<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

猫の壁飾り・完成写真

d0011990_6583587.jpg


一つの作品(群)を作り始めると、終わるまでやめられない性格故、一昨日から作り始め、今朝5つの猫作品を作り終えた。

早速娘の部屋に飾り、満足。(娘も喜んでいたけれど、私の方がもっと喜んでいた。)


d0011990_6584970.jpg


↑ これは、娘のスケッチにかなり忠実。(あひるは付けたしたけれど・・)


d0011990_6591973.jpg


↑ これも、娘の絵を元に、トラ猫にしてみた。


d0011990_659028.jpg


↑ これは、本当はメガネをかける予定だったのだけど、どうしてもメガネがゴーグルにしか見えず、結局なしに。


d0011990_771473.jpg

[PR]
by oktak | 2011-05-31 07:08 | 作品

猫の壁飾り

d0011990_1019151.jpg


前の家では、子供たちは一つの部屋をシェアしていたのだが、新しい家では、それぞれが自分の部屋を持つようになった。娘の部屋の壁は淡いピンクに塗り、鳥のデカールを貼ってみるなど、すっかり少女気分で、娘と一緒にインテリアを考え、楽しんでいる。

そのうちEtsyで気に入った絵を買って、壁に飾ってやろうと思っていたのだが、突然思い立ち、猫が大好きな彼女のために、壁飾りを手作りすることにした。

直径6インチ(15cm)と5インチ(12.5cm)の刺繍枠をいくつか購入。
それぞれに違う猫をアップリケして、まとめて飾ろうと思う。

実はこの猫たち、娘のスケッチを元にデザインしている。
娘は毎日、猫の絵ばかり描いている。

d0011990_10191732.jpg

[PR]
by oktak | 2011-05-30 10:28 | 作品

キーケース4種

d0011990_3324665.jpg


キーホルダーの金具がまだあったので、4種類x2個ずつ、計4個、キーケースを作った。
広げると12cmx18cm。マグネットで閉じる。

d0011990_3353625.jpg

[PR]
by oktak | 2011-05-28 03:36 | 作品

bars 長がま口

d0011990_4534868.jpg


今週は見事に毎日雨。
来週は暑くなるようだ。週末に衣替えをしよう。
皆様、良い週末を!
[PR]
by oktak | 2011-05-21 04:54 | 作品

SAHMのつぶやき

 SAHMとは、外で働かず、家で主に子育てと家事に従事する女性のこと。"Stay at home mom"の略。

 SAHMになって、はや12年。子供が生まれてからも、出版翻訳をしたり、学校に通ったり、個人事業を起こしたりしてきたが、基本的には家にいる「主婦」である。

 この間、ずっと気になってきたのは、いかに世間がSAHMを馬鹿にしているかということである。
 男性ばかりではない。外で働く女性もがだ。
 
 たとえば、息子が小さい頃、友人宅に一緒に遊びに行ったら、彼女の義理のお母さん(70代?)が出てきて、「いいご身分ね、あなたたちは旦那が外であくせく働いている間に、こうしてお茶を飲んで子供と遊べて」と言った。

 ワーキングマザーが集う某サイトでは、「経済的に自立していない女性は無能で怠慢である」と言ってはばからない人もいた。

 初対面の人(性別にかかわらず)の多くは、夫には仕事の話をするが、私には興味ないだろうと思ってか、理解する能力がないと思ってか、仕事の話は振らない。

 当然、怠慢でおバカさんの専業主婦もたくさんいるが(私)、主婦の怠慢率・おバカさん率が、世間一般と比べて高いということは、まったくないと確信している。
 それなのに、このバカにされようは一体何なのか。

 結局、どれだけの貨幣価値を生み出しているかで、人を見下したり、見上げたりする連中が、世の中には結構多いということだろう。

 友人の義理のお母さんは、「外で働く=収入を得る=収入を生み出さない子育て・家事に従事するよりもエライ」という思考回路なのだろう。(難易度でいえば、一日中2歳児の面倒を見ることは、ほとんどの仕事よりも困難だと思う。笑)専業主婦を怠慢・無能呼ばわりしたワーキングマザーも然り。主婦には決して「小難しい」仕事の話をしない輩は、「貨幣価値を生み出していない=視野が狭く、オツムも弱い」という考えか。

 言いたいことは、ただひとつ。
 専業主婦は、アホではない。
 ワーキングマザーは、必ずしも専業主婦よりも賢くないし、エラクもない。
 
 ワーキング・マザーは、他人(保育所、ベビーシッター等)にお金を払って子供の面倒を見てもらうことと引き替えに、別の労働を通して、収入と一定の社会的地位を得る選択をした人たち。専業主婦は、収入と社会的地位と引き替えに、自分で子供の面倒を見ることを選択した人たち。どちらが尊いか?それには客観的な答えはない。

 さらに、収入・肩書きの有無と、知性や品性には、まったく相関関係がない。
 この点、分かっているようで、分かっていない人が、思いの外多い。

 特に「プロフェッショナル」な男女にありがちなelitismが、私は嫌い。
 相手の肩書きや収入で態度を変える輩は、本当のおバカさんだ。
 
[PR]
by oktak | 2011-05-20 00:36 | 日常

赤x白チェックのがま口

d0011990_10465299.jpg


先日のブルーxグリーンの色違い。
近々ショップに追加予定。
[PR]
by oktak | 2011-05-17 10:47 | 作品

Central Park @ 7:20pm

d0011990_922481.jpg


d0011990_9105752.jpg


d0011990_9165377.jpg


ウェストサイドに夕飯を食べに出かけ、終わってもまだ明るかったので、セントラルパークをぶらぶら歩きながら帰宅。新緑が染み入るように美しく、人影もまばらな公園は、夢のようだった。
[PR]
by oktak | 2011-05-15 09:24 | NY

ブルーxグリーンのチェックのがま口

d0011990_7253216.jpg


裏地はグリーン無地。
[PR]
by oktak | 2011-05-13 07:25 | 作品

蛙のバッグ

d0011990_6492778.jpg


d0011990_6494564.jpg


d0011990_6504056.jpg


d0011990_652167.jpg


友人からのカスタムオーダー。蛙の生地で3点。


*******


 爽やかな日が続く。東京でも、NYでも、5月はいい季節だ。

 毎年悩む、子供たちのサマーキャンプ。これまで、子供たちをだいたい5週間キャンプに通わせ、4週間日本に帰って長い夏休みを乗り切ってきたが、今年は息子を3週間、娘を2週間のみキャンプに通わせることにし、コストダウンを図った(笑)。
 経済的理由だけでなく、マンハッタンでサマーキャンプに通い始めてはや10年目の息子、この間、場所は4箇所ほど変わったものの、さすがにマンネリになり、今年はこれまでとは違うことをさせてやりたかったのだ。
というわけで、ロケット科学者が主催する、科学系キャンプに申し込んだ。
 1週間ずつテーマが変わり、ロボット工学、ゲームデザインとエレクトロニクス、そしてロケット科学と全3コース。たいしたことはやらないのだろうが、水泳・サッカー・遠足・クラフトなど、お決まりの活動ばかりのキャンプとは一味違って新鮮だろう。

 娘はスポーツ全般に興味がないので、アートとダンスのみのキャンプを見つけて申し込んだ。恥ずかしがりやの娘は、知らない子ばかりの環境が苦手でキャンプに行くこと自体を嫌がっていたが、アートスクールの入り口を見せたところ、たちまち目を輝かせた。子供たちの描いた油絵がたくさん飾ってあったのだ。絵が何よりも好きな彼女は、これで行くことに納得、めでたしめでたし。

 子供たちがキャンプに行かない時期が2週間ほどあるので、その間、できればモントリオールに小旅行しようと思っている。ちょうどジャズ・フェスティバル開催中の6月末から7月頭にでも・・

 7月下旬からは、また1ヶ月ほど日本に帰省する。
 福島にいる義理の両親は、「今年は無理しなくてこちらには来なくていいよ」と言ってくれたが、必ず行くつもり。

 これで、夏休みの予定、なんとか決まった。毎年夏休みの計画は、一大事業だ。
[PR]
by oktak | 2011-05-12 07:16 | 作品

Peonies

d0011990_7192887.jpg



気持ちのいい、春の日。
奮発して、芍薬を買った。
[PR]
by oktak | 2011-05-07 07:20 | 日常