<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一日一生

 一昨日、NYに戻ってきた。東京にいる母が急病で倒れ、子供たちを連れて、2週間帰国していたのだ。
 JFK空港は数日前の大雪のため大混乱で、着陸後3時間も機内に閉じ込められ、その後の入国審査もバゲッジクレームも、右往左往する人の波で酔いそうなほどだった。なにはともあれ、無事帰宅してほっとしている。

 幸いにも母は一命をとりとめ、順調に回復して、私たちの帰米前に退院することができた。今後はかなり気をつけなければならないだろうが、なんとか普通の生活が送れそうで、心から安堵した。

 今年は祖母を失い、母を失いかけた。これほど死を身近に感じたことはなく、私の人生観は大きく揺さぶられた。

 頭では分かっていたが、今自分の周りにあるものすべて- 愛する人たちさえも - は、いつか確実に失われるという、厳然たる事実を突きつけられ、これまで漫然と日々過ごしていた自分が、まるで子供のように無邪気に思われる。

 年齢的には、人生の折り返し点にある。人生後半は、数多くの喪失を経験することになると思うと、やりきれない気持ちにもなる。祖母が晩年、同世代の方が次々と亡くなっていく寂しさをよく口にしていたが、その痛みの片鱗を知った気がする。

 喪失を通して知るのは、当たり前の生活こそが、まさに「ありがたき幸せ」であるということ。
 愛する家族がいること。大切な友がいること。やりたい仕事があること。おいしい食事に舌鼓を打ち、燃えるような夕焼けに息を呑み、子供らの仕草に笑い転げ、バスルームを磨き上げて自己満足し、こうして思ったことを書き綴る・・・ 同じ瞬間は二度と繰り返されることなく、すべての体験は一瞬にして過去の記憶へと変わる。

 一日一生、一期一会。
 今日という日が、人生最後の日であるかのように、毎日生きることができたら。
 日々感謝の念を持ち、精一杯生きたいと、切に願うこの年の瀬である。

 拙ブログを読んでくださっている皆様が、良い年を迎えられますよう。
 
 
[PR]
by oktak | 2010-12-31 07:36 | 日常 | Comments(7)

お休みとセールのお知らせ

d0011990_117269.jpg


突然ですが、12日から28日まで、ショップをお休みいたします。
クリスマス前の大事な時期にお店を閉じるのは残念ではありますが、家庭の緊急事態のため、やむをえず。

その代わりというわけでもないのですが、本日から11日まで、チェックアウト時に"holiday2010"というコードをご入力いただきましたら、全商品15%引きになるように設定いたします。

*ご購入される商品をカートに入れますと、下のような画面になります。赤い丸の部分にコードをご入力の上、"Apply"をクリックしていただくと、割引が適用されます。

d0011990_11381621.jpg


なお、割引は送料には適用されません。

ブログも、ショップ再開までは更新できないと思います。
今年は本当にいろいろなことがありました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。
そして来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

(↑写真は昨日のWhole Foodsのフェアでの私のテーブル。)
[PR]
by oktak | 2010-12-09 11:39 | ビジネス | Comments(2)

Whole Foods Tribeca店にて販売します!

d0011990_3133089.jpg


明日(12月7日・火曜日)、午前10時から午後5時まで、Whole Foods Tribeca店(270 Greenwich Street between Murray & Warren St.)にて、小物類を販売いたします。
場所は、店内のカフェだそうです。(下見していない)

お近くにお住まいの方、よろしかったらお出かけください。ネット価格より若干お安く販売する予定です。
他にも、地元のアーティスト/クラフターが集まる模様です。(詳しくは上記リンクの右側にある"holiday shopping"をご覧ください。)

一応、来週・再来週の火曜日(14日・21日)にも出店する予定ですが、明日の売れ行き次第では、やめようかと思っています(笑) 

*ブログまたはツイッターをフォローしてくださっている旨、お知らせいただければ、ささやかではありますが、お買い上げ額より$2差し引かせていただきます。 

追記:
トライベッカのブログ、Tribeca Citizenにoktakポーチの写真付きのこんな紹介記事が!
d0011990_1116150.jpg

[PR]
by oktak | 2010-12-07 03:19 | ビジネス | Comments(0)

How to be an amazing xxx

Twitter経由で、Keri Smithというフリーランス・イラストレーターのブログ記事を発見した。
"Secrets of the Self-Employed (or How to be an Amazing [insert profession here])"

この方は、ランダムハウス、ワシントンポスト、NYタイムズなどのイラストを手がけてきた他、数々の本を出版、現在はバンクーバーのエミリー・カー芸術大学の講師を務め、さらに家庭では一児の母でもあるスーパーウーマンのようだ。

この記事は、「自営業者として成功するためのヒント(または優れた~になる方法)」を箇条書きにしたもので、大学でのある日の講義内容をまとめたものらしい。本来はイラストレーターという職種を念頭に置いた講義だったが、多くの職業に当てはまるのではないかと思い、ブログでも紹介したらしい。

なかなかよいことが書かれていた。

英語が得意でない方のために、いつものテキトー和訳もつけておきます。(全部は訳していません、サマリーです。)

1. 学校での成績は気にするな。いったん社会に出れば、どこの学校を出て、どんな成績を取ったかなどはどうでもよいことだ。

2. 他人に依頼された仕事をしていても、常に自分のために働いていることを忘れてはいけない。どんな仕事でも、工夫次第でエキサイティングなものになりうる。

3. 優れた~になるためのルールなどない。自分の道を切り開け。

4. 他の自営業者とネットワークを築くことが大切。

5. 毎日身体を動かせ。健康のためだけではなく、身体を動かすと、新しいアイディアが生まれることが多いからだ。

6. ときどき意識的に怠けよ。

7. 仕事をきちんとしたいなら、まずは自分の人生を磨け。自分が抱えている人格上の問題(自己主張が強く攻撃的、衝突を必要以上に恐れるなど)は、必ずキャリアにも影響を及ぼす。

8. 考えていることが、現実になる。(よってプラス思考が大事。)

9.  ツール(技術)ではなく、アイディアを大事にしろ。技術は誰にでも学ぶことができるが、社会文化に影響を与えるのはアイディアだ。

10. 競争相手の心配をするのは、時間の無駄。自分のキャリアにとっては、まったくプラスにならない。

11. 仕事の目的に深く共鳴したり、何らかの報酬がない限り、無料の仕事は引き受けるな。

12. 小さなリスクは、積極的にとれ。たとえば、この人(組織)のために働いてみたいと思ったら、自分からどんどん連絡すべし。

13. 自分に才能があるかどうかなどと悩まず、ひたすら作りつづけよ。(才能があるかないかは、主観的な判断であり、ほとんどの人は自分を正しく評価することができない。)

14. 「クール」であろうとしない。成功している人は、流行を追わず、自分にとってエキサイティングなことだけを追求している。

15. わくわくする仕事を続けよ。一時的に他の仕事を引き受けたとしても、自分が作りたいものを自由に作る時間を確保し、作品を人に見せよう。

 
 とりわけ私の心に響いたのは、#7と#8。

"If you want to work on your art, work on your life."

"What you think becomes your reality."
[PR]
by oktak | 2010-12-04 02:51 | ビジネス | Comments(2)

刺繍とアップリケのポーチ

d0011990_4164367.jpg

できた!

d0011990_4171488.jpg


d0011990_4172896.jpg

[PR]
by oktak | 2010-12-03 04:18 | 作品 | Comments(0)

work in progress

d0011990_3352276.jpg



d0011990_3354936.jpg


一点もの作成中。
[PR]
by oktak | 2010-12-02 03:36 | 作品 | Comments(0)