<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ロス旅行

 昨晩、ヨレヨレになってロスから帰宅した。
 空港からのタクシーの窓からマンハッタンの夜景が見えたときには、なんともいえない安堵感に包まれた。

 やはり、赤ちゃん連れの旅行は大変だった。
 「国内旅行」とはいえ、片道6時間、時差3時間の場所である。(アメリカは本当に広いと実感。)この時差、たかが3時間、されど3時間で、なかなか不便であった。子供らは毎晩6時くらいには眠くなり、朝は5時から目がパッチリ、外は真っ暗なのに「お腹すいた~」の大合唱である(下の子は泣くだけだが)。

 ドライブをすれば下の子は眠るが、上の子は退屈し、車を降りて散歩すれば、上の子は満足だが下の子は落ち着いて眠れずご機嫌斜め。ご飯→トイレ→お茶→トイレの繰り返しで、観光どころではなかった。

 それでも、せっかく行ったのだからと頑張ってあちこちを回った。
 昔私が住んでいたSan Marinoという町は、相変わらず緑あふれる閑静な住宅街であった。町の中心にあるHuntington Library & Botanical GardensではEnglish Teaを楽しむことができ、ちょうどバラが満開の美しい庭園を少し散歩することができた。d0011990_1132634.jpg

 ここにはたくさんの砂漠の植物を集めたDesert Gardenもあり、スケッチブックを持っていけばよかったと思うほど、デザイン的におもしろい草花がそこかしこにあった。途中、ロスには珍しく大雨が降り始め、写真を撮ることもままならず、退散せざるを得なかったのが非常に残念。
d0011990_114675.jpg

 子連れ旅行でははずせないディズニーランドや、夫がどうしても見たいという巨大なWind Farm(風力発電のための風車が何千基も集中して立てられた場所)があるPalm Springsにも足を伸ばした。
 
 最後の日にはダウンタウンを散策したが、LA発祥の地と言われるOrvela St.がおもしろかった。ここは18世紀後半にメキシコからの移民が住みついた一角だそうで、今はメキシコ産のあらゆる土産物を売る観光地になっている。19世紀の建物をそのまま利用したレストランや、キッチュなおもちゃやアクセサリー類を売る屋台が立ち並び、一瞬どこにいるのか分からないような感覚にとらわれた。
d0011990_11959100.jpg


 全体として、ロスは生活しやすそうな印象を受けたが(人がNYよりはるかにフレンドリーだし、物価は安いし、どこへでも車で行けるし、気候は良いし)、文化的には面白みに欠けるような気がした。もちろん、NYにあるようなしゃれたブティックやレストランはLAにもたくさんある。美術館やコンサートホールだって立派なものがいくつもある。またBeverly Hillsなどの町並みは、夢の世界に迷い込んだかと思うように整っていた。でも、四季が曖昧で、全体的に乾燥した気候のせいなのか、歴史の浅さのせいなのか、LAでは創作意欲が今ひとつ刺激されないような気がした・・・私だけのおかしな感覚かもしれないが。
 
 旅行の途中、疲労のためダウンしてしまった。今週末はのんびりと家を片付けながら過ごしたい。
[PR]
by oktak | 2005-04-30 01:33 | その他 | Comments(4)

big oilcloth tote

 義理の姉に依頼されたビニールのトートバッグをつくった。サイズは彼女が指定した通り、高さ40cm、幅35cm、マチ10cmである。表はギンガムチェックとフルーツ柄の二種類のビニールを使い、裏地には写真のような、あひるの子と金魚鉢柄のビンテージ風コットンを合わせた。表にはアクセントに一つポケットをつけた。ビニールの裏には薄手のフリースを貼り、全体を工業用ミシンで縫って、ある程度丈夫にしたつもりである。
 ビニールは柄の選択肢が少ないので、依頼主の好みに合うかどうか分からないが、キッチュな味があって自分は好きである。
d0011990_154724.jpg
裏に使った生地。
d0011990_1543491.jpg

 










 明日から一週間ほど、ロスに旅行する。来週はNY市の公立校の春休みなのである。
 ロスには子供の頃、数年間住んでいたことがあるので、再訪するのが楽しみである。
 
 次回のブログ更新は29日以降になると思う。しばしNYとお別れ。
d0011990_2145139.jpg

[PR]
by oktak | 2005-04-23 01:57 | 作品 | Comments(4)

道具たち

 ダウンタウンのPearl River Mart (477 Broadway near Broome St.)で買ったピンクッションを使っている。多分日本でも、中国雑貨を売る店にはあるだろうと思われる、定番針山。必死にクッションを支えているように見える小人たちに惹かれて買った。d0011990_2525494.jpg
 が、最近このクッションに刺している針が錆びついてきた。中が化繊綿なのかもしれない。てづくり好きなネット友達たちに聞くと、コーヒー豆を挽いたものや、米ぬか、ゴマなど、油を含むものを中に入れてクッションをつくればよいとのことである。
 夫はコーヒー好きで毎朝豆を挽くので、今朝の残りは取ってある。これをよく乾燥させて、クッションを作ってみよう。

 これは家庭用ミシンの方。きわめてベーシックな機能しかない、安いシンガーである。左に見えるのは、私の裁縫箱。プラスチックの工道箱を使っている。Container Store(6th Ave. @ 17th St.だったかな?)で$9.99なり。 d0011990_2543354.jpg 


 今日も良い天気だ。昨日は突然夏が来たかと思うような暑さだった。衣替えをしなければならないが、大仕事なのでなかなか腰が上がらない。
 あと少ししたら、広げた布類を片付けて、上の子を迎えにいかなければならない。
[PR]
by oktak | 2005-04-22 03:00 | その他 | Comments(5)

small bag with soft handle

 Kaffe Fassetの生地を使って、小さなバッグをつくった。縦22cm、横24cm。マチはないが、左右にダーツを取ったので、底には丸みがある。ハンドルは、ふかふかの紐に布を巻いてつくった。内側の生地は紫、ポケットは一つ。マグネットスナップがついているが、さらに口部分に紫のグログランリボンを縫いつけ、結べるようにした。
 Kaffe Fassetは、もう一人の好きなテキスタイル・デザイナーである。彼のデザインはとにかく色鮮やかである。カラフルな生地が好きな私でさえ、ちょっと引いてしまうほど派手なデザインもあるが、この変形水玉模様はお気に入りである。
 最初につけたハンドルの長さがどうにも気に入らなくて、ほどいて新しいハンドルをつくってつけ直した。そのため、やたらに時間がかかってしまった。
d0011990_0223373.jpg

[PR]
by oktak | 2005-04-21 00:26 | 作品 | Comments(4)

労働の値段

 ここのところ明けても暮れてもバッグを作っているような気がするが、どんなに頑張っても一日に一つしか作れない。私の場合、二人の子供を保育園に預けているわけではないので、自分の仕事に費やせる時間はきわめて限られている。特に昨年下の子が生まれてからは、ベビーシッターさんが来てくれている時と、子供が寝静まった後だけが「自分の時間」である。

 そこで考えてしまうのは、バッグ一つ当たりにかかる自分の労働のコストである。昨日アップしたポーチは、型紙づくりから完成まで、3時間はかかっただろうか。まずデザインと寸法を決め、それに基づいて型紙をつくる。(型紙はきちんとつくると、こんなに単純な形のポーチでも8枚必要である。それを厚いパターン紙をナイフで切ってつくる。)使う布すべてにアイロンをかけ、型紙を置いて裁断。場合によっては接着芯を貼り、さらにフェルトを貼ってしつけ。それからパーツを縫い合わせていく。その都度、チマチマとアイロンをかける。面倒でも各工程でアイロンをかけないと、なんとも素人くさい出来になるのである。

 FITのコースでは、製品の価格の設定の仕方についても学習した。その際、当然労働コストを考えねばならぬわけだが、先生が使ったモデルケースで、そのコストは$1.25になっていた。COACH製品の大半は中国産である。そして中国の労働力は安い。バッグ一個当たりにかかる労働費用は、実際こんなものなのかもしれない。
 一方、私の一時間の労働はいくらなのだろう?ニューヨーク州の最低賃金は、2005年4月現在$6.00である。(来年1月1日には$6.75に上がることが決まっているらしい。)最低賃金で計算しても、3時間かかれば18ドルである。出来上がったバッグの値段を決めるには、これに材料費や光熱費などその他の経費を足さねばならない。すると、なんともお高いポーチになってしまうではないか!

 こうして考えると、自分で作った品物を販売する道は険しい。最低賃金以下で働く覚悟をするか(笑)、製作工程を効率化するかのどちらかしかなさそうだ。もちろん、一度つくった型紙は何度でも再利用できる。型紙から起こさずに済めば、それだけ製作にかかる時間も短縮される。また、同じ型・同じ生地のバッグを複数まとめてつくれば、やはり労働時間は短縮されるはずである。
 しかし、結局価格の面では、中国で大量生産されるバッグにはかなうはずもない。NYの路上では、一個5ドルで革のバッグが売られている。結局、この5ドルのバッグでは決して得られないセンスと満足感を提供する、粋な作品を作っていくしかなさそうである。
[PR]
by oktak | 2005-04-20 09:11 | ビジネス | Comments(6)

small pouch with ladybug button

 赤X白の小さなポーチを作った。サイズは縦10cm、横14cm、マチ4cm。ファスナーには先日買ったてんとう虫のボタンをつけ、ファスナーの両脇のタグには水玉のグログランリボンを使用した。バイアスはギンガムチェックを斜めにして作成、内側にも同じギンガムチェックを使った。

d0011990_0104252.jpg



d0011990_013853.jpg


 
[PR]
by oktak | 2005-04-19 00:15 | 作品 | Comments(4)

snack bag

 NYでもようやく桜が満開になった。

 今日もすばらしい天気。上の子は、冬の間ずっとベランダで眠っていた自転車に乗って、夫とセントラルパークに出かけた。今日は下の子がコンコン小さな咳をするので、私はまた留守番していた。
 数日前につくりはじめた巾着袋を完成させた。サイズは縦22cm、横18cm、マチ6cm。外出時に子供のおやつを入れようと思うが、何にでも使えそうだ。子供用なので、楽しい袋が作りたくて、手持ちの布をいろいろ合わせてみた。色違いで二種類。黄色・ブルーのものは、ひもの代わりにブルーのグログラン・リボンを通した。
 また新たな一週間が始まる。

d0011990_9371187.jpg

 
[PR]
by oktak | 2005-04-18 09:39 | 作品 | Comments(2)

春の一日

 連日、快晴である。
 先週末は子供が熱を出してずっと家にいたが、今日は皆で35th St.のHan Batでお昼を食べ、その後40th-42nd St.のBryant Parkまで散歩した。途中、ビーズショップのToho Shoji(36th & 6th Ave.)、M&J Trimmings (38th St. & 6th Ave.)に寄って、ビーズをファスナーにつけるためのT-pinと、グログラン・リボン3種を購入。d0011990_515552.jpg

 Bryant Parkにあるメリーゴランドには味がある。小さいのだが、馬にまぎれて、カエル、うさぎ、猫、鹿がいる。子供のお気に入りはカエルだが、今日はうさぎに乗ってご機嫌。
 Bryant Parkではピンクのチューリップ、黄色の水仙、紫のヒヤシンスが咲き乱れていた。


 Park隣のNew York Public LibraryのLionたちも、花に囲まれて嬉しそうだった。
d0011990_5161579.jpg
[PR]
by oktak | 2005-04-17 05:24 | 日常 | Comments(0)

ブランドネームとロゴ

 臨月に入った妹、大きいお腹で頑張ってくれている。
 作品につけるブランドネームは、決定。英語でも日本語でもその他の言語でもない。HP作成のため、近々ドメインを確保せねば。
 日本でハンドメイドのバッグを販売している人の多くは、英語かフランス語の名前をつけているようだが、私は昔からヨーロッパの言語を使いたがる日本人の心理をおもしろいと思っている。なんだかんだいって、明治以来、日本人は一貫して欧米に憧れてきたのだろう。ここ10~15年くらい、ようやく日本文化が見直されつつあるように感じるが。
 今ロゴを考案中だが、似たようなフォントの中から作品にぴったりくるものを選ぶのはなかなか大変である。決まったテーストのものしかつくらない人なら、ロゴ選びも簡単かもしれないが、私は気が多いので、ときにまったく違ったテーストのものを作り出す可能性がある。すると、異なる雰囲気のバッグに合う、シンプルかつ洗練されたロゴを考えなければならない。
 ロゴづくりは、主に妹の仕事である。私はIllustratorを持っていないが、彼女は持っている。義弟は妹の身体を心配して、あまりPCに向かわないよう注意してくれているらしいが、姉がそそのかすので、元来こういうことが好きな妹は、いろいろ試してくれている。
 彼女が今朝、秀逸な(少なくとも私にとっては)イラストを送ってくれた。多分ロゴには使わないが、ブランドのアイコンとしては使いたい。

 ドメイン獲得や著作権の問題、その他e-commerceの詳細について勉強したいので、ネットビジネスに関する日本語の書籍を探しに、babyをストローラーに乗せて、旭屋書店(45th St.)と紀伊国屋書店(49th St.)をはしごするが、良い本が見つからず。やはりネットで注文するしかなさそうだ。

 午後2時のFifth Avenue。
d0011990_5171268.jpg
d0011990_5222775.jpg
[PR]
by oktak | 2005-04-16 05:28 | ビジネス | Comments(2)

tiny tote

 下の子の離乳食入れに、tiny toteを作った。サイズは縦4インチ(10cm)、横8インチ(20cm)、マチ4インチ(10cm)、ころんとしたポーチである。7インチのファスナーをつけた。
 サイズが小さいので、わざわざミシンを使うほどでもないと思い、手縫いした。びんづめを入れても大丈夫なように、全体をキルティングした。これが結構面倒だったのと、強度が気になるので、次回はやはりミシンで作ろうと思う。


d0011990_041057.jpg


[PR]
by oktak | 2005-04-15 00:42 | 作品 | Comments(6)