<   2005年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

FIT講座・四週目

 昨晩はFITでのマーケティングの授業最終回。生徒がそれぞれの作品(商品)を発表し、売り込み先やルートについて皆で議論することになっていた。講師のTinaが最初の発表者を募ったところ、普段積極的な皆、しーーーん・・・。やはり自分がまな板の鯉になるのには、さすがの彼女たちも勇気がいるのか。30秒ほど妙な沈黙が続いたので、思い切ってトップバッターに立候補。刺繍のフレームバッグを見せた。(単に小さいから持っていくのが楽だったので)

 「作るのにどのくらいかかった?」「卸売り価格はいくらにするつもり?」「中国産の安い刺繍のバッグとどう差別化するの?」「主にブティックをターゲットにしてるの?」「ブライダル・マーケットがいいよ」と、矢継ぎ早に質問やコメントが飛び交う。既に考慮済のポイントが多かったが、「ブライダル・マーケットを狙う」というのは、ちょっと新しい視点だった。私にはよく分からないのだが、アメリカのブライダル・マーケットの規模は巨大らしい。日本の比ではない。それに、花嫁本人とその家族(母親や姉妹)が持つバッグの他、ブライズメイドにも揃いのバッグを持たせることもあるそうで、しかも結婚というめでたいイベントのため、価格はかなり高く設定しても誰も文句を言わないらしい(笑)。唯一の問題は、白か淡い色彩、モダンであっても上品なデザインに限定されることである。それはちょっと・・・つまらない(爆)。

 私が進んで恥をさらした(?)ので、皆いつもの元気を取り戻し、後に6、7人続いた。二ヶ月かけて一着縫い上げるという、スーダン出身のイブニングドレス製作者。シルクにさまざまな絵を手描きしたり、無数のビーズやスパンコールを縫い付けるという繊細さ。本国に作業場を持ち、既に中東では知名度の高い人らしい。サウジ王家にも納品したと言っていた・・・。和紙のような古紙でアルバムやノートなどのステーショナリーをつくっている、中国系の女性。アルゼンチン産のちょっとパンキッシュな洋服を売り込むためにNY入りしている、モデルのようにかわいい女性。政治的なメッセージをプリントしたTシャツを販売しようとしている、「熱い」女性(笑)。皆の作品と夢に触れ、とても楽しかった。

 でも、作品を持ってきたのはクラスの3分の1程度。残りの人は、まだ売るものさえなく、完全な構想の段階にあるようだ。

 作品発表が終わると、最後に価格設定の公式を教わった。自分一人で作品をつくっている人間は、労働費をどう計算すればよいのかという質問があった。Tinaの答えは、"ask yourself if you'd be comfortable hiring someone else for that rate"であった。なるほど、自分の工賃というと、ついつい低く設定しがちである。でも、果たしてその値段で誰かに同じ労働をさせられるか?というと、答えは大抵noである。ということは、適正なコストを計上していないことになる。価格設定は難しい。街を歩いて、他のバッグの値段を勉強しなさいとも言われた。

 わずか4回の授業であったが、学ぶことが多かった。受講者の間には、同士のような連帯感すら生まれたと思う。最後に全員のメールアドレスのリストが配布された。
[PR]
by oktak | 2005-06-29 22:32 | ビジネス

修羅場脱出

 この週末は、あごが紫色になり、下唇が腫れあがった息子と、体調が悪くて夜中30分置きに泣いて起きる娘と、アパートに閉じこもって過ごした。夫婦そろって寝不足で、朦朧としたまま月曜の朝を迎えた。
 
 しかし今朝、息子はほぼ一週間ぶりに学校に出かけ、娘はまだ体調が悪くてぐずぐずしているものの、熱は下がった。今晩は眠ってくれると良いのだが。最悪の事態は脱したと思う(いや、そう願う)。今日は一週間ぶりにベビーシッターさんが来てくれたが、彼女がまるで天使のように見える。ありがたや~。

 帰国前の最後のチャンスなので、総領事館に出かけて英文の婚姻証明書を取得、その足でまたまたSocial Security Officeへ。なんと3人しか待っていなかった!!嬉しさのあまり呆然とする(笑)。10分ほどで私の番になった。領事館でもらってきたばかりの婚姻証明書他、必要書類を提出。SS Officeに足を運ぶこと4度めにして、無事受理された!!(T T) 感涙。実際カードが届くのは2週間後だというから、まだ安心はできないが(なにしろ、ここはアメリカ)。

 帰国はもう4日後に迫っている。いくつか買わなければならないものが残っていたので、急いで買い物を済ませる。そんな折、ドラッグストアでかわいいピン留めを見つけたので買った。最近、娘の前髪が伸びてきて、すだれのようになりつつあるので、小さいピン留めを探していたのだ。くまとうさぎのピンはまだ大きすぎるが、愛嬌たっぷりの表情と色合いに惹かれてついでに買ってしまった。女の子はいいな~(しみじみ)。

d0011990_552791.jpg

[PR]
by oktak | 2005-06-28 05:08 | 日常

blue granny bag

d0011990_2332962.jpg


 ロイヤルブルーの地に白の模様が入った布で、グラニーバッグをつくった。サイズは縦21cmx横32cm。左右の底にダーツを入れたので、物を入れるとぽっこり膨らむ。真っ白のシェルのボタンで閉じるようにした。

 一昨日より上の子が高熱を出している。今日も学校を休んでいるので、私も下の子も動きが取れない。外は快晴だが、3人でアパートに缶詰である。今週はいろいろ予定が入っていたのに、急遽すべてキャンセル。子供の急な病気で、予定変更せざるを得ないことの、なんと多いことか。相手にも申し訳ないし、自分も残念。子育ては一に忍耐、二に忍耐。
[PR]
by oktak | 2005-06-24 02:37 | 作品

FIT講座・三週目

 昨晩の講義では、SCOREという非営利組織のアドバイザーがゲストスピーカーとして登場した。SCOREでは、あらゆる業界での勤務経験を持つ退職者がビジネス・アドバイザーとなり、これから起業しようとする人々の相談に無料で応じている。昨晩講義をしてくれたのも、ランジェリー産業で長年働いていたという、Maxという物腰の柔らかい白髪の男性だった。

 Maxは、ビジネスプランの書き方、金融機関からの融資の受け方、会社設立の手続き、材料の調達方法など、「起業のいろは」を教えてくれた。大変ためになった。

 講義の内容もさることながら、SCOREのような組織があることに感動した。退職した、経験豊かな人々が、これから夢を実現しようとする人々に、持てる知識を無償で提供する。果実が大地に落ちて次の世代の誕生をもたらすように、人も世代から世代へと、知識や経験を自然に受け渡していけたら、なんと素晴らしいだろう。

 日本にもこのような組織はあるのだろうか?60代後半に見えたMaxだが、今の仕事をとても楽しんでいるように見えた。彼を含む50人ほどの退職者が、毎日入れ替わりSCOREのオフィスに出かけ、10:00amから2:00pmまで相談を受けているらしい。

 講義後半は、Tinaがバイヤーへのアプローチの仕方を教えてくれた。初めて小売店に電話をかけるときの会話のシミュレーションをしてくれ、どうやってアポを取るか、どんな情報を提供するかを学んだ。

 ところで私のプレスリリース、ずいぶん直されていた(笑)。文章を書くとき、無駄を省くよう注意しているつもりなのだが、「まだこんなに無駄があったのか」と気付かされ、とても勉強になった。英語の文章は書きなれている方だと思っていたが、まだまだ修行が足らない(笑)。
[PR]
by oktak | 2005-06-23 06:32 | ビジネス

SBDCでの起業相談

 昨日、ニューヨーク州立大学が運営するSBDC (Small Business Development Center)で無料の起業相談をおこなってきた。場所はLexington @24th St.のBaruch College内。相談の申し込みはSBDCのウェブサイトでできる。

 ビジネススクールを出たてのように見える、Ulasという男性が担当アドバイザーだった。前の晩に付け焼刃で用意したビジネスプランを持って、ネットショップの開設と運営についてあれこれ質問してきた。結果、今の私の状況で、アメリカで起業するメリットは少ないと見た。今後10年、いや5年でも、このままNYに滞在するつもりならやってみる価値はあると思うが、帰国を視野に入れているのであれば、最初から日本で起業した方が、あらゆる面で楽である。

 難しいのは、日米両方の顧客を対象にすることである。どこに口座を開設し、決済をどう行うか。税金をどこに申告するのか。日本で起業するにしても、アメリカで起業するにしても、もう一方の市場にアクセスするのは容易ではない。

 昨晩は事業を展開する方法をあれこれ考えていて、よく眠れなかった。

 今朝、いつもの通り5:30amに下の子に起こされたとき、上の子も起きてしまったのだが、高熱を出していた。(T T) 今日はキンダーガーテンの卒業式だというのに。すぐに解熱剤を飲ませたところ、8時頃にはかなり熱が下がっていたため、卒業証書の授与式のみ参加させることにした。一家で出かけて、セレモニーが終わった10時に全員で帰ってきた。

 今晩はFITの講座。毎日目が回るほど忙しい。
[PR]
by oktak | 2005-06-22 01:08 | ビジネス

親子バッグ

d0011990_1335011.jpg


 おそろいの布で、大きめのトートバッグと、幼児用の小さなリュックをつくった。
 大人用のトートは、縦12インチx横11インチ(口回りは15インチ)xマチ4インチ(30cmx28cmx10cm)、持ち手は革。裏地は渋めの薄紫のグログランに似た生地で、内ポケットが一つ。
 幼児用のリュックは、縦20cmx横20cm、肩紐は綿テープ。

 写真では光の加減で生地の色合いが分かりにくいが、きれいな淡い紫に、白・ブルー・グリーンの花とペイズリーがちりばめられている。

 
d0011990_1363289.jpg

[PR]
by oktak | 2005-06-19 01:38 | 作品

猫好き

d0011990_9325732.jpg 私はいわゆる動物好きだ。中でも猫が一番好きだ。

 人間は「犬派」と「猫派」に大別できると思っているのだが(独断)、この分類、血液型なんかよりはるかに性格を表していると思っている。(ではそれぞれどういう性格なのかというと、言葉に詰まるが・笑)

 バッグの材料を探しているときも、猫をモチーフにしたものに自然と目が行く。
 
 チェロを弾く黒猫のボタンは、一目惚れ。私はキジトラと黒猫に特に弱い。この「可愛くなさ」がたまらなく可愛いのだ(意味不明)。

 下のフリースは先月ebayで見つけて、即入札した品。なんか色合いが悪趣味とキッチュの中間だが(爆)、このレトロな子猫柄は見逃せなかった。さてこれで何をつくろうかな。

d0011990_9372554.jpg

[PR]
by oktak | 2005-06-17 09:43 | その他

FIT講座・二週目

 昨晩はまたMarketingのクラスがあった。前半はショールームの機能についての説明があり、ショールームに商品を置いてもらうことのメリット・デメリットについて議論した。ショールームとはまさに展示場のようなもので、複数のデザイナーの作品を置いて、sales repがデザイナー本人に代わってバイヤーに売り込んでくれる場所。ショールームは代金の10-15%の手数料を取る上、「場所代」も別途徴収するらしく、講師のTinaは、ショールームを利用する際はとにかく慎重に、とのアドバイスをくれた。

 昨晩はJames Gironeという、子供服産業のリサーチャー兼プロモーター(彼の職業を一言で表すのは極めて困難)がゲストスピーカーとして登場した。ごま塩頭でよく見れば年季の入った顔なので、50才くらいなのかもしれないが、スリムな身体にTシャツとジーンズといういでたちで、しかもエネルギーいっぱいなので、とても若々しく見えた。彼が「無料でパブリシティを得る方法」について講義してくれた。

 おもしろかった。先週の宿題のプレスリリースを、何人かが発表、それを彼が批評した。とても参考になった。いやしかし、皆のプレスリリースにも笑った。売り込もうとする商品の説明に吹き出したり、完全なフィクションに笑ったり("Sarah Jessica Parker が愛用!"など)。

 プレスリリースは、いきなりVogueやIn Styleで取り上げてもらおうとするのではなく、まずはtrade magazines(産業誌)を狙えと言われた。Vogueなどメジャーな消費者向け雑誌の編集者も、必ず産業誌には目を通しているからだ。産業誌は、各分野につき何種類か出ているそうで、昨日は参考までに子供服の産業誌をもらってきた。私の場合は、accessories系の産業誌をあたることになる。

 私のプレスリリースは、Tinaに提出してきたので、来週コメントがもらえると思う。ちょっとドキドキ。まるで中学生に戻ったみたい(笑)。
[PR]
by oktak | 2005-06-15 22:35 | ビジネス

前途多難

 就労許可が下りたので、昨日はSocial Security cardを申請しに出かけた。このオフィス、新規申請用の窓口は一つしかなく、いつも長蛇の列である。その上、一人の書類を処理するのに5分から10分かかるので、20人いるとすると2時間半はかかる。幸い昨日は早く到着したためか、4人しか待っていなかった。(私の後にはすぐに10人ほど並んだが)

 実はSocial Secutiry Officeを訪れるのはこれで3回目だった。最初は労働許可が下りる前で、そのときは私が労働許可を得ない限りは夫にしか発行できないと追い返された。次に行ったときは、20人ほど並んでいたため、時間的に無理と諦めた(ベビーシッターさんが帰る時間までに終わらないと思ったのだ)。そして昨日。20分ほど待って私の番になったのだが、「ok(私の旧姓)とtak(私の新姓)が同一人物だと示すIDを出せ」と言われた。私が結婚したのは9年も前のこと。旧姓のパスポートも免許証も今はないし(日本の実家で探せばあるかもしれないが)、アメリカで結婚したわけでもないので、婚姻証明書もない。事情を説明しても、聞く耳持たず。またしても追い返された。

 結局、夫実家で戸籍謄本を取ってもらい、それを郵送してもらい、NYの日本国総領事館に行って英語の婚姻証明書を発行してもらい、それを持ってまたSocial Security Officeに出向かなければならないのだ。私が自由の身だったら、たいした手間ではないのかもしれないが、外出する度に子供の預け先を確保しなければならない身にとって、これは大変な手間なのだ。子連れで行くという選択肢は、ない。以前それをやって、死にそうに疲れたことがあるからだ。

 さらに、昨日はもう一つがっかりすることがあった。頼もしいベビーシッターさん、今後は週2回しか来られないという。ガーーーーン。週3日でも足りないと思っていたのだが、彼女にも都合があるのだから仕方がない。が、この先ますます忙しくなることを考えると、対策を講じなければならない。

 今晩はまたFITのクラスだが、最近毎朝5時半に起こされるので眠くて仕方がない。宿題のプレスリリースをもう一度見直して、今のうちに家族の夕飯をつくっておかなければならない。
[PR]
by oktak | 2005-06-14 23:01 | その他

small oilcloth totes

d0011990_2241633.jpg 友人に依頼されたビニール製トートバッグ2個をつくった。サイズは彼女の希望通り、縦10インチx横8インチxマチ4インチ(25cmx20cmx10cm)。底を安定させるために、厚手のチップボードを入れた。
 小さいお子さんのグッズを入れたり、一緒にお出かけするときに使う予定とのことで、水玉の方の裏地には、赤地に動物の柄が入った生地を使った。赤いフルーツ柄の方の裏地には、表が派手な分、少し地味目の紺x赤x白の細かい柄を合わせた。


d0011990_22462851.jpg
[PR]
by oktak | 2005-06-13 22:49 | 作品