<   2009年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ピンクとミントグリーンのロングがま口

d0011990_517434.jpg


再び1930-40年代のフィードサックのレプリカ生地を使って、ロングがま口2種を作成。
ピンクの花柄とミントグリーンの水玉の組み合わせ、上下逆にするだけでだいぶ雰囲気が違う。
ボタンの色も、ピンクとミントグリーンを入れ替えてみた。

d0011990_5174818.jpg


裏地はどちらも同じで、ミントグリーンにピンクのレトロな花柄。
[PR]
by oktak | 2009-03-31 05:20 | 作品 | Comments(0)

北カリフォルニア旅行

d0011990_4341352.jpg


昨晩、NYに戻ってきた。
今回の旅は、San Francisco→ Yosemite→ Monterey & Carmelというルート。
ヨセミテにはまだ雪が残り、あまり歩き回れなかったけれど、滝も川も、雪解けの水で勢いがよく、早春の大自然を満喫できた。

予想外に素晴らしかったのが、ヨセミテからモントレーまでの道のり。特に、Merced川沿いの丘は美しく、ポピーなのか、丘全体がオレンジ色に染まっている場所もあり、見事だった。その後農業地帯に入ったが、途中、農家で買ったイチゴの甘かったこと!

モントレーでは、クジラを見ようと3時間のホエール・ウォッチング・ツアーに参加したものの、当日は風が強くて船が揺れに揺れ、船酔いする乗客が続出、船の手すりには戻す人が鈴なり(苦笑)。夫や息子も途中から青い顔をして必死で耐えていた。結局クジラは一頭も見られなかったが、イルカの大群(400-500頭もいた!)を観察できた。しかしお金を払って3時間も船酔いに耐えた割には収穫が少なく、激しく後悔。

このツアー、"no whales, next trip free"(クジラが見られなければ、次のツアーは無料)というポリシーがあるようで、下船したときに大人2名、子供2名分の無料券をもらったが、我々は多分二度と参加することはないであろう(笑)。この無料券は他人に譲渡してもよいとのことなので、これからモントレーに行く予定のある方、ご一報ください。(こんなに海が荒れることは少ないとのこと)

サンフランシスコはかわいらしい街で、気候もよく、NYよりもずっと住み心地が良さそうだった。夫よ、SFで新しい仕事を見つけてくれ(バークレーやサンノゼでもいいから)。

人々が皆にこやかで親切なことにも、感動。(多分NYの人間が異常に感じが悪いのだろうが・・)店員さんがにっこり微笑んで応対してくれる!交差点で、車が常に止まって歩行者を先に通してくれる!なんていいところなんだ、カリフォルニアは! と、一家で歓声を上げていた(笑)

NYに戻ると、木々はまだ枯れ木のまま、道行く人は仏頂面をしているが、これはこれで、「ああ、帰ってきたな」と妙に落ち着く(笑)。さて、たまった仕事に取り掛からねば。遊んだ後はやる気100倍。


Flickrに旅行の写真、もう少しアップしました。
[PR]
by oktak | 2009-03-29 02:58 | その他 | Comments(15)

お知らせ

突然ですが、3月21日(土)より27日(金)まで、旅行に出かけます。
この間にいただいたご注文は、3月30日(月)以降発送いたします。(28/29日が週末のため)
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

Sunkissed miss said "Don't be late!"
That's why I can hardly wait
Open up your Golden Gate,
California here I come ~♪♪

[PR]
by oktak | 2009-03-21 06:55 | その他 | Comments(0)

Nails Magazine

d0011990_2341231.jpg


ネイルサロン・スパ業界の業界誌、"NAILS magazine"の2009年4月号が届いた。
「お店でお客様におすすめできる商品」のコーナーで、メガネケースばかりがピックアップされていて、その中に、oktakの"peach blossoms on chocolate brown"のメガネケースも入れてもらっている。

d0011990_23415149.jpg

d0011990_23423247.jpg


しかしこの雑誌、おもしろい。
高度なネイルアートのテクニックが公開されていたり、爪の病気についての解説があったり、高級サロンの紹介があったり(なるほど、こういうところでメガネケースなどの小物を販売するのですな、と納得)。
マニキュア自体が好きでない私には、まったくの異次元空間だが、興味深く見せていただいた(笑)。

oktakを見つけてくださった編集者のThi、どうもありがとう!
(それにしても、なぜかネイル業界って、アジア系が支配してますな)
[PR]
by oktak | 2009-03-19 23:49 | ビジネス | Comments(0)

gold dots frame purse

d0011990_10301318.jpg


1点しかありません。Etsy shopにて発売。
[PR]
by oktak | 2009-03-19 10:32 | 作品 | Comments(2)

ミントグリーンのシルクのがま口

d0011990_6471612.jpg


ミントグリーンのシルクに、細かいシルバーのビーズを縫いつけたがま口。
2個のみ製作。

d0011990_64747100.jpg


d0011990_6483486.jpg

[PR]
by oktak | 2009-03-18 06:49 | 作品 | Comments(4)

Etsy shop紹介 gogovivi

d0011990_48766.jpg


Etsyには、バッグやポーチを売る店が多い。ひょっとすると、ハンドメイドのカテゴリーとしては、ジュエリーに次いで多いのではないか?

自分と同じカテゴリーの店に対してはどうしても目線が厳しくなるのか(笑)、感心する店は少ない。しかし、gogoviviを初めて見たとき、センスとクオリティにハッとしたことを覚えている。

Gogoviviのクリエーター、Kileyのインタビューをご紹介しよう。

(1)簡単な自己紹介をお願いします。

My name is Kiley Ariail, and I design and build handbags under the label “gogovivi.” I have lived and worked in Asia for three years, first in Busan, South Korea and now in Qingdao, northern China. My home and heart are in Portland, Oregon, USA. Before moving overseas with my husband and daughter, I worked in the fields of genetics and public health. I gave up my career for the dream-come-true opportunity to live overseas, and to be a stay-at-home mom with my newborn daughter. I began making handbags in textiles as an antidote to the social and emotional isolation that came with living as a foreigner in an unknown culture. Soon after, I began designing my own bags, opened my Etsy shop, and taught myself to work in leather.

gogoviviのハンドバッグをデザイン・製作しているカイリー・アリエルです。3年前からアジアで暮らしています。最初は韓国・釜山、現在は中国・青島に住んでいます。私の故郷はオレゴン州ポートランドで、今でも心はそこにあります。夫と娘と共に海外に移住する前は、公衆衛生に関わる仕事をしており、遺伝学が専門でした。夢だった海外生活を機に仕事を辞め、当時新生児だった娘と一緒にいるため、専業主婦になりました。テキスタイルでハンドバッグを作り始めたのは、馴染みのない文化の中で外国人として生きる孤独を紛らわすためでした。その後間もなく、自分でデザインしたバッグを作り始め、Etsyにショップを開き、革を使うようになりました。

(2)これまでのご自分の作品の中で、一番気に入っているものはどれですか?

My design and construction skills have improved so dramatically over the past two years that my favorite bags tend to be my most recent designs. My current favorite is a Camellia shoulder bag in deep chocolate distressed leather that I made for myself.

d0011990_5181340.jpg過去2年間に、技術が飛躍的に上達したので、もっとも気に入っているものは、最近のデザインになります。今の一番は、自分のために作った、チョコレート色の「カメリア・ショルダーバッグ」です。(写真→)

(3)お好きなアーティストは?

My favorite Etsy artists and designers include: whimsical tiny art by yaelfran, pottery by sarahpaloma, edgy Asian fashion by idea2lifestyle, furnishings by lunarloungedesign, textile design by hollabee, knitted wire sculpture by coralia, wooden footwear by mohop, fashion by lariemeloom, children’s clothing by rosiegoa, and soft toy sculpture by cocoondesigns. I do love the artists and artisans of Etsy!

Etsyの中では、yaelfranの遊び心のあるミニ・アート、sarahpalomaの陶器、idea2lifestyleのファッション、lunarloungedesignのインテリア用品、hollabeeのテキスタイル・デザイン、coraliaのワイヤーを使ったスカルプチュア、mohopの木靴、lariemeloomのファッション、roseigoaの子供服、cocoondesignsの柔らかいおもちゃのスカルプチュアです。Etsyのアーティストたち、大好きです!

(4)現在取り組んでいるプロジェクトは?

I am working on growing my handbag business by seeking out experienced leather stitchers to help me with sewing. Stitching leather has always been my biggest challenge, and hiring professional stitchers to hand-craft my bags will give me the consistent quality I crave while allowing me more time to focus on design and marketing. My immediate goals are to increase traffic to my website (www.gogovivi.com) and to my Etsy shop, and to also locate my bags in independent boutiques in my home state, throughout the U.S., and perhaps in other locations worldwide. At the same time, I am also looking for a reliable source for reclaimed leather. gogovivi bags have always been made from top-quality leather surplus from the shoe industry, leather that would have entered the waste stream or sat idle in surplus. otherwise. I am very environmentally and socially conscious, and I feel good about giving a new life to materials that would have reached a dead-end otherwise.

ハンドバッグのビジネスを育てるため、革の縫製の経験豊富な職人さんを探しているところです。革の縫製は私にとって一番のネックであり、プロの職人さんに縫製してもらえれば、商品の質が安定しますし、私はデザインやマーケティングに専念できます。短期的な目標は、私のウェブサイトとEtsyショップへのアクセス量を増やし、故郷であるオレゴン州のブティックに商品を置いてもらうこと、さらには全米各地、世界各地のブティックで取り扱ってもらうことです。

また、信頼の置ける再生皮革の販売元を探しています。Gogoviviのバッグには、常に質の良い、靴産業の余剰皮革を使ってきました。つまり、再利用しなければ廃棄されたか、そのまま余剰資材として放っておかれたであろう材料を使っているのです。私は環境問題や社会問題に非常に敏感なので、再利用しなければ無駄になったであろう資材を使うことに喜びを感じます。

(5)幸せな気分にさせてくれるもの(こと)を5つ挙げてください。

My family: my daughter Vivian, who at three years old already speaks English and Korean, and is learning Chinese, and my supportive husband who believes in gogovivi and supplies long-term vision for my business whenever I feel tired or discouraged.
Finding familiar favorites in an unfamiliar place, like cheese, bread, and salami in a Chinese supermarket.
Portland, Oregon.
Skype and Facebook, for staying close to my friends and family around the world even though I’m half a world away from most of them.
Japanese design and craft magazines (I know the blog's audience is Japan, but its true! You should see my bookshelf!).


-家族。娘のヴィヴィアンは3歳ですが、既に英語と韓国語を話し、中国語を覚えつつあります。そして夫は、
Gogoviviの可能性を信じ、私が疲れて気力がなくなったときに、ビジネスの長期的展望を提供してくれます。
-馴染みのない場所で、馴染み深いお気に入りのものを見つけたとき。たとえば、中国のスーパーで、チーズ、パン、サラミに出会ったとき。
-オレゴン州ポートランド。
-スカイプとFacebook。地球の裏側にいる友人や家族とつながっていられるから。
-日本のデザインやクラフト誌。(このブログの読者が日本の方だからではなくて、本当にそうなんです!うちの本棚を見ていただきたい!)

Thanks Kiley!!

Gogoviviの過去商品はここで見られます。
[PR]
by oktak | 2009-03-17 04:11 | Etsy shop紹介 | Comments(0)

black & gray retro flowers set

d0011990_774910.jpg



黒とグレーのレトロな花柄の生地のセット。
Mサイズ、ロングサイズ、ミニサイズのがま口。



d0011990_783697.jpg

[PR]
by oktak | 2009-03-16 07:08 | 作品 | Comments(2)

10,000 Hearts Giveaway - RESULTS ARE IN!!

Thanks to all of you who entered my "10,000 Hearts Special Giveaway"!
71 people entered for Prize A (medium frame pouch of your choice), 45 for Prize B (mini frame pouch of your choice), and 10 for Prize C (large bib of your choice).

I cut up pieces of used paper and wrote all of your names on them - and put them in 3 separate bags for the drawing.

d0011990_0102613.jpg


To ensure fairness - I asked my family to draw. My son picked the winner for Prize A, daughter Prize B, and my husband Prize C.

And the winners (in reverse order) are ......


****** drumroll ******


PRIZE C:
d0011990_0122687.jpg


Kuwadak who entered through Etsy convo! Congratulations Kuwadak!!



PRIZE B:
d0011990_0252175.jpg


Tanepuri who entered throuhgh my blog! Congratulations Tanepuri!!




PRIZE A (and the grand prize goes to ....)

d0011990_0173634.jpg


Becca Elpy who entered through Twitter! Congratulations Becca!!



******* Japanese *******


プレゼント企画にご応募くださった皆様、誠にありがとうございました!
結局、A賞に71名、B賞に45名、C賞に10名の方にご応募いただきました。
紙に皆様のお名前を書き、賞別に袋に入れて、公平を期すため、家族(夫:C賞、娘:B賞、息子:A賞)に引いてもらいました。

当選結果:

A賞 Becca Elpyさん(Twitterからご応募)
B賞 Tanepuriさん(blogからご応募)
C賞 Kuwadakさん(Etsy convoからご応募)


受賞者の皆様、おめでとうございます!
これから、ご希望のデザインをメールで伺います。

惜しくもはずれてしまった皆様も、どうもありがとうございました。
またときどき「お客様感謝キャンペーン」を実施していきたいと思いますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

良い週末を!
[PR]
by oktak | 2009-03-15 00:55 | ビジネス | Comments(24)

プレゼント企画の締め切り訂正&プロモーション考

***プレゼント企画の締め切り訂正のお知らせ***
下でご紹介したプレゼント企画の締め切りを、誠に勝手ながら、3月16日(月)から、13日(金)米東部時間23:59(日本時間では14日12:59)に繰り上げさせていただきます。

毎日ブログを覗いていない方もいらっしゃると思い、締め切りを一週間後に設定したものの ・・・思いがけぬ「落とし穴」があったため、急遽変更することにいたしました。

その予期せぬ「落とし穴」と申しますのは・・ 実はプレゼント企画を発表してからの数日間、個人のお客様への売り上げが激減!(笑)(「ただでもらえるかもしれない」ものを、誰もわざわざお金を出して買いませんわな)

まあ、実際どの程度この企画が売り上げに影響しているのかは分かりませんが(この景気ですし)、偶然にしてはあまりにも大きな変動があったため、さっさと抽選をおこないたいと思います(笑)。あしからず。

*******

プロモーション考。

本来、こういうことはブログなぞに赤裸々に綴ることではないのだが、これからビジネスを立ち上げようとされている方も読者の中にはいらっしゃるかと思い、参考になるかもしれないので、あえて記録。どうも、「プロモーション」というのは、一般的に諸刃の剣のようである。

定価の「何パーセントOFF」という「値引き」も、"BOGO"("Buy One, Get One Free/Half Off"-「一つ買うと、二つ目が無料あるいは半額」)などの「特別キャンペーン」も、一時的な売り上げ増加には貢献するかもしれないが、長期的にプラスになるかどうかは、ビジネスの性質によって異なると思う。

というのも、セールや特別キャンペーンを実施すると、「ラッキー!この機会に買おう」と思う顧客もいる一方で、「こんなに安くなるなら、定価で買わず、次のセールを待とう」と思う顧客もおそらく多いわけで、各ビジネスは、プロモーションが己にとって効果的なツールかどうかを判断する必要がある。

たとえば、GAP。あそこは、常にセールをしている。
頻繁に新商品を導入するため、わずか数週間から1-2ヶ月という短いサイクルで、どんどん古いもの(実際にはあまり「古く」はないのだが)を値引きしているようだ。
しかも、数段階に分けて、値引きしている。(最初は10-20%程度。次は30%、それでも売れないものは40%、50%という具合に。そして最終的に売れ残りそうなものは、驚くほどの安値-定価の15%程度-で売られている!)←かなり研究済

となると、新商品が出てもすぐには買わず、少し待って安く買おう(あるいはもっと待って、もっと安く買おう)と考える顧客もたくさんいるはずだ。
そして、それでも困らないくらい、最初の価格が高く設定されているということ。

しかし、こうしたプロモーションが功を奏するのは、GAPが、安い労働力で大量生産したものを販売するビジネスだからだろう。

一方、超高級ブランドは、あまり、あるいはまったく、セールをしない。
それは、「高いからこそ売れる」ビジネスだからである。
価格を下げると、どうしてもイメージが安っぽくなり、結局己の首を絞めることになるため、高品質を「売り」にしているビジネスは、値引きするくらいなら新品をドブに捨てた方がマシだと判断するらしい。

ではハンドメイド品はどうなのか?
私はやはり、時間をかけて一つ一つ丁寧に作ったものは、そう簡単に値引きすべきでないと思う。
そもそも、激しい値引きに耐えうるほど、ずっしり利益を上乗せした価格設定をしているアーティストにいまだお目にかかったことがないのだが、いかがだろう?

要は、プロモーションは一般的な商品を売るビジネスにとっては有効だが、商品の品質や希少性、芸術性を売りにするビジネスにとっては、かえって有害かもしれないということ。

今回のプレゼント企画は、「プロモーション」のつもりですらなく、ただお客様(や、潜在的お客様)の日頃のご愛顧に感謝したいという素直な思いから生まれたものだ。(無料で商品をプレゼントすることによって、ビジネス上利益を蒙ることはない。)しかし、こういう「非ビジネス的甘さ」は、やはりもろ売り上げに打撃を与えるのかもしれない ・・・ と今回の激変に思ったりしている(笑)

お客様に感謝するのは大事だと思うが、売り上げにプラスになることはなくとも、少なくともマイナスにならない方法を、今後模索する必要がありそうだ。

いずれにしても、締め切り間近ですので!お申し込みまだの方はお早めに!(笑)
[PR]
by oktak | 2009-03-13 10:07 | ビジネス | Comments(5)