<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

FITでのインタビュー

 昨日、Showcaseのインタビューのために、久しぶりにFITを訪れた。このShowcaseを主催するのは、FITのCreative Enterprise Centerという部門。面接室にいたのは、NancyとLaraという若い女性。

 最初に、こちらからShowcaseについてあれこれ質問した。なにしろこのイベント、ネットで情報収集を試みても何も出てこなかった謎のイベントである。一体どんな人が展示し、どんな人がやってきて、どんな成果があるのか、じっくり聞いてみたかったのだ。

 彼女たちによれば、このイベントは一昨年から年に一度開催されており、今回で3回目だという。初回と第2回は一日のみの開催だったので、週末2日間開かれるのは今年が初めて。前回は22人のデザイナーが参加、今回は24人を選ぶ予定。FITの広報部が主要産業紙・ファッション誌にプレスリリースを送る他、デザイナーたち自身が支給されるチラシを広く配布して宣伝、さらに当日はFITスタッフが路上に立って人を呼び込むという(笑・FITはマンハッタン有数のショッピング街の近くにあり、人通りはかなりある)。

 商品はさまざまだが、ジュエリー、洋服(メンズウェア含む)、ベビー用品、バッグ、Tシャツあたりは毎年出るらしい。各自プレゼンテーションを重視し、きちんとしたディスプレイをすることが求められるという。(野暮ったいディスプレイをしたデザイナーは、翌年から声をかけないと言っていた・・・)

 次に持参したサンプルを見せたが、二人は昨日アップした木の持ち手のバッグと、21日のフランネルのバッグを特に気に入ってくれた様子。(やはりシンプルな形のトートよりも、少し変わったデザインの方が、FIT受けするのかも。)すべての商品の価格と、12月までにいくつ用意できるのかを聞かれた。今後のビジネスプランについても。

 感触としては悪くなかったと思うが、結果はまだ分からない。来週中には返事があると思うが。とりあえず限られた時間で、できる限りのことはしたので、これで選ばれなかったとしても悔いはない。展示者としてでなくとも、是非このイベントには行ってみたいと思っている。
[PR]
by oktak | 2005-09-30 22:12 | ビジネス

本日の作品 その3: wooden handle bag

d0011990_6402140.jpg


 木の持ち手を使ったバッグ。中心にギャザーを寄せたかったこともあり、型紙づくりに苦労した。まあまあイメージ通り。

 幅は最大で40cm、中心の高さは20cm。マチはないが、左右にダーツを取った。表地のベースの色はプラム。その上にフューシャ、淡いペパーミント、オレンジ、黄色、淡い水色の花柄。中にフェルトを挟んだので、ふわふわの手触り。

 口はペパーミント色のベルベットのリボンで閉じるようにした。裏地には、表地に使われているのと同じフューシャのコットンツイルを使った。

d0011990_6455964.jpg


 本日完成した作品3つと、先週つくった作品2つを明日、FITに持っていく。
 あまりにも根を詰めたので、肩がバリバリ。明日はゆっくりするぞー。
[PR]
by oktak | 2005-09-29 06:47 | 作品

本日の作品 その2: rectangular tote

d0011990_6314383.jpg

 横長のトート。横17インチ×縦9インチ×マチ3インチ(約43cmx23cmx7.6cm)。

 表地はキャンバス。裏地は、浅草橋で仕入れた光沢のあるブラウンの生地。マグネットスナップで閉じる。持ち手は革。
[PR]
by oktak | 2005-09-29 06:39 | 作品

本日の作品 その1: extra large tote

d0011990_617847.jpg


 明日のFITでのインタビューに向けて、ここ数日間、必死でバッグをつくった。その結果、本日3つ完成。

 これはブログを始めて間もない頃、友人Hちゃんに依頼されたバッグ。
 学生に戻った彼女、PCや重たい学術書を入れられるバッグが欲しいというので、ある程度大きくなければならないし、かなりの重量に耐えられるしっかりしたものでなければならない。

 サイズは縦14インチ×横16インチ×マチ5インチ(約35.5cmx40cmx13cm)。表・裏ともにキャンバスのような厚手のコットン。表地はブラウン・ピンク・カーキ・クリーム色の花柄で、かなりユニーク。裏には、ブラウンの地にピンクの水玉模様の生地を使った。表・裏ともに超厚手の接着芯を貼り、さらにフェルトをはさんでしっかりさせた。

 内ポケットを両側に一つずつ付け、マグネットスナップで閉じるようにした。今回ちょっと工夫したのは持ち手。真ちゅうのD缶を縫いつけ、幅1インチの革をカシメで止めた。荷物の出し入れをするときに、持ち手を両側に倒すことができる。

d0011990_6275738.jpg


 これにおそろいのポーチをつけてあげたいと思っているが、それはインタビューの後につくる。(★というわけで、Hちゃん、近々NYに来ることがあったら手渡しするし、送った方がよければ送ります。乞連絡。)
[PR]
by oktak | 2005-09-29 06:31 | 作品

Little Italy

 今日は友人CさんとLittle Italyで会った。
 ↓Little Italyのチーズ屋さん@Grand St. between Mott & Mulberry。

d0011990_5514692.jpg


 NYに来たての頃、このあたりにはよく行ったが、ここ何年かですっかりさびれてしまった。以前は南方にのみ広がっていたチャイナタウンが拡大し、いまやLittle Italyを包囲し、どんどん侵食している。両国の人口の増減を象徴しているようだ。
[PR]
by oktak | 2005-09-27 05:58 | NY

FIT Designers Showcase

 数週間前、バッグづくりを学んだFIT(Fashion Institute of Technology)から、一通の手紙が届いた。12月17・18日に大学の構内で"Creative Enterprise Designers Showcase"が開催される予定で、過去または現在FITで学んだ/でいるデザイナーたちがそれぞれの作品を展示し、業界のバイヤー及び一般人に販売できるという。ただし、例年多数の応募者がいるため、まずは作品の写真と説明文を提出し、書類選考に通った者だけが、さらにインタビューに呼ばれるとのこと。

 手紙を受け取ったときは、Showcaseで販売できるほどたくさんのバッグをつくる自信もなかったし、そもそも締切日が迫っていたので、どうしようか迷った。しかし、真剣にバッグを販売しようと思うなら、Showcaseへの参加は面白い経験になるのではないか。FITのShowcaseに一体どれだけの人がやってくるのか不明だが、より広いマーケットの反応が、ある程度想像できるのではないか?

 結局、これまでにブログにアップした写真を少し編集して、説明文と共にFITに送ってみた。インタビューの一週間前になっても音沙汰がなかったので、だめだったのだろうと思っていたら、昨日FITから電話がかかってきた。来週木曜日、冬物のサンプルをいくつか持参してインタビューに来て欲しいとのこと。

 冬物・・・まだつくっていない(爆)。先週つくったバッグ二種(フランネルのリバーシブルバッグと、昨日のトート)はとりあえず持っていくとして、あと二種類くらいはできれば用意したい。

 一体どうなることやら。インタビューに呼ばれても、最終的に選らばれるかどうか分からないが、とりあえず目の前のチャンスには飛びついてみることにした。でもまかり間違って選ばれてしまったら、一体どうやって12月までにたくさんのバッグをつくるのか? ・・・ それは選ばれたときに考えることにする(爆)。
[PR]
by oktak | 2005-09-25 08:50 | ビジネス

large tote in Q print

d0011990_0153264.jpg

 しっかりしたキャンバス地でトートバッグをつくった。サイズは縦12インチx横15インチxマチ4インチ(30cmx38cmx10cm)。大きい"Q"がいくつも重なったようなプリント。9月下旬だというのにいっこうに涼しくならないNYではあるが(今年の9月は観測史上もっとも暑い9月だそうだ)、一応秋色の生地を選んでみた。


d0011990_0182425.jpg


反対側はこんな色→。気分や服装に合わせて、どちらの面を見せるかを決めてもいいかもしれない。







裏地にはやはり秋色のストライプを用い、内ポケットを一つつけた。マグネットスナップで閉じる。
d0011990_0221399.jpg

[PR]
by oktak | 2005-09-24 00:25 | 作品

reversible flannel bag

d0011990_6563958.jpgd0011990_6565962.jpg













 フランネルでリバーシブルのバッグをつくった。片方は少し黄味がかった渋めのグリーンの地に大きめの花柄、もう片方は同じグリーンのドット柄。持ち手は結ぶようになっており、好きな位置で結んで長さを調節できる。
 サイズは縦20cm、横35cm。マチはないが、左右にダーツを取ったので、荷物は十分入る。口はボタン&ループで閉じるが、花柄サイドには牛の角のボタン、ドットサイドには同じ布でつくったクルミボタンをつけた。
 これからの季節に、温かみのあるバッグがつくりたいと思い、素材にフランネルを選び、さらに中にフェルトを挟んだ。毛布のような、クッションのような手触りの、ふわふわのバッグである。

d0011990_6591341.jpg

[PR]
by oktak | 2005-09-21 07:05 | 作品

再会&Union Square Market

 大学時代の友人Hが、素敵な彼女を連れてNY旅行に来ているので、今日のお昼はGotham Bar & Grillで彼等と会った。Hは私の男友達の中では珍しくおしゃれで、芸術の話もできる貴重な存在。彼女も音楽関係のお仕事をしているそうで、趣味が合うカップルっていいな~としみじみ。

 彼等と別れてからUnion Square Marketへ。相変わらず花や野菜がきれい。
d0011990_4313874.jpg
























 いんげんとオクラ、そして買う予定がなかったこの↓花束を買って帰宅。
d0011990_4321774.jpg
[PR]
by oktak | 2005-09-20 04:34 | NY

green things

 「好きな色」というものを意識したことはあまりない。いろんな色が好きだから。
 でも、ふと見渡すと、自分のまわりにはグリーンのものが多い。

 洗剤や石鹸、シャンプーなどは、同じ商品でもカラーバリエーションがあることが多いが、私は無意識にグリーンに手が出る。

 
d0011990_2314569.jpg


 たまにグリーンがなくて、ブルーやピンクのものを選ぶと、なんとなく悲しい(笑)。
 お気に入りのリュックも、くつも実はグリーンだった。このブログの左上に載せた自作のバッグも。

 皆さんは何色がお好き?
[PR]
by oktak | 2005-09-17 02:35 | その他