<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日、帰る

 長かった夏休みもとうとう終わり。明日、NYに帰る。

 一昨日は、下の子の一歳の誕生日。昨日は実家に兄一家、妹一家も集まってくれ、にぎやかなバースデーパーティーをおこなった。

 パッキングに思いの他苦労している。私は、「旅の達人」を自負している(笑)。これまでに何度長距離のフライトに乗っただろうか。子供を産んでからも、何度も日米間を往復しているので、荷造りには慣れているつもりだ。でも、今回は荷物が多い。浅草橋で買い込んだプラ芯がネック(爆)。それに、下の子用に、日本製のアンブレラ・ストローラーも買ってしまった。(最近の日本のアンブレラ・ストローラーはすごい。超軽量で、しかもたたんだときに自立する!)しかし、なんとか午前中にはパッキングを完了するつもり。

 明日のフライトを考えると、今からストレスで胸が苦しくなる(爆)。機内では、自分は食事などできないかもしれないし(まず下の子が起きている間は無理)、トイレに行くのにも綿密な計画を立てなければならなさそうだ(笑)。とにかく頑張るしかない。

 NYに辿り着いてからも、下の子の時差ぼけとの格闘が待っているが、体力を回復したらまたここに書き込みたい。

 
[PR]
by oktak | 2005-08-28 09:42 | その他 | Comments(5)

がま口&ポーチ

 山に滞在している間に、おそろいの小さいがま口(お財布)と、四角いポーチをつくった。

d0011990_9204039.jpg


 長年、イギリスで買ったLibertyの化粧ポーチを愛用していたのだが、とうとう底が擦り切れてきてしまったため、これは自分用につくった。サイズは横16cm、高さ10cm、マチ6cm。わずかな化粧品しか持ち歩かない自分には、ぴったりのサイズ(笑)。

 山には当然ミシンがなかったので、手縫い。

 
[PR]
by oktak | 2005-08-25 09:22 | 作品 | Comments(8)

夏の終わりの山

d0011990_1085681.jpg
 再び長野を訪れている。前回来たときとは、咲いている花が少し違う。もうすぐ夏も終わり。
[PR]
by oktak | 2005-08-21 10:08 | 里帰り | Comments(2)

日本で必ず買って帰るもの

 日本滞在もあと一週間ちょっとになった。長い、長い夏休み。居候する方は楽だが、娘と怪獣二匹が転がりこんできて、生活のペースを完全に乱された両親は疲労しているに違いない。特に母は、三度の食事の支度に、大量の食品の買い出し、三倍くらいに膨れ上がった洗濯物の処理、やたらに汚される家の掃除、そして二匹の遊び相手と、大変な重労働を課されている。(課しているのは、この私)おまけに朝早く子供らが起きるので、うるさくて寝坊もできない。二ヶ月の滞在は両親にとってはちょっと酷だったかな~、と今さらながら思う。我々が帰ったら、ゆっくりしてください>父母。

 ところで、よく日本に住む知人から、「海外にいる人にどんなお土産を持っていったらいいだろうか?」と聞かれる。「海外」と言っても住んでいる場所にもよるし、当然その人の嗜好にもよるのだが、自分が日本に帰ると必ず買って帰るものを書き出してみる。

雑貨類:
 こするだけで水垢すっきり!の白いスポンジ、天ぷらガード、風呂場洗い用スポンジ(アメリカのスポンジはすぐボロボロになる)、使用済みの油を固める粉末、文房具(消しゴム、シャーペン、ノート、カッター等。日本のものの方が絶対に優れている!)。

食品:
 乾燥させた海藻類、ふりかけ、鶏カガラスープの素、ごま塩。お茶・だしの素は、日本からやってくる知人が必ずと言っていいほどお土産に買ってきてくれるので、自分では買わない。今回はおいしい「塩」を必ず買って帰る予定。(NYに住む友人が、日本で買って来たという「深海の塩」でつくったドレッシングをからめたサラダをご馳走してくれたのだが、これが信じられないくらい美味だったのだ。塩でこんなに味が変わるものかと感動。)
 荷物に余裕があれば、せんべいや月餅などのおやつ類も。人様からいただくなら、案外日本製の洋菓子が嬉しかったりする。「欧米に住んでいる人に洋菓子?」と思われるかもしれないが、アメリカには繊細な味の洋菓子はない(断言)。その証拠に、NYの高級デパートSAKSの贈答用菓子売り場でも、ヨックモックが売られていた。

衣料品:
 UNIQLO製品。これだけ安くて高品質のものは、アメリカにはないと思う。主に洋服に無頓着な夫の服(爆)、子供のTシャツ、下着類を購入。近々NYにも進出するようだから、楽しみにしている。

書籍:
 だいぶ安く手に入るようになったとはいえ、やはり日本の本や雑誌を海外で買うのは高い。夫がおもしろそうな新刊書を選び、私は最近もっぱら実用書を買う。雑誌ならオレンジページ・・・完全に所帯じみている(T T)。日本からのお土産、何が嬉しいってやっぱり雑誌・本である。

 
[PR]
by oktak | 2005-08-20 10:12 | 里帰り | Comments(4)

浅草橋探検!

 浅草橋はバッグの資材がすべて揃う問屋街である。昨日、念願かなって、このバッグ職人の聖地(?)を訪れた。ワーキング・マザーのためのサイト、ムギ畑を通して知り合った、手作りを趣味とする女性たちの中で、浅草橋に職場があるOさんが、問屋街を案内してくれた。実はOさんとは昨日初対面であったにもかかわらず、会社の自転車を貸してくれ、二台で浅草橋を疾走した。この暑さの中、あちこちに散らばるお店を歩いて回るのは大変だっただろうから、本当に助かった。深謝。
 
 昨日回ったお店を紹介する。

角田商店: あらゆるバッグの資材を扱う。昨日購入したのは、マグネットスナップ、各種ガマ口、ナスカン、Dカン、プラ芯(これが重かった・・・)。あんまり買ったので、サービスにファスナーを10本ほどつけてくれた(笑)。

三洋商会: 主に金具類を扱う。昨日は何も買わなかったが、使えるお店だ。

K-ファスナー: 主にYKKのファスナーを扱うが、他に帆布、綿・ナイロンテープ、糸類なども販売。布数種類とバッグの持ち手に使うビニールテープを購入。

SUNさくらや: 主にバッグ用の布を扱う。ここで裏地用に無地の布を数種類購入。

 ここまで回って、ランチにする。「えん」というお店に、Oさんの他、ムギ畑てづくり倶楽部部員4人がかけつけてくれる。

 午後はOさんは仕事に戻り、代わって半休を取ったというUさんと一緒にビーズショップ巡り。大手ビーズショップの貴和よりも、小さいお店が安くて変わった品物を置いていた。Beads Shop J4で何種類か購入。魅力的だったのは古い和布をクリアのプラスチックでくるんだ「古布玉」だが、これはバッグにちょこっと使うには高すぎたので買わなかった。アクセサリーにしたら楽しそうだ。

 もう少し時間があれば、もっとゆっくり各店を見て回りたかったが、仕方がない。これでも両手がちぎれそうなほど、買い物をした(笑)。駅から実家までの帰り道、きつい上り坂があるので死にそうだった。今日は両腕が筋肉痛(爆)。あ~、楽しかった。
[PR]
by oktak | 2005-08-10 10:04 | 里帰り | Comments(3)

山の草木・2

自然の中には、デザインのインスピレーションがいっぱい。
d0011990_8205192.jpg
d0011990_8214231.jpg


d0011990_8221975.jpg

この萩の木を見て、モネが描いたリラの木の絵を思い出した。
[PR]
by oktak | 2005-08-06 08:26 | 里帰り | Comments(2)

山の草木

d0011990_8563676.jpg


d0011990_8571095.jpg












 一昨日から長野県の美ヶ原に来ている。標高1500mのここは涼しく、瑞々しい緑が溢れている。怪獣たちは大喜びで走り回っている。

d0011990_8574119.jpg

[PR]
by oktak | 2005-08-04 09:00 | 里帰り | Comments(0)