<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

水玉と猫のがま口

d0011990_23452145.jpg



この秋、いろんなアップリケをしたがま口を出したものの、猫が圧倒的に人気。
店で売れた猫がま口は20個足らずだが、カスタムオーダーが多いのだ。
猫好きのパワー、再認識。

サンクスギビングの4連休中、ひたすら猫を縫いまくり、針を持ち続けていた指先が痛い。
[PR]
by oktak | 2011-11-28 23:48 | 作品 | Comments(0)

きのこ、花、木のがま口

d0011990_652136.jpg




d0011990_6522891.jpg




d0011990_6525049.jpg




今日はBlack Friday。
学校は休み、仕事も休みの人が多いが、夫は嬉々としてジーンズにTシャツの普段着で、自転車に乗って職場に出かけていった。
おかげで、私は子供2人と家に取り残され、大迷惑。
子供たちは5才も離れているわりによく一緒に遊ぶが、喧嘩するときのうるささは半端でない。
12才が7才をからかい、7才がいちいち真に受けて大絶叫。午後4時45分現在、すでに2回雷を落とすも、その効果はせいぜい30分しか持たない。

猫の手も借りたいほど忙しいこの時期に、うるさくて頭が痛い。
どこの兄弟もこんなにうるさいのだろうか。

息子はあと30分したら、友人の家に泊まりにいく。早くいってくれ、タノム。
[PR]
by oktak | 2011-11-26 06:57 | 作品 | Comments(2)

晩秋のNY

d0011990_4461686.jpg





d0011990_4544242.jpg




d0011990_4465420.jpg




d0011990_447168.jpg




d0011990_4472694.jpg




今日はThanksgiving。
今年は誰も招かず、誰にも招かれず。ここのところ、あまりに慌しい毎日だったので、久しぶりに家族4人揃ってまったりできるのが、何より嬉しい。

パレードを見に行こうとセントラルパークを横切ったものの、ものすごい人で、しばらく空に浮かぶ巨大風船を眺めて、そそくさと退散。チャイナタウンでの飲茶に向かったが、途中、美しい晩秋の景色を堪能した。

5番街も、Madison Ave.も、ガラガラ。皆家族と集まり、ターキーを食べていたのかも。
[PR]
by oktak | 2011-11-25 04:56 | NY | Comments(0)

2 collections

23日、私が作ったtreasuryが二つ、Etsyのトップページに掲載されました。

d0011990_4232424.jpg


^ Gift Guide for the Midcentury Enthusiast



d0011990_424035.jpg


^ Beautiful & Eco-Friendly Gift Guide
[PR]
by oktak | 2011-11-25 04:25 | 未分類 | Comments(0)

West Elm/Etsy Holiday Event

d0011990_8294121.jpg


West ElmとEtsyがようやく12月1日のホリデーイベントのプロモーションを始め、上のinvitationを送ってきたので、一応、貼り付けてみる。

しばらく出張でいなかった夫がようやく帰ってきて、ほっとした。
仕事、学校行事、家の修復作業(先週、窓をすべて取り替えてペンキを塗り直した)、子供の病院通いなどでアップアップしており、毎日、手抜きの粗食が続いた。

これからクリスマスまでが、忙しさ本番。
風邪をひかないようにしなければ!
[PR]
by oktak | 2011-11-22 08:34 | ビジネス | Comments(0)

新作ポケットミラー&米国内送料無料のお知らせ

d0011990_921125.jpg


d0011990_92418.jpg


また手持ちの生地で、オリジナル・ポケットミラーを作成。
今年はフェルトケースにアップリケをしないことで、価格を抑えることにしました。

d0011990_932138.jpg



★米国内のご注文につき、本日11月20日より28日まで、8日間送料無料にいたします。
チェックアウトの際、クーポンコードを入れるボックスが表示されますので、FREESHIPとご記入ください。自動的に国内の送料が差し引かれます。
[PR]
by oktak | 2011-11-21 09:10 | 作品 | Comments(2)

アップリケがま口いろいろ2

d0011990_11295450.jpg


d0011990_11301081.jpg


d0011990_11303447.jpg


d0011990_1131546.jpg

[PR]
by oktak | 2011-11-20 11:31 | 作品 | Comments(0)

ねずみと兎のがま口

d0011990_1563231.jpg


For the holidays.
[PR]
by oktak | 2011-11-12 01:56 | 作品 | Comments(0)

West Elm/Etsy Holiday Event

数週間前に、Etsyから嬉しい連絡があった。
全国展開しているインテリアショップ、West ElmがEtsyと提携し、12月1日に全米のWest Elmショップで、ホリデー・イベントを開催する。各店舗で、5-10人の地元のハンドメイド作家を招聘し、一晩だけのポップアップ・ショップを店内に開設する他、さまざまなクラフトを楽しめる「クラフトコーナー」を設けるという。
(もちろん、West Elmの商品も購入できる。)

そして、私にはBroadway店でポップアップショップを開かないかと声がかかったのだ。
West Elmといえば、大好きなショップのひとつで、今年新居に越したときは、ここでソファーを買ったくらい。テーブルウェアもシンプルなのにおしゃれで、しかも手ごろな値段なので、近くを通れば必ず覗く。
もちろん、二つ返事でOKした。

というわけで、NYCおよび近郊にお住まいの皆様。
是非、お立ち寄りくださいませ。

日時: 2011年12月1日(木) 6pm-9pm
場所: West Elm Broadway店
    1870 Broadway (Broadway and 62nd), New York, NY 10023
    212-247-8077


ブロードウェー店では、他に4-5名のアーティストが作品を販売するようだが、私が知っているのは、素敵なニット商品を扱うTickled Pink Knitsと、ユニークな陶器専門のStepanka Ceramics

ご参考までに、以前、West Elmトロント店が、似たようなイベントを開催したときの写真はこちら。(これはホリデーイベントではなく、夏に開催された模様。)

*噂によると、12月1日のイベントは夜開催のため、アペタイザーやドリンクも振舞われるそう。

楽しみ・・・ 商品を用意しなくては!
[PR]
by oktak | 2011-11-11 00:46 | ビジネス | Comments(4)

NY Marathon当日の記録

d0011990_11265493.jpg



快晴、最高気温12度前後と、絶好のマラソン日和だった今日。
夫は6時半に家を出て、マンハッタン南端よりフェリーでスタッテン島に行き、10時10分頃、第2グループの中でスタートした。

優勝者を含む先頭グループは、あっという間に我が家の近くにやってきて、まさに風のように駆け抜けていった。

先頭グループが過ぎると、パラパラとトップクラスのランナーたちが続くが、どやどやとアマチュアの人々がやってきたのは、それから30分か40分たったころだろうか。(うちはスタートから25kmくらいの地点)

男性トップが過ぎてから2時間待って、ようやく「がんばっぺ福島」がやってきた。でもそれだけ待ったのに、写真を1枚撮るのが精一杯。あっけなく通り過ぎていった。

寒かったのもあり、いったん帰宅してお昼ご飯を食べ、終点・セントラルパークに向かおうということになってからが大変だった。当たり前といえば当たり前なのだが、1st Ave.を渡って、セントラルパークに行くことができない。

先頭の100-200人が通り過ぎるまでは、比較的ランナーとランナーの間の間隔が広かったため、警官が様子を見て、ときどきコースを横切らせてくれていたが、何万人ものアマチュア軍団が通り始めてからは、一切横断禁止、マンハッタン西側に行くためには、何十ブロックも南下するか、北上するしかないのだ。
ではバスかタクシーで南下しようということになったが、待てども暮らせども、どちらもやってこない。結局、疲れてぶすっとした娘を引っ張り、数十ブロック歩いて、セントラルパークに向かったが、途中で夫がゴールインしたとの知らせが携帯に。(トラッキングサービスに申し込んでいたのだ。)

なんとかコロンバス・サークルにまでたどり着いたが、ものすごい人で、とても夫には会えそうもなかったので、仕方なく子供たちとお茶だけして、バスに乗って帰ってきた。

夫、4時間42分で完走。初めてのフルマラソンにしては(しかも中年ランナー)、上出来だと褒めてあげたい。

夫も帰宅するのに苦労し、2時間半かけて帰ってきたときはゾンビーのようだったが、レースそのものは楽しかった模様。
最初の20kmは爽快で、楽しくて仕方がなかったようだが、30km過ぎたあたりから、死にそうだったらしい。
でも、途中、大勢の方が「がんばっぺ福島!」、「ニッポン、がんばれ!」と声をかけてくださったようで、本当にありがたいこと。私も子供たちも、夫が通り過ぎるのを待つ間、ランナー全員を応援したが、すべてのニューヨーカーが、世界中から集まったランナーを応援するというこのお祭り気分が、最高なんですな。

私も夏前から、長らくサボっていたダンスを再開したのだが、やはり身体を動かすことは気持ちいい。
これからは身体は劣化していく一方なので、夫も私も、それぞれ好きなことを続け、健康を維持したいと思う。

夫はまた来年も走る気のようだ。
彼はどんどんスリムになっていくので、私も負けずに頑張ろう・・
[PR]
by oktak | 2011-11-07 11:53 | NY | Comments(6)