<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

henri bendel "open see"体験談

 今朝、henri bendelの"open see"に行ってきた。

 しかし昨晩は、娘が「耳が痛い」と何度も大泣きして、ネットで調べたり、医師に電話したり、薬を飲ませたりして、ようやくぐっすり眠ったのが午前4時。今日は朝一番で病院に連れて行くようだから、ベンデルのイベントは諦めざるをえないと思った。が、夫が娘を病院に連れていってくれるというので、朝6時半、寝不足ながらも家を出発。途中、クロワッサンとコーヒーを買って、歩いて15分でベンデルに着いた。6時45分の時点で、既に70名ほど並んでいた。56th St.にあるベンデルの裏口を先頭に、列はぐるりと5th Ave.の角を曲がって伸びており、私がついた最後尾はちょうどベンデルの正面入り口前だった。

 d0011990_3132360.jpg
←ベンデルの正面の向かい側には、ESCADAのビル。

 幸い、今朝はあまり寒くなかったので、中には余裕でコートを脱いでおしゃべりに興じる人もいたが、さすがにじっと立っているだけでは身体が冷え、1時間たった頃には寒くて仕方がなくなった。(今後参加される方は、やはりホカロン持参されるべし。)足踏みしながら寒さをしのぎ、周りのデザイナーたちと話す。

 若い人が多いだろうと思っていたが、私なんぞまだひよっこの部類(←ホント)。そりゃ20代の人もいっぱいいたが、40代、いや50代、いやもしかしたら60代まで、幅広い年齢層の人がいた。並んでいた人の9割は女性。(その割に、世間で活躍しているデザイナーは男ばかりなんだよな・・)

 私の前後には、ジュエリー持参のデザイナー。ちょっと後ろには、とてもユニーク&ラブリーなスカートやドレスを持ってきた20代の二人組み。みんなの服装もおもしろい。大きなコサージュのついた帽子をかぶり、一目で帽子デザイナーと分かる女性や、自作のジュエリーとおそろいのジュエリーを靴につけた女性。多分、ジュエリーと婦人服を売り込みに来た人が一番多かったのだと思うが、中には「??」と思う品物を持って並んでいる人もいた。(たとえば、ほうきとかゴザとか・・笑)

 2時間15分寒さに耐えて、ようやく午前9時になった。結局列は55th St.の角を回り、6th Ave.まで続いたらしい。9時の時点で少なくとも300人くらいはいた模様。9時になった途端に列はスムーズに前進し、すぐにHarry Winstonの角を曲がった。そこでベンデルの社員が"handbags, beauty & skin care?"と呼びかけにきた。部門別に面接があるのだろう。私もここで列を脱出、地下へと案内された。

 部門別にリストがあって、そこに自分の名前を書き込み、さらに別室に通されて待つこと30分。ようやく私の名前が呼ばれたので、バイヤーの待つ部屋に行く。

 部屋にはコの字型のテーブルがあり、その後ろにバイヤーたちがズラッと座っており、各コーナーに"women's wear","hats","accessories","gifts"などの看板がかかげられていた。

 "handbags"のコーナーで並び、私の前の人の作品と、バイヤーの反応を眺める。
 売り込んでいるのは、多分50歳前後の女性。黒いサテン地に、たくさんのコサージュが縫い付けられた、美しいバッグ。キャスター付きのトランク持参の彼女、次から次へと花の付いたバッグを見せる。バイヤーは若い女性2人。"They're beautiful, but we're not really looking for fabric bags. We're into leather at the moment"(「美しいけれど、布のバッグはちょっと・・・今は革をメインに扱っているので」)と言っているのが聞こえ、この時点で自分も即却下だとわかった(笑)。私の前の彼女は、SAKSや、小さなブティックに売り込むことを勧められていた。

 いよいよ私の番。箱に詰めてきたがま口類を取り出す。見せた瞬間、バイヤーの2人、"They're cute!"と言うが、すぐに金具の問題点を指摘された。「店に置いてある商品を見てもらえれば分かると思うけど、うちはもっと重厚な金具を使ったバッグしか扱わない。この金具は軽くて、頼りなげな感じ」とのこと。なるほど、確かに先週見たものは、重たい真鍮の金具だったかもしれない。まあ要するに、察していた通り、ベンデルはもっと高級なものしか取り扱わないのだ(笑)。

 これで終わりである。午前10時には店を出ていた。うーん、この体験に、3時間待った価値があったか?ないような気もするが、やっぱりあったと思う。まず、ベンデルに売り込むプロセスがどんなものかがわかったから。次に、ベンデルの商品の傾向が以前よりもわかったから。そして、ベンデルには自分の商品は合わないと確認できたから(笑)。最後に、野次馬的好奇心を満足させられたから(笑)。

 その後急いで帰宅し、娘の処方箋を持って薬局に走った。娘は片側の耳に細菌が感染していた模様。抗生物質をもらったが、今晩は眠ってくれるだろうか。小さい子が痛みで苦しんでいるのは、本当にかわいそうだ。

 何はともあれ、一件落着。

 最後に、ベンデルに持っていったがま口を公開。

d0011990_3355250.jpg

大きめのがま口6種類。中央に縫い付けてあるのは、ベルベットのリボン。柄入りグログラン・リボン+ボタンの組み合わせも。

d0011990_3362350.jpg

裏地にも、凝ったつもり。それぞれまったく違う。

d0011990_3361050.jpg

コロンとした小さいがま口4種類。

 本当は、おそろいの小トートも作りたかったが、暇がなかった。これからボチボチ作るかな。

  

 
[PR]
by oktak | 2006-10-31 03:38 | 作品

がま口、がま口。

 「ダメもと」どころか、ほとんど笑い話のネタ探しに、やっぱり月曜日、Henri Bendelの行列に並んでみることにした(笑)。でも、一応売り込む品を用意せねばならぬ(←当たり前)。ついでにホカロンも用意した方がいいのかな・・

 それで昨日、Garment Districtに行って、リボンやらボタンやら、リックラック(波型のテープ)やら糸やら、こまごまとしたものをたくさん買い込んできた。これまでに作ったものよりも、やや凝ったものをつくりたいと思ったのだ。

 そして今日は、朝から晩まで、ひたすらがま口づくりに励んだ。
 もう、夢にがま口が出てきそう。

 ところで、がま口って日本のものなんだろうか?それとも中国あたりが発祥の地なんだろうか?こちらでは"frame purse"などと呼ばれるが、絶対に「がま口」というネーミングの方がいい。Bendelのバイヤーに見せるときは、"toad mouth purse"とでも言うか(笑)。

 昨年作り始めたときは、結構細かい作業が難しかったがま口。段々うまくなってきたぞ(自画自賛)。月曜日、Bendelのバイヤーに却下された後に、写真をアップしよう(笑)。

 
[PR]
by oktak | 2006-10-28 12:26 | ビジネス

henri bendel's

d0011990_6112481.jpg

 NYにいて、5th Avenue(55th/56th St.)にあるHenri Bendelを知らない人はいないだろう。昔、ここの茶x白のストライプのポーチ類が日本でも流行した覚えがあるから、日本でも知名度は高いはず。デパートというには、あまりにもこじんまりしていて、置いてあるものも斬新。大きいセレクトショップといった方がぴったりくる。

 このHenri Bendelが、年に2回、"open see"というイベントを催している。新デザイナーが自由にバイヤーに自分の作品を売り込める日で、早朝から長蛇の列ができるらしい。

 実は昨年もこれに行ってみようかと思ったのだが、ちょうどFITのショーケースの前で、とても行けなかった。今年は来週の月曜日にあるようなので、行ってみようかな・・・と思っている。しかし、午前9時から正午までのこのイベントに、朝6時から大勢の人が並ぶらしいから、かなり尻込みしている。寒いだろうし・・もうウキウキとこういう列に並ぶほど、若くはないのだ(笑)。

 ためらっている本当の理由は、私の作るものはHenri Bendelには向かないと分かっているから。実は数日前、ひさしぶりに店を覗いてみた。でもなんだか様子が変わっていた。以前は中2階にあったバッグ売り場が1階の入り口近くにあり、置いてあるものの9割は革製品。(前はナイロンのバッグなんかも売っていたのに。)ここ数年で、バッグの価格は上がる一方で、数年前には500ドルのバッグが売れ筋だったのが、今では1,000ドルらしい。(情報源:NY Times)

 ポーチ類を探してみたが、少なくとも1階にはBendelの自社製品(例の茶x白のストライプのライン)が置かれていたのみ。(←ところで、このポーチ類、利益率高そう・・笑。ビニールポーチに$40の値段がついていたが、大量生産のこの商品、原価はいくらだろうか?)

 1階を見ただけですっかり怖気づいて、他の階は見なかったのだが、ジュエリー売り場はどうなったのだろう。以前はシンプルなガラスのペンダントなんかも売っていたけれど・・ジュエリーもどんどん高級志向になったのだろうか。

 "Open see"に参加するなら、ちょっと凝ったデザインのがま口を持っていこうと思っていた私。以前何かの記事で、Bendelのバイヤーが「他で見たことのない商品が見たい」と言っていたのを読んだが、がま口はまだここでは日本のようには浸透していない。でも、店をさくっと見渡しただけで、「こりゃ場違い」と思った(笑)。

 それでも。
 こんなことができるのも、NYにいる間だけではないか。
 過去に"open see"に行った人の体験談を読むと、ほとんどのデザイナーは60秒で追い出されるらしい(笑)。そりゃそうだろう。500人くらいものwanna-be'sが並ぶのだから。(バイヤーもやってられないと思う。)でも、その60秒間に、少なくとも一流のバイヤーからなんらかの批評はしてもらえるわけだ。どうしてダメなのか。どういう店なら可能性があるのか。どこを改良すべきなのか。そんなヒントをもらえるなら、行ってみる価値はあるかもしれない。

 しかし果たしてそれが、3時間、寒空の下で並ぶほどの価値なのか、かなり迷っている。それに、肝心のがま口の材料、今日買ってきたばかりだし(爆)。

 
[PR]
by oktak | 2006-10-27 06:50 | ビジネス

ベビーグッズ追加しました!

d0011990_22215853.jpg


HPに新しいベビーグッズを追加しました!どうぞご覧ください。
[PR]
by oktak | 2006-10-25 22:22

large shoulder bag (bucket type)

d0011990_0404798.jpg


 友人カリメロさんに依頼されていた、大きめのバッグが完成した。
サイズは、高さ15インチx幅13インチxマチ4.5インチ(33cmx38cmx11.5cm)。現在販売しているLサイズトートよりも、一回り大きい。
 表地は渋めの赤のリネン、裏地は赤紫の綿。内ポケットは両側に2つ。
 持ち手は、いわゆるbucket bagのように、両脇に取り付けたシングル・ストラップ。幅1インチ(2.5cm)の本革を用いた。(今回、革の処理方法を変えてみた。これで裏側の毛羽立ちはかなり抑えられると思うのだが・・・カリメロさん、ご使用後のフィードバックお願いします。)

↓A4ファイルを入れても、余裕たっぷり。

d0011990_044061.jpg


↓私が持ったところ(もっとマシなモデルはおらんのか?と周りを見渡したが、いたのはベージュのセーターを着てみみずくのような夫のみ>爆)
d0011990_0445692.jpg


この型、需要があれば商品化したいと思うが、どうだろうか?

カリメロさん、というわけで、いつでもお渡し可能!
[PR]
by oktak | 2006-10-25 00:50 | 作品

new baby goods coming soon!

d0011990_6213736.jpg

[PR]
by oktak | 2006-10-24 06:22 | 作品

halloween前@St. Marks Place

d0011990_753392.jpg


 息子の体調が思ったほど悪くなく、今朝は元気を持て余していたので、久しぶりに家族でEast Villageに出かけ、蕎麦屋(East 9th St.)でお昼を食べた。ここのランチボックスは結構お得でおいしい。
 10年前くらいから日本食屋さんが激増したこのエリア、今ではLittle Tokyoと呼ばれるほどだが、以前はボロアパートが並ぶ危険な地域で、お金はないが夢を見るアーティストやミュージシャンのメッカだった。
 おそらく当時の名残がちょっぴり残るSt. Marks Placeには、和食や各種エスニック料理のレストランに混じって、タトゥーやボディーピアスを入れるお店や、ビンテージレコードを売る店、パンク系グッズを売る店が立ち並び、混沌としている。
 今日は、ハロウィーンが近いせいか、やたらにウィグを売ってる店が目立った。そして結構試着している人がいた。息子がレインボーカラーのアフロ・ウィグをほしがったが、$18だというので、やめた(笑)。(自宅近くのつぶれそうなおもちゃ屋では、$9.99で売っていたぞ。<ちゃんとチェックしている自分・・笑)

d0011990_76593.jpg

↑afro tree?


 さて、今晩は残りのバッグ(Lサイズトート)の画像をアップしなければ。
 その前に、毎週末恒例の、鍋ディナー(笑)。
[PR]
by oktak | 2006-10-23 07:12 | NY

新作発表の予告

 今週末は出かける予定だったものの、息子が風邪を引いてしまったので、写真撮影に精を出します。よって、オレンジxブラウンのバッグ類を今日か明日、oktakウェブサイトのショップページにアップロードしたいと思います。ご意見・ご感想、お待ちしております。
[PR]
by oktak | 2006-10-22 04:29 | 作品

double fleece blankets

d0011990_5381335.jpg


 先日チョキチョキ切った小さな布を縫い合わせて、パッチワークの縁取りのベビーブランケットを作った。ブランケットはとても柔らかいアイボリーのフリースを2枚重ねたので、とても温かい。もちろん、丸洗い可能。

 
d0011990_539402.jpg


 これから同じものをもうひとつ作る予定。(せっかくたくさん布を切ったから・・)

 今後の予定としては、来週前半に、ブラウンxオレンジの作品群を発表したい。
 ベビーグッズの新作は来週後半にはなんとか・・。

 
 
[PR]
by oktak | 2006-10-20 05:49 | 作品

プレゼント、結果発表!

d0011990_1354655.jpg


 本日、お約束した通り、あみだくじによる抽選をおこないました。
 その結果、イニシャル"n"のnwlさんがご当選~~~!!
 おめでとうございます!(って、本当におめでたいのでしょうか?難ありの品物ですみません・・)ご応募いただいた他の皆様、申し訳ありません。今後もときどきプレゼント企画をしたいと思っておりますので・・・お見逃しなく。

 nwlさん、近日中に発送いたしますね。
 
[PR]
by oktak | 2006-10-20 01:38 | その他