<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

reversible bib

今年最後のアップになるかな?

昨晩、リバーシブルの前かけをつくってみた。(あえてスタイと呼ばない。友人Eのブログでもかつて話題にのぼったのだが、語源不明で、なんとなくすっきりしないので・笑)

d0011990_427618.jpgd0011990_4272263.jpg












どちらの布もピンク・オレンジ・ブラウンの柄が入っているが、片方がドット、もう片方がストライプ。こげ茶のバイアステープで結ぶようになっている。

両面とも接着芯で補強、さらに間にフリースをはさんでいるので、ちょっと飲み物や食べ物をこぼしたくらいでは、裏面には染みとおらない。片面が汚れたら、くるりと返して、反対を表にしても。

おそろいのオムツ替えマット、哺乳瓶ケース、ポーチなども作って、セットでプレゼントにもできるようにしたいと思っている。

皆さま、良いお年を!!
[PR]
by oktak | 2005-12-31 04:33 | 作品

プレゼント

d0011990_4581252.jpg

クリスマス当日の朝早く、両親が日本に帰ってしまった。
慌しかったけれど、楽しかった2週間。子供たちも大喜びだった。

母からもらったプレゼント:猫の爪ブラシ。猫嫌いの人には、ただ不気味なだけであろうが、私は「かわいくなさがかわいい猫コレクション」に新メンバーが加わり、嬉しい。ありがとう。
[PR]
by oktak | 2005-12-27 05:04 | 日常

Happy Holidays!

d0011990_9373947.jpg

↑Rockefeller Centerのクリスマスツリー(from 5th Ave.)

 昨晩は、両親と3人で、"Sweet Charity"というミュージカルを観に行った。
 
 もう一度観ても良いと思えるほど、楽しんだ。初演は1966年、かの有名なBob Fosseがつくったミュージカルである。ダンスも歌も素晴らしかった。1960sのNYが舞台で、セット、衣装やヘアメークも楽しめたし、ニューヨーカーなら誰しもクスリと笑ってしまうようなジョークも散りばめられていて、久しぶりに贅沢な時間を過ごした。

 交通機関のストは昨日の夕方には終了したはずだったが、ミュージカルが終わった午後11時頃もまだ地下鉄やバスが動いている気配はなく、タクシーが乗客1人につき一律10ドルという滅茶苦茶なレートで、詰め込めるだけの乗客を詰め込んで走っていた。そんなわけで、ミュージカルの帰り、30分ほどかけて家まで歩いて帰ってきた。両親は、私より健脚なので、問題なし(笑)。

 途中、Rockefeller Centerの大きなクリスマスツリーを見学。クリスマスなんだなあ・・・と初めて実感。ショーケース参加が決まってからの2ヶ月は、何が何だか分からないうちに過ぎたので、あっという間に2005年が終わろうとしている感がある。

 どこにいる方も、楽しい年末年始を過ごされますように。
[PR]
by oktak | 2005-12-24 09:52 | NY

showcaseの写真

d0011990_4324628.jpg

d0011990_433335.jpg



d0011990_4332637.jpg









 ショーケースが終わってから、体調が悪くて倒れている。とはいえ、子供たちも両親もいるので、日中は普段通り動いているが。

 ショーケースの後処理や、グリーティングカードの発送(まだ書いてもいないが)、アパートの従業員たちへのチップの準備、荒れ放題のアパートの掃除など、やることは山のようにあるし、あと数日で帰国する両親に、少しは楽しいことをさせてあげたいという気持ちもあるのに、ままならず。子供が生まれてから一番変わったことといえば、何事も思い通りにはならないということを、骨の髄まで思い知らされたことであろう(笑)。
[PR]
by oktak | 2005-12-23 04:37 | 作品

HP未公開作品

HPで写真を公開していない作品がいくつかあるので、ここでご紹介。

どらやきポーチ4個(全部異なります)。
d0011990_265181.jpg

内側。
d0011990_272926.jpg


ターコイスのきのこをアップリケした赤いポーチは、実は赤いベルベットのミニバッグとお揃い。(ベルベットバッグの裏地と、きのこの柄が同じ)
d0011990_2105034.jpg

[PR]
by oktak | 2005-12-21 02:12 | 作品

バッグを持った写真

 何人かの方から、バッグのサイズがよく分からないので、実際に持った状態での写真を見せてもらいたいというリクエストがあった。そこで、ショーケース当日、お花のアレンジをお願いしたYさんにモデルになってもらって、いくつかのバッグを持ったところを撮影。ご参考になれば。左から、wooden handle bag, silk granny bag (mint), reversible book bag。


d0011990_1582024.jpgd0011990_1584124.jpgd0011990_1585954.jpg
[PR]
by oktak | 2005-12-21 02:02 | 作品

Showcase終了・その2

 下記の通り、ショーケースは無事終了したが、家庭は悲惨な状況に陥っている(爆)。まず、ショーケースの前々日に、息子発熱。前日に、娘発熱。初日に、夫倒れる。(普段「鉄人」と呼ばれているほど健康な彼だが、さすがにハードな出張から戻ってきて、そのまま連日の激務にダウンした模様。)そして昨晩、ショーケース終了後、私も喉が激しく痛み、風邪を引いた模様。

 日本からやってきた両親だけが頑張っているが、彼等もせっかく来ているというのに、私たち家族の世話で、この一週間ほとんど出かけられず。申し訳ない。

 ***

 話変わって。ショーケースが終わったので、まだ手元にある作品を、希望される方に販売したいと思います。近日中にHP上でも価格を発表したいと思いますが、ブログで一足先にご案内いたします。

★large tote (plum flower, marnie garden, pink flower, orange flowerは売り切れ) $110
★rectangular tote $105
★small tote (fuchsia lanternは売り切れ) $75
★patchwork flat bag $98
★aubergine flat bag $88
★reversible book bag $75
★large tie-knot bag (fuchsiaは売り切れ) $88
★velvet mini-bag $58-65(デザインによって価格が多少異なります。お問い合わせください)
★silk granny bag $65
★wooden handle bag $98
★ポーチ(タコス型) $26
★どらやきポーチ $16
(☆がま口類は売り切れです)

 日本にお住まいの方にも郵送可能ですが、大きいバッグ(large tote, rectangular tote)は送料が20ドル以上かかると思われます。その他のバッグは7-15ドル(ポーチのみの場合はさらに低価格)で郵送可能です。

  ご購入を希望される方は、info@oktak.com宛にメールをくださるか、ここにコメントをつけてくださいますよう、お願い申し上げます。
[PR]
by oktak | 2005-12-20 00:57 | ビジネス

Showcase終了

 2ヶ月間、目標に頑張ってきたFITのショーケースが終了した。

 大勢の友人や、ブログを通して知り合った方々にいらしていただいて、本当に嬉しかった。足を運んでくださった皆様のお一人お一人に、心からお礼申し上げたい。

 私自身にとって、ショーケースへの初参加は良い勉強の機会であり、いろいろな意味で「成功」だったと思う。お陰様で、初日の売り上げは、参加者全員の中で一番だったようだ。参考までに、oktak商品の中で一番人気だったのは・・・・ がま口。私の左隣でブースを開いていた、帽子作家のAnneが、いきなり3つゲット(笑)。その後も、私のブースを覗いてくださった方のほぼ全員が、がま口をチェック。「もっとないのか?」「同じ形で、もっと小さいサイズはないのか?」「布はどこで仕入れた?」等々、お問い合わせ多数&早々に売り切れ。うーん、こんなことなら、がま口30個くらい作っておけばよかった。

 二番人気が、large tote。私自身、自分の作品をいろいろ使っているが、この型を一番重宝している。売り切れてしまった柄の注文も入った。そして三番人気は、タコス型化粧ポーチ。生地は、plum flowerが一番人目を引いたようだ。その次がmarnie garden。基本的に、自分自身が最も気に入った型と生地の人気が高かったようで、参考になった。やはりあまり世間の流行に惑わされず、今後も自分が好きなものを追求していこうと改めて思った。

 このように、私自身にとっては実り多い体験であったが、ショーケース自体は、残念ながら「成功」とは形容しがたかった。PRがお粗末で、全体として来場者が少なかったのである。土曜日はそれでも300人ほどの来場者がいたようだが、日曜日は一日中人影がまばら(笑)。土・日ともに、先着50名様にプレゼントされる予定だった福袋、土曜日はあっという間になくなったが、日曜日は2時間ほどあったようだ(苦笑)。

 日曜日はあまりにも暇で、後半は展示者同士の立ち話に花が咲いた。(実はこれが意外に楽しかった。)右隣でブースを開いていた、刺繍クッション製作者のNaaziaとそのパートナーは、FITのPRの下手さにカンカンに怒っていた。メンズ用の帽子やマフラーをつくっているLisaも交えて、他のショーケースの話、中国産の品物との差別化、メディアへの売り込み方などについて、いろいろ話し合った。

 なにはともあれ、イベントは終わったのだ。良かったことも、悪かったこともあったが、どちらもしっかり反芻して、学びの機会としたい。これは、自分の夢を実現するための、最初の一歩にすぎないのだ。まずは、乾杯!そして、当日手伝ってくださったYさん、Nezmikさん、nomad Mさん、心からありがとう。

追記:Yさんがアレンジしてくださったお花が、お客様や他の展示者に大人気。バッグには目もくれず、お花に見とれていたお客様も(笑)。
[PR]
by oktak | 2005-12-20 00:36 | ビジネス

Showcase初日

d0011990_117135.jpg


初日終了!
今日、いらしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
詳細レポートはまた後日・・・
[PR]
by oktak | 2005-12-18 11:08 | ビジネス

最後まであたふた

 昨晩より、息子発熱。一晩中、寒いだの、頭が痛いだのとうなっていた。娘は娘で、何度も夜泣き。寝不足でフラフラ。

 息子、今日は学校を休む。午後には、娘が激しく嘔吐。その後は意外にケロッとしているので、こっちは風邪ではないのかも?
 
 怪獣が2匹ともこんな状態だったが、幸い今は怪獣使いが複数いるので(ジジババ)、なんとか最後の用事を済ませることができた。

 子供は突然体調を崩すので、母はとにかく余裕を持って仕事のスケジュールを立てなければならない。今回はなんとか準備が間に合ったが、今後の教訓としよう。
[PR]
by oktak | 2005-12-17 09:58 | 日常