カテゴリ:アイディア( 4 )

ネーティブ・アメリカンの芸術

 早くも夏休みに入り、退屈しきっている息子のために、先週末、家族でワシントンD.C.に出かけてきた。半年ほど前にも訪れ、前回は航空宇宙博物館をしっかり見て回ったので、今回は自然史博物館と、アメリカン・インディアン博物館(National Museum of the American Indian)をゆっくり訪れた。

 両方とも素晴らしかったが、特に後者の建築と、衣装の特別展示に目が釘付け。

 
d0011990_3234760.jpg


 1930年頃のサドルバッグ。80年の歳月を経ても、色使いとパターンは斬新そのもの。

 
d0011990_3244461.jpg


 こちらは1890年頃のドレス。白く見えるのは、鹿の歯。

 たくさんのインスピレーションを得て、満足。
 
 今回は念願のナショナル・ギャラリーにも足を運んだが、大好きなロスコーの前にいられたのは5秒くらい。あとはひたすら子供がオブジェに触らぬように神経を使いつつ、館内を駆け抜け、やはり家族で美術館はまだ無理と悟った。

 美術館には、クロークよりも託児所を作ってほしいと切に願う(笑)。
[PR]
by oktak | 2008-06-26 03:30 | アイディア | Comments(2)

スイス製刺繍リボン

d0011990_73960.jpg


 地元の小さな手芸屋さんで、とてもかわいい太めのスイス製刺繍リボンを見つけた。
 刺繍リボンは高いのだけど、即買い。
 でも何に使うんだ、ワタシ?(笑)

 ちょっと時期的に出遅れたけれど、入園・入学グッズなんて作ってみようかしらん。
 しかしこの柄じゃ、小学生には幼すぎるか?

 赤ちゃん用リュックもいいかもしれない。
 アイディアは次々と膨らむ。
[PR]
by oktak | 2007-02-08 07:04 | アイディア | Comments(2)

vintage patches

d0011990_23513496.jpg


ヴィンテージのあひるパッチを入手した。色は3種類。
これをベビーグッズに使おうと思う。

[PR]
by oktak | 2006-02-10 00:11 | アイディア | Comments(7)

雨の日バッグ

今日はNYには珍しく大雨だった。
だいぶ前から温めている構想に、「雨の日バッグ」というのがある。
厚手のマットなビニールでできた、「横なぐりの雨でもヒョウでも何でも来い」の最強バッグ。(光沢のあるビニールだと、安っぽいだけかもしれないが。)どんなに濡れても、中身は濡れない。そして、びしょぬれの折りたたみ傘をポイと入れられる外付けの「傘ポケット」なんかもあるといいかもしれない。

形はシンプルに。近いうちに作ってみたい。雨の日は両手がふさがりがちなので、斜めがけして、身体にしっくりくるようなデザインがいいと思う。イメージは、黄色。息子がはいている、黄色い長靴のような。きっと、模様の入ったビニールでつくっても楽しいだろう。

日本の降雨量は半端じゃないのに、なぜこういうバッグを誰もつくらないんだろう?おしゃれにできると思うんだけれどな・・・。
[PR]
by oktak | 2005-03-29 10:45 | アイディア | Comments(8)