレーターです。
70年代の劇画のころの漫画家が好みです。林静一さん、石井隆さんが特に。
高野文子さんも大好きです。漫画のペンで描くモノクロの世界に、色を想起させてくれる作家さんが好きです。今日マチ子さん、近藤聡乃さん などの漫画も気になっています。
日本画の小倉遊亀さんの描く情景も。

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを、5つ挙げてください。

・好きな人の書いた文字
・美しい柄の布
・気楽な散歩
・熟れたマンゴー
・露天温泉!

*************

 ありがとう、史緒さん!

 史緒さんのHPはこちら、ブログはこちら。そして日本のハンドメイド・サイト、Creemaのショップはこちら

 なお、現在史緒さんと私で、コラボレーションに取り組み中。
 できるだけ早く作品を完成させ、発表したいと思います!乞ご期待!!
[PR]
by oktak | 2012-05-13 11:27 | Etsy shop紹介

日米習い事考

d0011990_6533762.jpg



 最近、意図せず「ステージママ」化しており、ブログがなかなか更新できない。
7才の娘、数年前からバレエを習っているが、今年は初めて公演に出ることになり、先月から週3回、2時間ずつの練習に付き合っている。バレエスクールまで片道30分ほどかかるので、娘を送り届けてから帰宅し、また終了時間に間に合うように迎えに行くのもバカバカしく、結局「新聞・本・刺繍道具一式」の3点セットを持参し、そのまま学校で待っている。

 来週末が本番なので、来週は毎晩劇場でドレス・リハーサルがある。しかも劇場はウェストサイドにあるため、マンハッタンを横断しなければならず、かなり大変。でも、自分が踊り好きなので、送迎も頑張れる。(これがスポーツ系の習い事だったら、まず親の私がヘナヘナとギブアップしたに違いない。笑)

 娘が通うバレエスクールには、幼児から高校3年生まで在籍しているが、7才以下の子供は発表会に出られない。一応きちんとしたトレーニングを受けた子供だけを対象にしているらしく、なんと公演は4回もある。金曜の夜、土曜のマチネと夜、そして日曜のマチネ。高校生のお姉さんたちはセミプロなので、決して安くないチケット代を支払って見る価値があるが、「前座」の娘の出番は1分前後。(笑)

 それにしても、アメリカで子供に習い事をさせていると、日本との事情の違いに驚く。
日本では、スポーツでも、芸術でも、「来る者は拒まず」が原則で、やりたい子は誰でも習える、きわめて平等なシステムだと思う。が、娘のバレエスクールでは、6-7才で、才能の有無によって、別コースに振り分けられてしまう。つまり、先生たちが才能があると判断した子供のみが、本格的な指導をするコースに「招待」され、それ以外の子供は、「趣味として楽しむコース」を勧められる。(後者のほとんどは、この時点でバレエをやめてしまう。)また、進級できた子供たちも、全員が公演に出られるわけではなく、選抜制。今回の公演に選ばれなかった子供たちとその親は、かなりがっかりしており、「来年はもう続けないかも」と口々に言っている。
 
 息子の学校でも、運動部はすべて年に一度か二度、「トライアウト」(入部テスト)を実施し、上手な子供しか入れない。(私が知る限り、周りの学校もすべて同じシステムだ。)息子は学年一のチビであり、今年は希望のサッカー部に入れなかった。それは見ていて気の毒だった。(苦笑)同じように、入れなかった子の親はみな胸を痛めたと思うが、このような選抜システムがない国から来た人たちの一部は、「こんなに早くから、スポーツをやりたい子からその機会を奪うのは間違っている」と憤り、学校側にクレームを入れたようだ。(結果、システムは変わっていないが。)

 私も最初、「こんなに小さいうちから、才能のある子だけにしか、スポーツや芸術を追求する機会が与えられないシステムはいかがなものか?」と思った。上手下手にかかわらず、その活動を愛する心を大事にし、課外活動はすべての子供にオープンであるべきなのでは?と。

 でも、時間がたって、アメリカのシステムも悪いことばかりではないと思うようになった。
 小学生の頃から、「あなたの能力は基準に達していないから、入れません」と通告されるのは確かに厳しいが、早期に自分の適性を把握し、より自分に向いているものを探すきっかけにはなるかもしれない。それに、一度受け入れられなくても、本人にやる気があれば、他の場で練習を重ね、何度でも再挑戦することができる。現に息子は、サッカー部に再挑戦する気らしい。

 人の能力はみな違うし、人生は厳しい。
 小さいうちから、「みんな一緒」という幻想を抱くことなく、さまざまな課題に挑戦することで、挫折の悔しさも味わうが、成功の喜びも覚えるのかもしれない。それを繰り返しながら、失敗を極端に恐れることなく、たくましく成長するとも言えるのではないか?

 日本の幼稚園では、劇の主役が4人も5人もいたり、徒競走で順位をつけないところもあると聞く。できるだけ多くの子供にスポットライトを浴びさせる、特定分野で能力の低い子が悲しい思いをしないように工夫する、という配慮が間違っているとは言わないが、そんなに甘やかす必要もないだろうとは思う。

 実際には、すべての子供が何か特別なものを持っているのであり、大事なのはすべての子供を悔しさや悲しさから「守る」ことではなく、一人一人がその「何か」を引き出し、独自の輝きを放つ手助けをすることに他ならない。

  










  

 

 

 
 
[PR]
by oktak | 2012-05-10 09:06 | 作品

100才と92才の姉妹に

d0011990_093110.jpg



義母から、50年近く前、仲人を務めてくださった女性と、その妹さんへのお誕生祝いを作ってほしいと依頼された。なんとその女性は今年100才で、妹さんも92才になられるという。

それぞれのイニシャルを入れた、特別がま口を作成。
お姉さんにはパープル、妹さんにはブラウン。

自分はそんなに長生きしないだろうが、もし100になるまで生きるのであれば、5才違いの妹にも、やはりずっと一緒に元気でいてほしい。
[PR]
by oktak | 2012-05-01 00:13 | 作品