<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

本日のNY

d0011990_12243134.jpg

↑Central Park南東の角から見える風景。

今日も朝寝坊し、午後になって散歩に出かけた。
寒い中Central Park zooに行ったが、珍しくすいていた。

d0011990_12271671.jpg

↑Children's Zooから見える、Temple Emanu-El。

その後MOMAに入ろうとしたが、金曜4-8pmは無料で入れるためか、美術館をぐるっと囲むほどの長蛇の列だったので諦めた。(MOMAに行こうとして挫折した経験多し。なぜか超人気のMOMA・・)

すっかり遅くなったので、タイ料理を食べて帰宅。
明日は友人宅へ。久々の休みを満喫中。
[PR]
by oktak | 2008-12-27 12:45 | NY

Merry Christmas!

d0011990_11573284.jpg

6th Ave./50th St.にある、オーナメントのオブジェ。

d0011990_11581963.jpg

言わずと知れた、Radio City Music Hall。

ここ数日は仕事を忘れてゆっくり。久しぶりだ~。
本日のお昼は、ウェストサイドにあるシュラスカリア(ブラジル料理店)に行った。
お肉中心の豪快な料理を食べすぎたため、夕飯は素うどん(笑)。
[PR]
by oktak | 2008-12-26 12:03 | NY

娘の手紙

 明日がクリスマス・イブだと気づき、にわかにサンタクロースに手紙を書く子供たち。(<遅い)
 4歳娘はまだ文章は書けないが、一つ一つ絵を描きながらつぶやいている。

"Dear Santa,
I want a big pumpkin, and a blue star, and a red moon, and a green circle, and a pink heart, and a snake guitar."

 
[PR]
by oktak | 2008-12-24 10:40 | 日常

とうとうダウン

 昨日、家族と自然史博物館に出かけたら、途中から割れるような偏頭痛。
 立っていられなくなって帰宅すると、発熱。

 でも「クリスマスに間に合わせるため、速達で送って!」というオーダーが今朝も何件か・・・

 自営業はツライよ。
[PR]
by oktak | 2008-12-22 23:57 | 日常

ハプニングいろいろ

 19日現在、まだホリデー前のオーダー・ラッシュが続いている。
 
 これだけ取引量が増えると、ハプニングも次から次へと起こる。

・二週間前に発送した小包がまだ届かないと、同じNY州のお客様から連絡が入る。
 → 郵便局に問い合わせると、「○日に配達した」との返事。何度かやりとりした後、お客様のお父様が受け取っていたのに、ご本人に伝えるのを忘れていたことが判明。(この手の苦情が多い!)

・イギリスのお客様にお送りした小包、中身がそっくり盗まれて先方に到着。
 →がま口の中に詰めた紙だけが封筒に入っていて、私が手書きしたお礼状の封筒まで破られていた(泥棒は、封筒に現金が入っていないか確認した模様)。イギリスの郵便局員の盗みは昔から問題になっていたが、とうとう被害に遭った。

・「クリスマスまでに必ず届けて!」というお客様に急いで商品を発送したら、今日小包が戻ってきた。
 →お客様が、配達先住所の欄に、アパート番号を記入し忘れていたことが判明。今となってはは、クリスマスまでの配達は厳しい・・。

・「今からオンラインでオーダーしたのではクリスマスに間に合わないだろうから、直接『スタジオ』に伺って注文したい」というお客様からの問い合わせがくる。
 →「スタジオ」なんて高級なものはなく、自宅でちまちま作っているので、直接ショッピングにいらしていただくのは無理ですとお返事する。それでもなお、「是非!」とおっしゃるお客様もいて、対応に苦労。

 その他、あれこれ・・。

 つくづく商売って大変である。そしてつくづく私は接客業に向かない(苦笑)。
 カスタマーサービスは、極めて人当たりのよい、穏やかでにこやかな方に任せて、自分は物づくりに専念したいものだ・・・。

*******

 そしておまけに、先週末、どこからか水が漏れてきて、ベッドルームが大洪水に。
 お陰で今週は毎日、いろんなおじさんたちが入れ替わり立ち代りやってきて、バスルームの壁を壊したり、トイレを解体したり、水道のパイプを取り替えたり、壁をふさいだり、ペンキを塗ったり、水で傷んだフローリングを張り替えたりと、大騒ぎ。皆土足で入って作業するから、彼らが夕方帰った後は、毎日床をぞうきんがけ。落ち着いて仕事ができる環境でなかった。はー。

 クリスマス当日は、完全にのびそう。
[PR]
by oktak | 2008-12-19 11:06 | ビジネス

pink blossoms on chocolate pouch

d0011990_12441023.jpg


パッキングばかりで一日が終わってしまい、ストレスがたまるので、届いたばかりの生地でMサイズのがま口を作成。同じ生地でメガネケース、XLがま口、フレームパースも作りたいが、クリスマスの後になりそう。
[PR]
by oktak | 2008-12-16 12:45 | 作品

pink & orange tiles pouch

d0011990_12455995.jpg


この生地、めちゃくちゃ好み。
[PR]
by oktak | 2008-12-14 12:46 | 作品

ホリデー商戦:2008

 今週は、多分この一年間でもっともたくさんのご注文をいただいた一週間だったと思う。
 毎日、品物の梱包だけで午前中が終わってしまい、午後は子供を迎えに行くついでに、紙袋いっぱいに詰め込んだ小包を持って郵便局に通った。

 今年は不景気で、例年になく早く街中にクリスマスの飾りが出現した。(うちの近くのBanana Republicなどは、11月中旬-Thanksgivingの10日前ほど-からウィンドーにクリスマス・ツリーを飾っていた。)また、11月はじめから、小売業大手各社から「全商品20%引き!」などのプロモーションのダイレクトメールが届いたが、こんなことは、過去10年で初めてのことである。そんな中、oktakはどうなることかと心配していたが、昨年に比べて売り上げが伸びて大変ありがたい。

 その理由は、ひとえにこの一年間でoktakの知名度が上がったことだと思う。
 最近はメインサイトよりも、Etsyに開いているショップでの売り上げが多い。思えばこのブログできちんとEtsyのご紹介をしたことがなかったが、それは、個人がハンドメイド品を販売する、巨大モールのようなサイトである。(なぜか、ビンテージ・グッズと、クラフト用品も売られている。)ハンドメイド作家なら、誰でも無料でショップを開設できる。(開設自体は無料だが、商品をショップにアップロードする度に20セントかかり、また売れた場合には3.5%のコミッションを取られる。)2005年に20代の若者数名によって開設されたこのサイトには、今では30万人以上のセラーがショップを構えているという。販売されているハンドメイド品は、洋服、ジュエリー、アート(絵画・写真・彫刻など)、陶磁器、ぬいぐるみやおもちゃ、帽子・ベルト・スカーフなどのファッション・アクセサリー、カードやジャーナルなどの紙製品、石鹸、化粧品、そしてクッキーやブラウニーなどの食品まで、何百種類もある。

 拠点はNYC(Brooklyn)だが、インターナショナルなサイトのため、オーダーは文字通り世界中から入る。データをしっかり整理したわけではないが、oktakの顧客はアメリカ在住者が6割程度、残りはヨーロッパ各国、オーストラリア、アジア各国の方々である。珍しいところでは、UAE(アラブ首長国連邦)やイスラエルからも複数のオーダーをいただいている。

 30万のショップの海の中で目立つ存在になることは容易ではなく、私も2年ちょっと前にショップを開設してから、しばらくはどう攻略してよいのか分からず、放置していた。忘れた頃に突然オーダーが入り、あわてて対応したのだが、本格的にEtsy shopに力を入れ始めたのは、昨年のホリデー前だったろうか。その後度々トップページに商品の写真を載せてもらうことができたり(Flickr参照)、雑誌に取り上げられるなどして、じわじわと知名度が上がり、この一年間で幸いにも1,200点近くの品物が売れた。
 
 一消費者としても、このサイトは眺めていると時を忘れて、誠に危険(笑)。
 なにしろショップの数が多いから、玉石混合ではあるが、ときに驚くほど素晴らしいセンスとプロフェッショナリズムを感じるショップに出会い、同じ物づくりに携わる者として、ウキウキせずにはいられない。私は新聞や雑誌に一面広告を出すような高級ブランドにはほとんど食指が動かないが、オランダのデザイナーがビンテージ生地で作る色鮮やかな子供服や、スコットランドの職人さんが作る、自然をモチーフにした美しいジュエリーなどには、めっぽう弱い(どちらも購入済・笑)。

 話がそれた(笑)。
 何が言いたいかというと、景気が劇的に悪化した中でも、今年はアメリカを中心に"handmade movement"が盛り上がりを見せ、それに伴ってEtsyと、そこにショップを構えるセラーの知名度が上がったということだ。グローバリゼーションが進み、世界中のどの街角にもGAPやStarbucksを見かけるようになった現代において、金太郎飴のような大量生産品でなく、個人の職人が作るものの価値が見直されていると感じる。Etsyはうまく時流に乗って、nicheを捉えたといえる。

 そうは言っても、(先日も書いたが)ハンドメイド品は生産量に限界があるため、ビジネスとしての成長にも限界があると思う。その限界が一体どこなのか、現時点ではまだ分からないが、来年もひたすら好きなものを追求し、真面目に物づくりに取り組んでいきたいと思う。

 最後に今年の反省点。このもっとも忙しい一週間に、名刺、封筒(オーダー発送用)、その他パッキング材が底を尽き、慌てて追加注文することになった。十分用意したつもりだったのに、いつの間にかなくなっていた・・。来年はこのようなことがないように、「買いすぎ」と思うくらい、ホリデー前にまとめて注文しておこう。

 
[PR]
by oktak | 2008-12-13 11:34 | ビジネス

New "kalla" pouches

d0011990_1342471.jpg
d0011990_1352866.jpg


pistachio & cocoa brown.
[PR]
by oktak | 2008-12-10 13:05 | 作品

刺繍入りリボンのがま口2種

d0011990_10291989.jpg


オレンジとグリーン、4個ずつ作成。
Etsy shopにアップ予定。
[PR]
by oktak | 2008-12-08 10:30 | 作品