<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

wooden handle bags

とてもセンスのよい友人Rに依頼されて、彼女に選んでもらった生地で、木の持ち手バッグを作成。
d0011990_63654.jpg


難しいようだけれど、意外といろんな服装や色合いに合うと思う。彼女なら間違いなく、絶妙なコーディネートをしてくれるに違いない。

d0011990_653314.jpg


そして、こちらはとても評判のよかったturquoise & brown flowersの生地でつくった、同じ型のバッグ。この生地はもう残っていないので、これが最後の作品になりそう。近日中にHPにもアップする。こちらは販売予定。

d0011990_673199.jpg

d0011990_610631.jpg

[PR]
by oktak | 2006-02-27 06:11 | 作品

NY Aquarium

d0011990_8131640.jpg


 今日は家族でNY Aquariumに出かけた。地下鉄F lineに乗って、BrooklynはConey Islandに向かった。夏のConey Islandとは違って、人影がまばらで、目の前に広がる大西洋を独占したような気分。冷たい風が吹き付けてきたものの、天気はよく、気持ちがよかった。

 ここの水族館はこじんまりとしていて、小さい子供連れには最適のおでかけスポット。規模が小さい割りには、セイウチ、サメ、カメ、マンタ、アシカ、ペンギンなど、子供が喜びそうな生き物がそろっている。公共の施設なので、以前は手入れが行き届いておらず、食べるところもとてもさびれていたのだが(しかも真夏に行ったのに、カフェの中、冷房なし!!)、今回訪れてみたら、新しいこぎれいなカフェができていた。

 学校の理科の時間に、タコについて勉強した息子が、突然水族館に行きたがったのだ。しかし肝心のタコは、水槽の上の隅に張り付いたきり、ほとんど動かなかったため、かなり盛り下がった(笑)。
d0011990_819871.jpg

↑moon jellyfish


 私は、改めて自然の中のデザインの素晴らしさに驚嘆。アプリコットとターコイスの模様が入った魚、バオバブの木のような形をした珊瑚、シフォンのドレスのように優雅なイソギンチャク。テキスタイル・デザインをする人たちは、こういう自然の色彩や形から、たくさんインスピレーションをもらうのであろう。

 帰りは、F Lineの上り線が停止していたため、Q Lineでマンハッタンに戻った。1時間かかって、つい皆で船をこいでしまった。そう。水族館に行くとき、唯一問題なのが、往復の地下鉄。週末のNYの地下鉄ほど当てにならないものはない。行かれる方は、事前にきちんとネットで最新情報を入手されるべし。

 

 
[PR]
by oktak | 2006-02-26 08:29 | NY

BYE-BYE NY SALE!

来月に帰国を控え、現在HPに掲載しているすべての作品を15%OFFにて販売することにいたしました。ご購入を希望される方は、info@oktak.comまでご連絡ください。
 
 なお、NYからの販売は3月10日(金)をもって終了いたします。
[PR]
by oktak | 2006-02-24 09:26 | ビジネス

Lower East Side

 昨日は、yxmさんと息子とClinton St Baking Co. & Restaurant(4 Clinton St.)に行って来た。ここはyxmさんオススメのお店で、週末は長蛇の列だとか。昨日は水曜日だったので、待たずに座れた。

d0011990_2325957.jpg

 ここのブルーベリーパンケーキが絶品だというので、注文。他にコッブサラダ、チョリソ、オニオンリングを頼んで、3人でシェアした。どれもとてもおいしかった。ただし!ポーションが大きくて、お腹にずっしりくる。ここで食べた日の夕飯は、軽くすること。息子はとうとう何も食べずに就寝、私もお茶漬けをさらさら食べて終わり。そのくらい、腹持ちがよい。
 



 このあたりは、ついこの間まで危険で近寄りがたいエリアであったが、最近は急速に発展しつつある。おしゃれなレストランやブティックがどんどん出現している。でもまだ、壁にはグラフィティがいっぱいで、半分崩れそうなビルが並んでいたりする。
d0011990_23101912.jpg

Houston St.のデリに並ぶドライフルーツ。

 ***
 昨晩からまたネットの調子が悪く、現在ダイアルアップ使用中。メールのお返事が遅れるかもしれませんが、悪しからず。

 
[PR]
by oktak | 2006-02-23 23:15 | NY

Top of the Rock

d0011990_4414377.jpg
 昨晩、ネットであらかじめ入場券を買っておいて、今日は息子とTop of the Rockに行って来た。昨年11月にオープンしたばかりで、まだあまり知られていないのか、ガラガラ。新しいのでとてもきれいだった。70階にある展望台に行くエレベーター、天井が透明になっていて、ぐんぐん上に上がっていくのがよく分かる。

 今日は快晴で、遠くまでよく見えた。Empire State Buildingの展望台に行かなかったのは、Rockefeller Centerの上からなら、Empire State Buildingも見えるから(笑)。

 
d0011990_444951.jpg


 北にはCentral Parkが広がる。

 高い入場料を支払ったものの、10分ほどで、息子飽きる。次はどこに行こうか?と聞いても、アイディアなし。私はすぐそばだからMOMAに行こう、と提案したのだが、「興味ない」とあっけなく却下される。
d0011990_4531679.jpg


 下におりて、近くのショップを覗いて歩く。55th St.のめんちゃんこ亭でラーメンを食べた後、59th St.のCrate & Barrelに入る。食器やキッチン用品を売っているが、ここに行くと何かしら買ってしまい、息子には「お母さんの好きな店」と呼ばれている。

 さらにGAPやら、Pottery Barnやら覗きながら歩いていたら、疲れ果てたので、帰宅。
息子の休み2日目にして、ヘトヘト。やはり子供のエネルギーには、子供しか応えることができないのだ。
[PR]
by oktak | 2006-02-22 05:20 | NY

春の兆し

d0011990_6133184.jpg


 ちょうど4週間前に買った猫柳。ふわふわのグレーの花穂が、黄色い花になり、花が終わるとポロッと落ち、その後しばらくして、なんと切りっぱなしの枝から次々と根っこが生えてきた。そして今、黄緑色の若葉が。いつか土に植えてあげないと。

 大雪の後、NYでは暖かい日が続き、春の陽気。
[PR]
by oktak | 2006-02-18 06:23 | 日常

snow storm

 土曜日から日曜日にかけて、NYでは記録的な大雪が降った。積雪26.9インチ(約68cm)。

息子がベランダでつくったsnowmanならぬsnow ghost。さらさらの粉雪で、どうも丸められなかったらしい。(ingredients: snow, grapes, tomato, carrot)

BEFORE
d0011990_3562483.jpg

AFTER
d0011990_356431.jpg


 土曜日。夫がいないので、友人yxmさんとMさんが土曜日の夕方に来てくれた。子供たちと遊んで夕飯を食べて、子供たちが寝た後は、大人3人で延々とおしゃべり。しかも、お二人が買ってきてくれたシュークリームやらゴーフルやらを食べまくり。Mさんは降りしきる雪の中帰宅、NJから来てくれたyxmさんは泊まってくれた。この晩は、雪だけでなく、落雷がすごかった。一瞬昼間のような明るさになっては、ドドーンという轟音が。

 日曜日。朝5時からチビ怪獣が活動開始。ものすごい雪。NJ行きのバスは運行停止、yxmさんは我が家の捕虜となり、否応なく怪獣どもの相手をさせられ、もう一晩泊まることに。チビ怪獣の風邪が本格化し、そのくしゃみをもろに顔面に受け続けた私も、再び体調不良。yxmさんのお陰で助かってしまった。

 月曜日。yxmさんに大怪獣を学校に連れていってもらい、私はチビ怪獣を小児科へ。大雪の後、ストローラーでは外出不可能だったため、抱っこして行くが、交差点で立ち往生。行く手を阻むは、70cm近い雪の壁と、オンタリオ湖のような水たまり。タクシーを探せども、空いている車は一台もなく、結局バスを利用。途中、雪にタイヤを取られて動けなくなっているタクシーを目撃。その後ろは大渋滞。チビ怪獣、バスの中から大泣き、大暴れ。10分遅れで着いた小児科では、こんなに具合が悪いのに、「ただのウィルス感染」と診断され、薬も処方されず。大汗かいて行った甲斐がなかったような・・・

 午後はまたこの雪の中、チビを抱いて、大怪獣を迎えにいかなければならない。なんか痩せそう・・・ 早く帰ってきてくれ>夫よ。 
[PR]
by oktak | 2006-02-14 04:15 | NY

新作追加&売り切れ作品についてのお知らせ

HPの英語ページに新作トートバッグ(小)6点をアップしました。数日前にアップしたポーチとすべてお揃いです。

なお、既に"sold out"となっております作品でも、素材が残っていれば新たにお作りすることも可能です。info@oktak.comまでお問い合わせください。
[PR]
by oktak | 2006-02-11 23:00 | 作品

Neue Gallery

d0011990_5211833.jpg


今月20日まで、Neue Gallery (86th St. & 5th Ave.)でエゴン・シーレ展をやっているので、今日行ってきた。シーレは大好きな画家の一人。

 大きな油彩画は少なく、スケッチ(チャコ画)が多かった。シーレに宛てられた手紙や、家族写真なども展示されていた。今日は丁寧に解説を読んだので、彼の短い生涯を知り、プライベートな背景と、作品を照らし合わせることができておもしろかった。

 しかしまあ、スケッチの素晴らしいこと!やはり天才。一枚一枚、見入ってしまった。筋骨の独特の描き方はあまりにも印象的だが、今日は洋服のひだや後れ毛の描き方にも、惚れ惚れとした。

 一枚、彼がまだ画学生だった頃に描いたスケッチがとりわけ印象に残った。一目見て、モデルは彼の母親だと分かった。顔の造作が似ているからというよりも、かすかに微笑んだその表情が、「母親」だったのだ。息子を見るまなざしだ、と思った。感動した。

 "Fashion Designs"という小さな作品群もあったが、100年近く前に描かれたとは思えないほどモダンで洗練されたデザイン画。シーレは、とんでもなくおしゃれだったに違いない。

 シーレの作品には、師クリムトの影響があちこちに見え、また、フンデルトワッサーなど後続のオーストリア人画家たちに与えた影響もはっきりと分かり、美術も他のすべての人間の創造物同様、人から人へ、世代から世代へと受け継がれていくものだと実感。

 1918年、世界中で猛威を振るったスペイン風邪に夫人共々倒れ、身重だった夫人の3日後に亡くなったという。28歳の若さ。もっと生きていたら、どんな作品を残しただろうか。

d0011990_5583465.jpg

ギフトショップで購入したオーストリア製ポストカード。

 
***

 夫が出張に出てから、今日で5日。今頃UAEからバンコクに移動し、さらなる時差ぼけと戦っているはず。こっちはこっちで、怪獣どもが風邪気味。夫不在の週末はいつも憂鬱だが、明日はyxmさんとMさんが遊びに来てくれる予定。楽しみ。
[PR]
by oktak | 2006-02-11 06:10 | NY

新作追加のお知らせ

HPに新作ポーチ5点アップしました。
[PR]
by oktak | 2006-02-10 08:43 | 作品