<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2009年ビジネス総括

 今年もやたらに忙しかったような気がするし、ひょっとして昨年よりもかすかに売り上げが伸びたのではないかとすら思ったが、今日、たまりにたまった会計処理をしたところ、売り上げは昨年比マイナス約5%。

 こういう話をブログに書くのはビジネス上どうかと思われるだろうが、私は仕事の話をオープンにすることに抵抗がない。自分の経験をシェアすることで、これからビジネスを始めようと考えている方や、立ち上げたばかりの方のお役に立つ可能性もあると思うし、商売の話は面白いではないか?

 昨年は劇的に売り上げが伸びた年で、今年それを上回るのはそもそも難しかったのだろう。いたるところで不景気を実感した今年、売り上げが-5%にとどまったのは、むしろ成功とさえ言えるのかもしれない。ただし、今年は昨年よりも多くの商品を作ったと思うので、コストは昨年より多く、売り上げはほぼ横這いでも、利益はだいぶ減ったのではないだろうか。(こちらはまだきちんと計算していない)

 興味深いのは、昨年も今年も、メジャーな雑誌に取り上げられた月は売り上げが大幅に伸びたことである。昨年はHallmark Magazineにフィーチャーされた6月。今年はBrides Magazineに取り上げられた4月と、EtsyのFeatured Sellerに選ばれた9月。両年とも、12月の売り上げは、他の月のほぼ倍だったが、雑誌に取り上げられた月は、12月の収入とほぼ同じだった。

 逆に売り上げがもっとも少なかったのは、両年とも、7月と8月。8月は毎年日本に帰国し、ショップが開店休業状態になるため、売り上げが少ないのは仕方ないが、7月はいつもニューヨークにいるのに、あまり売れない。これは、アメリカの夏休みが6月中に始まり、多くの家族が7月中に休暇を取るためだと思われる。

 ショックだったのは、10月・11月の売り上げ。バンバン新作を追加していたにもかかわらず、それぞれ昨年同月比-30%及び-40%だったのだ。原因はよく分からないが、景気の低迷が影響したことは間違いない。特に11月は、大手小売業が早めにホリデー商戦を開始し、大幅な値下げ合戦を繰り広げたことの影響もあったと思う。

 12月は盛り返し、売り上げは昨年とほぼ同じ。

 今年が去年と違ったのは、景気以外に、Etsyでの競争が激化したこと。
 Etsyでの売り上げが伸び始めた2007年は、がま口を作っているセラーは数えるほどしかいなかった。2008年に急激に増え始めたが、今年はまさに雨後のたけのこ状態。しかも、途上国を拠点にしたショップで、$7や$8のがま口を売るところも現れた。価格では、もはや太刀打ち不可能。

 この傾向は間違いなく来年も続くわけで、主にアジア発の安価な類似品がさらに増加する能性大。

 このような状況の中で、今後どうするべきか、非常に悩むところ。
 来年はさらに売り上げが減少するのか、それとも新商品を開発し、市場の隙間を突くことで生き延びるのか?それとも、生産量を減らす代わりに、凝った一点もののみを作り、安いが没個性の競争相手に対抗するのか?

 何をしても、結局はイタチごっこのような気がしないでもない。
 レースやフリルを縫いつけたがま口を最初に出したとき、他に同じようなものを売っている人はいなかったが、今ではそっくりなものがたくさん売られている。花のコサージュをつけたがま口も、刺繍がま口も然り。どんなデザインを生み出しても、類似品が大量に出回っては、商売上がったりである。

 ビジネスはなんとなく振り出しに戻った感がある。
 私の持ち味は何か?他の人に真似できないものは何か?
 私の何に魅力を感じて、お客様は作品を買ってくださるのか?等、自問する日々。

 しかしそれ以前に、この仕事の意義と目標自体を問うている。
 私はこの仕事に何を求めているのか?最終的に何を成し遂げたいのか?
 正直、一生この仕事を続けるとは思えない。他にまだやりたいことがあるからだ。
 かといって、決して遊びとも思っていないし、過去何年間かは必死にやってきた。
 もしかすると、この仕事の形態では、できるところまでやったのではないか?
 生産方法を根本的に変えない限り(変えたら変えたで、もはや「ハンドメイド」の定義に当てはまらなくなるのかもしれないが)、これ以上の売り上げは望めないのではないか?そこまでして売り上げを伸ばしたいのか?収入は、どこまで重要なのか?(夫は、今の私の収入の低さは、「やりたくないことをやらない賃」を払っているからだと言う。笑)
 
 立ち止まって考えるべきときが来たようだ。
 
 
[PR]
by oktak | 2009-12-29 13:30 | ビジネス

我が家のクリスマス

 息子がサンタクロースの正体を突き止めた今年のクリスマス、親としてはおおいに盛り下がってしまったのだが、遠まわしに探りを入れても彼は絶対にそれを認めず(笑)、形としては例年と変わらぬクリスマスを過ごすことになった。

 先週一週間近く高熱を出して学校を休んでいた娘がようやく快復したと思ったら、また23日の晩に発熱、24日もだるそうにしていた。結局24日は家に缶詰になり、退屈した息子はノシイカのようにソファから垂れ下がっていた。既に子供たちのプレゼントは用意してあったが、私はなぜかどうしても先週末FAO Schwartzで見たSteiff社の兎のぬいぐるみを娘に買ってやりたくなり、いつもより早く帰宅した夫とバトンタッチして出かけた。クリスマスイブは6時に閉店とのことで、ぎりぎり間に合って店内に入ると、あんなにたくさんあった兎のぬいぐるみがあと一つだけになっていた。あってよかった・・ Steiff社のぬいぐるみはなんともリアルでかわいらしく、人形にはほとんど興味を示さず、動物が何よりも好きな娘の喜ぶ姿が目に浮かんだ。

 その晩、寝る直前に娘は覚えたばかりの小文字を使ってサンタクロースに新しい手紙を書いた。

"Dyr Santa
I wont a wrabit."


 母の勘か、それともやっぱりサンタクロースは皆の心の中に存在するのか。
 クリスマスの朝、子供部屋から歓声が上がったのは言うまでもない。

 
[PR]
by oktak | 2009-12-27 22:24 | 日常

SALE品追加のお知らせ

d0011990_2252198.jpg


ショップのSALEセクションに、40点以上追加しました。
15-50% OFF!

[PR]
by oktak | 2009-12-25 02:26 | ビジネス

Gallery Hanahou

d0011990_12162897.jpg

↑Made by Moxie作

以前当ブログでもご紹介したアーティスト、水島ひねさんの作品が展示されているというので、今日は既に冬休みに入った息子を連れて、SohoにあるGallery Hanahouを訪ねた。

ちょうどBroadwayがHouston St.と交差する当たりにあるこのギャラリーは、大きなビルの7階で、道を歩いていても決して分からない隠れ家的存在。

d0011990_12165118.jpg

本日見にいったのは、さまざまなアーティストによる「プラッシュ」作品を集めた"Luvable and Hugable"という展示。今月3日に展示が始まってから、既にたくさんの作品が売れてしまったようなのが残念ではあったが、お目当てのひねさんの作品も一点だけ見ることができたし、他の作品も面白くて、一つ一つじっくり見た。意外にもアートが好きな息子も大喜びだった。(Flickrにもっと写真を載せました。)







その後、Thompson St.にあるブティックに勤めるネッ友Mさんを訪ね、Mooncake Dinerでお昼を食べ、ガーメント街でリボンを買って、急いで娘を学校まで迎えに行った。忙しい一日だったが、今日で娘の学校も終了。明日からしばらく寝坊できると思うと、感涙!!

クリスマスカード、全然間に合いそうもないので、この場を借りて、皆様にご挨拶。
楽しいクリスマスをお過ごしください。そして、良いお年をお迎えください!

d0011990_12135479.jpg

↑Mini Monster Cupcake Tray by Diane Koss (Cutsey but not Cutsey)
[PR]
by oktak | 2009-12-24 12:20 | NY

The end of childhood

大げさなタイトルをつけてみたが。
この週末、親として、ちょっとショックだった出来事があった。

息子が友達の家に遊びに行っている隙に、雪でぐちゃぐちゃの中、慌ててF.A.O. Schwartz(おもちゃ屋さん)に走った。今まで忙しくて買い物などしている暇がなく、息子の学校はすでに冬休みに入ってしまったので、出張から帰ってきた夫に風邪引き娘の面倒を見てもらい、今しかないと、秘密のクリスマスプレゼントを買いに行ったのだ。

息子は大のレゴファンなので、欲しがりそうなレゴを選んで購入。娘用にも、プレゼントを購入。

買ってきたおもちゃは、袋に入れたまま、親の部屋のウォークイン・クローゼットに置いた。包んでいる暇はなかったので、中身が見えないよう、oktakのエコバッグを上に置いて隠した。

その晩。息子がお風呂に入っている間に、ウォークイン・クローゼットに行ったら、なんと電気がついていて、oktakエコバッグは横に置かれ、袋の中身が見えていた。

愕然。

そういえば、息子は数日前にも、ウォークイン・クローゼットに出入りしていて、「何してるの?」と聞いたら、「クリスマス用のストッキングを探してた」と答えていたのだが・・・  実はサンタクロースの正体を突き止めようと、毎日必死にチェックしていたのに違いない。

とうとう、やられてしまった。
年の割には幼い息子、昨年までは完全にサンタクロースを信じていたが、今年は「友達が、サンタクロースなんていなくて、親がプレゼントを買って枕元に置いているって言ってたけど、ホント?」だの、「サンタクロースって本当にいるのかな?」と聞いたり、友達はサンタクロースにねだったものを毎年もらっているのに対し(DSだのパソコンだの)、彼は必ずしもねだったものをもらえない、などという矛盾に悩んでいた(笑)。

その後も彼はしらばっくれているが、それまで書いていたサンタ宛の手紙が、悲しげに居間のコーヒーテーブルの上に放置されているのが、すべてを物語っている。

昨日まで、彼の胸を膨らませていた空想が、パーティーの翌日の風船のようにしぼんでしまった。
いつまでも続くかのように思えた子供時代が、終わりに近づいている。

こそこそ探偵ごっこをした息子に、私は無償に腹が立った。それは、あと1年だけでもいいから、クリスマスの朝に、嬉しい悲鳴と共に目を輝かせて私たちの部屋にやってくる彼の姿を見たかったから。
子供が心から喜ぶ姿を見るのは、親の最大の特権である。

今年、彼の喜びは半減したかもしれないが、私と夫の落胆はそれ以上だ(笑)。
せめて娘には、あと5年は夢を見続けてほしい。息子には、間違っても妹にサンタクロースの正体を明かしてくれるなと伝えたいが、そんな会話をする気にはならない。騙し、騙されたまま、ファンタジーは消滅するのがいい。
少しの間でも、私たちにも夢を見させてくれてありがとう。

私の大好きな、"Summer Time"の歌詞。

"One of these mornin's,
You's gonna rise up singin'
Then you'll spread yo' wings
An' you'll take the sky.
But till that mornin',
There's ain't nothin' can harm you
With your Daddy an' Mummy
Standin' by."
[PR]
by oktak | 2009-12-23 01:57 | 日常

woodgrain clutch

d0011990_7154117.jpg
d0011990_7164723.jpg

[PR]
by oktak | 2009-12-19 07:23 | 作品

師も走る

d0011990_444933.jpg
d0011990_4541.jpg


しばらく更新を怠ってしまった。
体調を崩したまま、BUST Craftacularを終了し、その翌日から夫が2週間の出張に出てしまったのだが、先週は一年でもっとも売り上げの多い週だった上、子供関係の用事も多数あり、てんてこ舞いしていた。

今週に入って、ようやく仕事も一段落、体調もほぼ回復し、一息ついた。
師走はただでさえ忙しいのに、フェアと夫の出張と風邪が重なったので、今年は最悪だった。

ここ数年、クリスマスカード/年賀状も完全にさぼっており、昔は相当筆まめだったのに、見事な堕落ぶり。
学生時代はプリントゴッコなんて邪道には走らず、ひたすら一枚一枚の年賀状を手書きしていたのが嘘のよう。(しかも水彩で!) 暇だったな~~ (しみじみ)

ビジネス面では、今年は景気も悪く、競争も激化し、何かと厳しい状況であった。
今後の方向性についていろいろと思うところがあるので、落ち着いたらまたここで考えをまとめてみようと思う。

その前に、在庫一掃セールを計画しようかな。
[PR]
by oktak | 2009-12-16 04:14 | 作品

BUST Craftacular

d0011990_0271451.jpg


d0011990_0274998.jpg

↑開場前の周囲の様子

d0011990_028679.jpg

↑人を引き寄せるために、キャンディを置いた(笑)

d0011990_0282698.jpg


つい先日、「あまり風邪をひかなくなった」と豪語したのに、結局金・土と体調がどんどん下り坂になり、土曜日は病院に行き、気管支炎と診断され、抗生物質と咳止めを処方してもらった。

日曜日朝、目が開かないほど疲れていたが、8時にきちんと来てくれたアシスタントのKさんと共にタクシーに乗ってCraftacular会場へ。

セットアップは、先週木曜日のイベントとほぼ同じだが、さらに多くの商品を持っていき、ぎゅうぎゅう詰めに並べた。10時の開場前には、入場を待つお客さんの列が数百メートルも伸びていた。入場料が$2かかったのだが、最初の500名には無料のギフトバッグが配られるということで、毎年それを楽しみにしている人もいるようだ。

午後3時くらいをピークに、ずいぶん大勢の人が入っていたが(入場者の列は午後になっても50-100メートルほどだった模様)、売り上げはまあまあというところ。場所代だけで250ドルかかっていることを考えると、その5倍くらいは売り上げがあるとよかったのだが、それには及ばず。

フェアが終わる頃、去年も出店した人と話していたら、今年の売り上げはなんと昨年の3分の1くらいだったそうだ。それはこのフェアに限らず、彼女たちが売った今シーズンのフェアすべてにいえるそうで、不況の影響をひしひしと感じたそうだ。

私の店でも、低価格のものが売れた。一番売れたものは、なんと赤ちゃんの前かけ(笑)。ベビーグッズは私の主力商品ではないので、今回は家に置いていこうかとさえ思っていたのに、途中で夫に補給してもらったほど。赤ちゃん連れや妊娠中のお客様もいたけれど、お友達用にと買っていかれた方もいたので、やはり価格が手頃だったのがよかったのではないかと思う。

2年前にRenegade Craft Fairで売ったときにも同じことを書いた気がするが、結論として、私の商品はあまりクラフトフェアには向かないことを再確認した。価格帯が、フェアには少々高いのだ。
250ドルのテーブル料を、オンラインでの販売に当てた方が、私の場合、効果的であることはほぼ間違いない。

でもまあ、お客様と交流できたのは無意味ではなかった。どんなデザインに人気があるかが分かったし、ご要望も直接聞けた。男性のお客様には、「男性向けのがま口を作ってほしい」と言われ、犬を飼っている方には、「犬用のコートを作ってほしい」と言われ、編み物をする方には、「編み棒や毛糸がすっぽり納まる大きなクラッチを作ってほしいと言われ、世の中の需要の多様さに改めてびっくり(笑)。

しばらくぶりにフェアをやって、気が済んだ。
また今回の教訓を忘れるまで、しばらくフェアはやらないと思う(笑)。
[PR]
by oktak | 2009-12-08 00:52 | ビジネス

山あり谷あり

d0011990_631095.jpg


昨日の朝、起きたらだるくて死にそうだったにもかかわらず、約束通りミッドタウンにあるLiquidnetという会社に行商してきた。
スーツケースにぎっしり荷物を詰めて、さらにでっかいショッピングバッグにディスプレイ用の棚やバスケットも入れて、これから1ヶ月のバカンスに出かけますというような格好でタクシーを拾った。(運転手さん、空港行きのお客と思ってホクホクしたに違いないが、行き先が近場でがっかりさせて悪かったな。笑)

Liquidnetが具体的に何をやっている会社かはよく知らないが("financial services"といっても、一体何がウリなのかは不明)、オフィスのインテリアはモダンでおしゃれ、まるでWホテルのような雰囲気。今まで訪れた中ではピカイチの会場。

かなり期待しつつテーブルをセットした。ほかに20名ほどいただろうか。目の前のテーブルは、同じNYで活躍している日本人デザイナーのYukiko Satoさん。(すでに会社組織だそうで、実際に売りに来られていたのはご本人ではなく社員の方だった。)彼女と私のセンスはまったく違うのであまり関係ないといえば関係ないのだが、普通同じような品揃えのショップを真向かいにしないだろう、とこの時点で主催者の素人ぶりがわかったのだが・・

結果は惨憺たるものであった。
社員300-400人と言われていたものの、フェアを訪れたのはわずか30人ほどだったのでは??
3時間のイベントだったが、1時間経過した頃に、ほかのセラーたちと「一体お客はどこに?」というヒソヒソ話が始まった(笑)。

イベントを企画したのは、どう見ても20代の若い女性だが、まともに社内で宣伝していなかったのだと思う。
(マスメール1本出しただけなのでは?)

結局、セットアップから片付けまで5時間くらいかかって、売り上げはたったの4個!(総額$100未満)
もうここまでくると、笑えてくる。

ほかのセラーたちも唖然としていたが、唯一、ハンチング帽をかぶってオリジナルTシャツを売っていたかっこいいお兄さんの店だけは結構売れていた。数少ないお客さん、そして周りのセラーたちが、彼のルックスに惹かれてついつい買ってしまったのだとしか思えない(笑)。(隣で手作りケーキを売ってたおばちゃんなんて、最後に彼にただでケーキあげてたし・笑)

教訓: 得体の知れないフェアには、たとえ場所代がただでも、参加すべきでない。

唯一楽しかったのは、ほかの人たちとビジネスの話ができたこと。Etsyで子供服のショップを開いているManiminaのAmiliaにも会えたが、彼女の作品はどれもこれもかわいく、ご本人もとっても感じのよい、素敵な女性だった!

体調は昨日無理したためにさらに悪化してしまったが、日曜日のCraftacularは比較にならないくらい大きなイベントなので、気合を入れてリベンジしたいと思う!!

(写真はテーブルのディスプレイの一部)
[PR]
by oktak | 2009-12-05 06:51 | ビジネス

近況

 今週は大忙しなのに、なんと風邪をひいた。ひどくはないが、だるくて目がショボショボする。
 しかし虚弱体質がだいぶ変わり、ここ1-2年、以前のように風邪をひきっぱなしということはなくなったし、ひいても短時間で治るように。結論:やっぱり気合はかなり体調に影響する模様。体調を崩しても周りに助けてくれる人などいないし(友達のほとんどは子持ちで、状況が分かっているだけにあれこれ頼みにくい)、子供二人の世話があるし、急ぎの仕事もあるしで、自分が悲惨な思いをするだけ。「決して風邪などひいてはならぬ」という強~い思いが、抵抗力になっているのかも。子供時代、自分の母が風邪をひいて寝込んでいる姿を見たことがなかった理由が分かったような気がする。

 明日はトランクにがま口をぎっしり詰めて、Liquidnetという会社に行商してくる。まったく売り上げには期待していないが、日曜日のCraftacularの練習になるので、まあよしとしよう。(商品のディスプレイの仕方などを研究してくる。)往復のタクシー代と自分の時給$10x4時間分くらいは売りたいが、それすら叶うかどうか(笑)。まったくいい年してこんなことしていていいのか、とときどきふと思うが(学生時代の同期は助教授になったり、課長になったりしているのに)、まあこれも自分の選んだ道。収入だけのためにやっているのでは話にならんが、目的は当然他にもあるわけで、全体的に見てそこそこハッピーなのだから、これまたよしとしなければ。

 このク○忙しいのに、今週は娘のお友達のバースデーパーティーが2件あり、明日は娘の学校のスナック当番だし、来週月曜からまた夫が2週間も出張ときた。年末で、息子の学校でもいろいろ余計なイベントがあるし・・(ジンジャーブレッドクッキーを子供と一緒に焼いて飾り付けましょうだとか、ホリデーブランチにお国の料理を持ってきましょう、とか)。様々な地形を盛り込んだ模型を作るという面倒な宿題も出ていて、ほとんど親が作ってやったようなもの。学校には、親の協力を必要とする宿題は極力出さないでいただきたい。

 そうそう、日曜日のクラフトフェアのブース番号が決まりました。oktakは#116。部屋のど真ん中です。
 当日は特別割引も致しますので、NY近郊の方は是非いらしてください。
[PR]
by oktak | 2009-12-03 02:00 | 日常