カテゴリ:Etsy shop紹介( 44 )

Etsy shop紹介: Tokyo Pear Letterpress

d0011990_403926.jpg


この白鳥柄のレタープレスを一目見て、あまりの素敵さに打ちのめされた。
(レタープレスにはめっぽう弱い。)

本日ご紹介するのは、東京在住の恵梨子さんとご主人のショップ、Tokyo Pear Letterpress

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

はじめまして。
Tokyo Pearのスミス恵梨子と申します。
夫とオンラインでレタープレス(活版印刷)の名刺、結婚式招待状のオーダーを承っております。また現在、7店舗のお店でポストカードなどお取り引きさせていただき、etsyでもショップを運営しています。

(2) 現在のお仕事を始められた経緯は?

私は、米国シアトルでレタープレスに出会いました。
2007年、夫と日本に帰国後、アメリカではたくさん見られたレタープレスのアイテムが、日本では全く見つけることができませんでした。そして、アメリカのようなレタープレスを日本でも広めたいと思い、2008年夫婦でTokyo Pearの活動を始めました。

d0011990_454084.jpg


(3) これまでの作品で、もっとも気に入っていらっしゃるものは?

私たちのデザインは全てオリジナルで、全て気に入っていますが、あえて選ぶとすれば、スワン柄のポストカードです。

(4) お好きなアーティストは?

まずは、レタープレスを知るきっかけになった、egg press社のレタープレスカード。
アーティストではないのですが、anthropologieのインテリアの雰囲気とデザインセンス。

(5) 幸せな気持ちにさせてくれることを5つ挙げてください。

夫(business & life パートナー)、シアトル、ビンテージアイテム集める事、作品で思ってるイメージが実現する時、おいしいものを食べる時!


**************


Tokyo Pearのメインサイトはこちら。ブログはこちら
恵梨子さんはご出産間近だそうで、しばらくカスタムオーダーはお休みされるそう。
安産をお祈りしています!
[PR]
by oktak | 2011-05-02 04:10 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Clovaknits

d0011990_65236100.jpg


本日ご紹介するのは、楽しい色使いとかわいらしいパターンで、一味違うフェアアイル・ニットを提供するClovaknits。ショップを経営するのは、スコットランド・インヴェルリー在住のアンジェラ。

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

Hi my name is angela I run clova knits a knitwear company that specialises in designing modern fairisle designs. I have produced a range of cushions, hand warmers, neck warmers and scarfs all knitted in super soft Scottish lambswool from a mill here in the north east of Scotland. I called my company clova knits after my pet dog a golden retriever Clova who I had for many years.

モダンなフェアアイル・ニットの専門店、Clova Knitsを経営するアンジェラです。スコットランド北東の工場で生産されているとても柔らかい羊毛で、クッション、ハンドウォーマー(指なし手袋)、ネックウォーマー(すっぽりかぶるタイプのスカーフ)、スカーフなどを編んでいます。Clova Knitsという名前は、長年かわいがっていたゴールデン・リトリーバーのクローバから取りました。

(2) このお仕事を始められたきっかけは?

I have always knitted the skill of hand knitting was passed down to me by my mum, I later took up machine knitting, I also used to own a wool shop for a number of years and have passed on my skills by teaching machine knitting to others.

いつから編み物を始めたのか覚えていません。母が教えてくれました。
その後機械編みを覚え、羊毛専門店を何年間か経営し、人に機械編みを教えたこともあります。

d0011990_72496.jpg


(3) これまでの作品の中で、もっとも気にっておられるのは?

My favorite piece that I have knitted is my owl cushion, i love the colours and how they work together. Its the piece that gets featured most, I think lots of people love owls so I have just added the feature of having the cushion personalised with your name.

ふくろうのクッションです。色合いが気にっています。
この作品は、もっとも(ブログなどに)取り上げらる作品でもあります。ふくろうのモチーフが好きな方が多いと思うので、名前を編みこむオプションも加えました。

(4) お好きなアーティストは?

i think that there are many great artists and designers here in the U.K too numerous to mention. we have excellent art schools and homegrown talent. Craft is a great thing and it should be nurtured and passed down to the new generations.

英国には素晴らしいアーティストやデザイナーが大勢います。数が多すぎて、名前を挙げられません。
この国には優れた芸術学校があり、才能溢れるアーティストを輩出してきました。
工芸は、世代から世代に受け継がれ、培っていくべき大切なものだと思います。

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

working on new design projects, grandaughters, growing flowers, my daughters lovely Birman cat Jasper he is my alarm clock, hunting down bargains in charity shops are the things I love most.

新しいデザインに取り組むこと
孫娘たち
花を育てること
娘の素敵なバーマン(猫)、ジャスパー。彼は私の目覚まし時計です。
リサイクルショップで掘り出し物を見つけること


Thank you Angela!
[PR]
by oktak | 2011-01-30 07:28 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Knap

d0011990_1241275.jpg


前にも書いたが、私は宝石にはとんと興味がなく、ガラスが好きである。
Knapさんのガラスのイヤリングを見つけたとき、シンプルなフォルムと、ガラス特有の瑞々しい色彩と透明感が好みにぴったりで、興奮した。すぐに一つ購入させていただいた。

届いた実物の色は、写真よりもはっきりした色合いだったが(当然のことながら、光の加減でガラスの色は変わる)、服を選ばぬシンプルさがとても気に入った。それから、さらに二点購入。

後に分かったのだが、製作者の景子さんは、なんとoktakのお客様であった。感激!

では彼女のインタビュー。

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

はじめまして、岡本景子と申します。
東京の下町で、毎日スカイツリーの成長を見守りながらジュエリー制作をしております。
サウナとバレエと整理整頓が大好きで、物に囲まれた生活が大の苦手。
必要最低限の物さえ揃っていれば、機嫌よく暮らしていける自信あり。
したがって、毎日同じ服を着ていても平気だったりします。周りはツライのかなぁー。


(2) 今のお仕事を始められたきっかけは?

以前、CMを中心に活躍していらっしゃる某スタイリストさんのアシスタントを務めていたことがあるのですが、
その時に、撮影で使用するアクセサリーをいつも手作りしていたことがきっかけで、スタイリングの仕事より
物を作ることの方が向いているのでは?と思い、彫金やロストワックスを学び始めました。ただ、地金だけで制作した作品では誰の目にも留まらないだろうという不安もあったので、同時にガラスの扱い方を3ヶ月ほど学び、現在の技法に辿り着いたのです。その後は売り込みのために突撃営業をしたセレクトショップのスタッフが作品を気に入ってくれて、全国の直営店で販売が開始されると売り上げはトントン拍子に伸びていきました。
しかし近年はデフレの波に飲み込まれたまま、原材料価格の高騰にも目を背けて迷走中です。


(3) これまでの作品でもっとも気に入っていらっしゃるものは?

やはりこちらの雫型ピアスでしょうか。
ブランドを立ち上げた当初にデザインしたものなのですが、10年経った現在でも一番人気の商品で、
私の生活はこのピアスの売り上げによって支えられています。一昨年には佐々木希さん主演の映画
「天使の恋」でも使用されました。(私は未だに観ていないのですが・笑)

d0011990_1324442.jpg


(4) お好きなアーティストは?

ドレスデン・バレエ団でプリンシパルとして活躍しているイリ・ブベニチェク(Jiri Bubenicek)の振付家としての才能に注目しています。昨夏、縁あって彼の「フラジル・ヴェッセル」という作品を観たのですが、まぁー素晴らしい!重力の支配から解き放たれたかのような美しい動きが流れるように続いていく・・・・・・。とにかく感動的です。私の拙い文章では何も伝わりそうにないので、ぜひイリ・ブベニチェクという名前を覚えておいて下さい。そして機会があったら舞台をご覧になることをおススメします。仕事を離れた時の彼も非常にチャーミングで、何気ない日常を楽しく思い出深いものに変えてしまう天才です! 最近つくづく思うのですが、何かを本気で極めた人ほど他者に対して不要な威圧感や緊張感を与えないですね。こちらが拍子抜けするほど普通で気持ちのいい人が多いです。自分で選んだ道を自分自身で決断しながら歩み続け、成功も失敗も同じように語れる人は素敵だと思う。

Official website 
Facebook  


(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

- 時間を気にせず書店に入り浸っているとき (ちょいちょい書店をはしごします)

- 美味しいレストランを教えてもらったとき

- 高倉健さんの映画を見ているとき (小学生の時から大ファン!)

- 素晴らしい景色に出会ったとき

- パリオペラ座バレエ団の舞台を観ているとき (もちろんパリのガルニエ宮で!)


最後までお付き合いいただきありがとうございました。
そしてご紹介くださった亜樹さんにも感謝しております。
みなさんにとって2011年が実り多い年となりますように。


*******

ありがとう、景子さん!
[PR]
by oktak | 2011-01-14 01:36 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - NG Jewelry

d0011990_9282436.jpg


本日のショップ: NG Jewelry
初めてNubiaのジュエリーを見たとき、シンプルで美しいフォルム、上品で個性的ながら、嫌味のない華やかさに心打たれた。ごちゃごちゃした装飾が苦手なので、どうしてもこのような無駄のないデザインに惹かれる。

ではインタビュー。

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

My name is Nubia Gonçalves and I was born and raised in Rio de Janeiro, Brazil. I am married and I have a son and a daughter. My daughter is 29 years old and is an industrial designer. My son is 28 ears old and has a degree in Business Administration. My husband and I live a few steps from the Atlantic Ocean, just by a beautiful beach called Copacabana. I can see it from our window and I love the view, the breeze and the smell of the ocean. It also gives me a sense of freedom and it is so nice to be able to breathe nature.

ヌビア・ゴンサルヴェスです。ブラジルのリオデジャネイロで生まれ育ちました。既婚で、息子と娘がいます。29歳の娘は工業デザイナーで、28歳の息子は経営学の学位を取得しました。夫と私は大西洋の目の前、コパカバーナという美しいビーチ沿いに住んでいます。窓から海が見えますが、この眺めと潮風、海の匂いが大好きです。海のそばは開放感に溢れ、澄んだ空気を胸いっぱいに吸えるのはとても気持ちの良いものです。

(2) ジュエリーデザインを始められたきっかけは?

I always loved art and apart from graduating in languages I studied visual arts. After retiring, about 3 years ago, I found myself having enough time to expand my artistic boundaries. I wanted to combine painting and jewelry making, something that I am still trying to find out how. Someday I will get there…Creating a piece of jewelry is something I never ever believed I would be able to do someday, but here am I, designing, sawing, filling, soldering and I just love it! And it is also so rewarding when someone likes what you do!

アートは常に好きでした。語学の学位を取得しましたが、ビジュアル・アーツ(視覚芸術)も勉強しました。3年ほど前に退職してから、新たなアートに挑戦する時間ができました。絵とジュエリー製作をなんとかして結び付けたいと思ったのですが、今もまだその方法を模索中です。いつか形にできると思っています。かつて自分がジュエリーを作れるなどと思ったことはありませんでしたが、今ではデザインに始まり、金属の研削、充鎮、はんだづけまで、すべての工程をこなしています。こんなに楽しいことはありません。また、自分の作品を誰かに気に入ってもらえたときは、努力が報われる思いがします。

d0011990_9541937.jpg



(3) これまでの作品の中で、もっとも気に入っておられるものは?

I should say is the piece that is my etsy shop banner. I really like it, is so delicate.


Etsy shopのバナーに使っている、この作品です。繊細でとても気に入っています。

(4) お好きなアーティストは?

There are so many artists that I admire and inspire me. It is very difficult to choose just one but I will mention a wonderful Brazilian architect and designer, Oscar Niemeyer, whose work is worldwide known. He was responsible to plan the capital of Brazil and his work is very contemporary. He is now 102 years old and still creates, amazing!

敬愛するアーティストはあまりにもたくさんいて、一人だけ選ぶのは難しいのですが、世界的に有名なブラジルの建築家、オスカー・ニーマイヤーを挙げましょう。ブラジルの首都の計画に深く関わった人物で、とても現代的な作品を作る人です。現在は102歳で、今でも現役、傑出した人物です!

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

a) the sound of children laughing
b) my family
c) nature
d) good music
e) friends


子供たちの笑い声
私の家族
自然
素敵な音楽
友達

Muito obrigada Nubia!

d0011990_9562484.jpg

[PR]
by oktak | 2010-10-02 09:57 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Paperiaarre

d0011990_437525.jpg


 本日ご紹介するのは、フィンランドはトゥルク在住のKaija(「カイヤ」と発音するのだろうか?)のショップ、Paperiaarre

ごく最近発見したショップなのだが、ほっとするような色合いの、主に麻や紙を使った作品が美しくて、見ているだけで嬉しくなった。"Paperiaarre"とはフィンランド語で「紙の宝物」という意味だそうだが、ショップ全体がまさに小さな宝箱のよう。

デザインはきわめてシンプルだが、冷たい印象がまったくないのは、木や土や空を連想させる素朴な色彩と、自然素材の持つぬくもり故だろう。また、Kaijaも指摘していたが、フィンランド人と日本人の美意識には、おおいに共通点があると思う。

では彼女のインタビュー。

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

My name is Kaija and I'm a young Finnish master bookbinder currently living in Turku, Southwest Finland. I've always enjoyed making things from scratch, and I can't really even remember the time I wasn't creating art in one form or another. I mainly use linen as a cover material on my books as I love its organic feel and wide range of different, vibrant colours, but I do love working with leather too.

Kaijaといいます。フィンランド南西のトゥルク在住の、若き製本のマイスターです。
幼い頃から物づくりが好きで、常に何かしら作っていました。
本のカバーには、主に麻を使用しています。革も好きですが、麻の自然の風合いと、鮮やかな色のバライエティが大好きなのです。

(2) 今のお仕事を始められたきっかけは?

I made my first book while still at school and soon became addicted to bookbinding. It combined art, craft and practicality in the perfect manner. After finishing my secondary education and spending a year in art school I went to study bookbinding full time. Learning new things had never before been so much fun. The best part about bookbinding is that the learning never seems to end! I graduated in 2006 and still encounter new and fascinating things on daily basis.

学生のときに始めて製本術に触れたのですが、すぐに虜になりました。
製本業は、美術、工芸、実用性の要素をすべて含んでいます。高校卒業後、美大で一年勉強し、フルタイムで製本を学びました。新しいことを学ぶのが、これほど楽しかったことはありません。製本のよいところは、学び尽くしたと決して言えないことです。2006年に卒業しましたが、今でも毎日のように新しい発見があります。

d0011990_4383232.jpg


(3) これまでの作品の中で、もっとも気に入っているものは?

I think it's fairly easy to say now that my full leather binding of Marguerite Duras's Yann Andréa Steiner is my favourite book. It wasn't as clear as this when I had just finished it, but I have definitely grown to love this binding and it's beautiful case more and more.

今なら、マルグリット・デュラスの「ヤン・アンドレア・シュタイナー」の革の装丁だとはっきりいえます。この本の装丁を終えた直後は確信がなかったのですが、時と共に愛着が深まりました。

(4) お好きなアーティストは?

I love the work of Joseph Beuys, especially his drawings. I admire many artists on Etsy and in the blogworld, but I think there are simply too many amazingly talented people for me to mention any names here without feeling like I've left someone important out. To me the contemporary art happening here and now among my friends and acquaintances online is much more inspiring than wandering in museums. They really mean the world to my creativeness.

ヨーゼフ・ボイスの作品、特に絵が好きです。
Etsyやブログの世界にも素晴らしいアーティストがいますが、大勢いすぎて、大事な人の名前を書き忘れそうなので、名前は挙げません。オンラインの友人知人の間で起きている現代アートの動きは、私にとって美術館を歩き回るよりもはるかに刺激です。私自身の創造性にとっても、ネットの世界はとても重要なのです。

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

1. paper - fold it, tear it, bend it, glue it
2. my knives and bookbinding tools in general, I'm a big fan of all sorts of instruments
3. good food, preferably Italian food or something with plenty of ginger
4. waking up in the morning to the sound of rain and realizing I don't need to get up in hours
5.a good novel, a warm blanket and someone special to cuddle with


1. 紙。 折ること、ちぎること、曲げること、貼り付けること。
2. ナイフや製本の工具一般。あらゆる器具が大好きなのです。
3. おいしい食べ物。できればイタリア料理か、しょうがをたっぷり使った料理。
4. 朝、雨の音で起き、まだ何時間も寝ていられると気づいたとき。
5. おもしろい小説、あたたかい毛布、寄り添える大事な人。

Thank you Kaija!

d0011990_4441551.jpg

[PR]
by oktak | 2010-09-23 04:44 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Feltmates

d0011990_2393315.jpg


以前、小鳥のピンクッションを買ったときにちらっと紹介したが、本日はFeltmatesの陽子さんのインタビューを掲載!


(1)簡単な自己紹介をお願いします。

こんにちは。野村陽子a.k.a.『feltmates』と申します。
ウィスコンシン州東部、ミシガン湖沿いにある人口5万人の小さな町で夫、愛犬(9歳)と共に暮らしています。
原毛を主材料とした手作りフェルトのフィギュア、バッグなど小物類を作り、年数回展覧会やクラフトショーに出品。ネット販売(Etsy.com)もしています。

(2)このお仕事を始められたきっかけは?

フェルトとの出会いは今からちょうど10年前。里帰り中に実家近くのギャラリーで展示されていた手作りフェルト作品に一目惚れ。
その出会いの3年前の1997年に渡米する以前は京都のバッグメーカーでハンドバッグ・デザインをしていたこともあり、アメリカに戻ってすぐに手作りフェルトでバッグ作りを開始したのが始まりです。1年後にシアトルで展覧会を開き、何件かのブティック等で扱ってもらえるようにもなりビジネスは順調かのように思われたのですが6年後、モノ作りに対する自分のコンセプトに疑問を抱き挫折。その挫折を背負ったまま里帰りし、また同じギャラリーで出会ったのがニードル・フェルトの手法。これまた感銘を受け「売れ筋を考えて作るのではなく、もっと自由に自分の作りたいモノを作ろう!」と、アメリカに戻りフィギュア制作を開始しました。それがちょうど4年前です。
d0011990_2395791.jpg


(3)これまでの作品の中で、最も気に入っているものは?

実はどれも『可愛い我が子』のように思っているのですが・・・(笑)特に時間が掛かった分この2点で。

キディ・ライド
宇宙飛行士

(4)お好きなアーティストは?

「この人!」と選ぶのは難しい・・・たくさんの中から今思い付いた順に。

Margaret Kilgallen
山口晃
Joseph Beuys
Gregory Blackstock
Diem Chau (友達)

(5)幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

 動物にふれているとき。特に愛犬との戯れ、そして愛犬の寝顔を見たとき。

 水や土、木・・・ひっくるめて自然の中に居るとき。

 ワインをちびちびやりながらお料理してるとき。

 好きな色や素材、柄に出会ったとき。

 夫の笑顔。(お決まり的な・・・笑)


 陽子さん、どうもありがとう!

 ちなみに私は以前この小鳥ピンクッションを買って愛用していたものの、先日娘が落としてガラス部分が割れてしまい、新たにこれを購入!ウールなので針も錆びず、とても使い心地がよいのでおすすめ。
というわけで、大ファンです。

 陽子さんの数々の名作が見られる、Flickr pageはこちら
[PR]
by oktak | 2010-08-03 00:31 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Burned Furniture

d0011990_5381350.jpg


本日ご紹介するのは、繊細な模様を刻んだ木製のスプーンや器、家具を製作販売しているBurned Furniture。通常のインタビュー形式ではなく、自由なフォーマットで自己紹介したいというCeciliaの希望で、以下の文章を送ってもらった。

My name is Cecilia Galluccio, I live in the Boston area and sell pyrography/wood burned pieces from both my Studio/word of mouth, and Etsy.com. I've always loved making things, from painted pottery to watercolor paintings and collages, too. I come from a large family and was always encouraged to appreciate the outdoors, and also gardening.

シシリア・ガルッチオといいます。ボストン近郊に住み、アトリエとEtsyでウッドバーニング・焼画作品を販売しています。昔から物づくりが好きで、陶芸や水彩画、コラージュなどを楽しんできました。大家族で育ち、自然や園芸を楽しむことを教えられました。

The natural world always inspires me in making wood burned work; certain shapes of leaves, flowers, or seedpods are items I enjoy collecting, drawing, and often using as subjects for my work. I especially enjoy making pieces that are detailed visually, and which also have a great texture. You can run your hand over a spoon or table and actually feel where the burning tool cut into the wood to outline a leaf or pressed into the detail of a flower.

自然は常に私のインスピレーションです。葉や花、種の鞘などを集めたり、描いたり、作品のテーマにするのが好きです。特に、繊細なデザインで、触感もすばらしい作品を作るのが好きです。スプーンやテーブルに触れると、葉や花の形を刻むために工具が木に触れた場所が分かるのです。

The process of decorating these wooden pieces is something I especially enjoy; it's very meditative and most woods smell great when I am burning them-with the exception of bamboo, which to me smells like burning hair!

木を装飾する過程は、もっとも楽しいものです。それは瞑想的な時間でもあり、ほとんどの木は、焼き付けているときに素晴らしい香りを放つのです。竹だけは例外で、髪の毛が燃えているような匂いがします!

d0011990_631656.jpg


At this time I decorate found or bought pieces, I hope to start making my own wooden pieces, such as hand cut ornaments and bowls, in the future when I've learned more skills and acquired more tools.

現在は、たまたま見つけたり、買った木製の家具などを装飾していますが、技術を磨き、工具を揃えたら、いずれは自分で木製のボウルや装飾品を作りたいと思っています。

Right now I'm enjoying making cutting boards from found wood planks, which I cut up with my hacksaw, file the edges with my file collection, and then sand to a buttery finish. Burning something I cut and shaped myself feels great, and it's especially gratifying seeing the piece after it is oiled and the grain of the wood really pops visually, revealing so much more about the wood than what I did to it.

今は、拾った木の厚板からまな板を作ることに取り組んでいます。板を弓のこで切り、端にやすりをかけ、まろやかな風合いになるまで磨くのです。自分で切って形作った木にデザインを焼き付けるのは素晴らしいもので、油を塗った後、木目が引き立ち、私が施したデザイン以上の美しさが現れるときの喜びは格別です。

One of my favorite wood pieces I've decorated (which was also the largest piece of furniture I've ever burned) was also my first piece of furniture. It now resides in Omaha, NE, and was commissioned by someone I truly like and admire. It was really sad to wrap it up and send it away after almost a year of working on it, but I took copious pictures of it, perhaps I'll see it in person again someday.

今までの作品で一番気に入っているのは、最初に焼き付けた家具で、これまでに取り組んだ最大の作品でもあります。心から敬愛する人からの特別注文で、今はネブラスカ州オマハにあります。一年近く取り組んだ後に、作品を包んで発送するときは悲しみを覚えましたが、大量の写真を撮りましたし、いつの日か実物に再会するかもしれません。

Thank you Cecilia!
[PR]
by oktak | 2010-07-09 06:39 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介- Di Terra

d0011990_22193841.jpg


今日ご紹介するのは、ウニの形の器が印象的な、Di Terra

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

My name is Emily. I have been doing pottery as a hobby for about 10 years. I started learning when I was 13, when I took a hand-building course at the art museum in Milwaukee, WI. Throughout the years, I worked on pottery here-and-there, when I had time. After college, I decided to join a pottery studio in Minneapolis, MN. I work full-time as a photographer, so I do pottery in my spare time. Only in the past year or two have I begun to take my pottery more seriously. I am starting to create a "look" to my work, and have a distinct style. I like to think of my style as earthy looking and organic. I enjoy the process of creating something out of clay... the transformation from a block of clay, to something tangible, something usable, is what interests me.

エミリーといいます。13歳のときにウィスコンシン州ミルウォーキーの美術館でコースを受講したのがきっかけで、10年ほど趣味として陶芸を楽しんできました。時間のあるときに陶芸をするという感じでしたが、大学卒業後、ミネソタ州ミネアポリスの陶芸スタジオに参加することにしたのです。私の本業は写真家ですが、1-2年前から真剣に陶芸にも取り組むようになりました。次第に作品に特徴が出てきて、独特のスタイルを形成しつつあります。自分のスタイルは、素朴で自然だと思います。土で物を作るプロセスが好きです。粘土の塊から、形が生まれ、使える物に変身していく過程に魅力を感じます。

(2) これまでの作品の中で、もっとも気に入っているものは?

My favorite pieces are called "Starry Night Mugs," I create this look by painting onto the clay with slip (liquid clay which is applied like painting, before the piece is fired in the kiln). I paint on swirls and dots, and then glaze the mug in a soft turquoise green color. The effect is very beautiful, the look is very organic and earthy. Someone once told me that this style reminded them of Van Gogh's Starry Night painting, so I have named them the name "Starry Night Mugs."

「星月夜マグ」という作品で、粘土に泥漿を塗って装飾したものです。(泥漿とは、液状の粘土で、窯で焼く前に絵の具のように使うものです。)渦巻きや水玉模様を描いてから、淡いブルーグリーンの釉薬を塗ります。
そうすると美しい、素朴で自然な雰囲気が生まれるのです。この作品を見た人に、「ゴッホの『星月夜』を思い出す」と言われたので、「星月夜マグ」と名づけました。

(3) この仕事の最大の魅力は?

I love creating things! I love to work with my hands and feel that I have created beautiful things. I feel like art gives me a purpose. I am so happy when some one purchases my work, it makes me feel full-filled as an artist.

物を作るのが大好き!自分の手で、美しいものを作り上げたという感覚が好きです。
アートは、目的を与えてくれるような気がします。どなたかが作品を買ってくださると、アーティストとして満ち足りた気持ちになります。

d0011990_22464840.jpg


(4) お好きなアーティストは?

Claude Monet, Vincent Van Gogh, Georgia O'Keefe, Georges Seurat, Ansel Adams... I like oil painters and photographers a lot. I especially love Impressionism.

クロード・モネ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ジョージア・オキーフ、ジョージュ・スーラ、アンセル・アダムス..
油彩画家と写真家が大好きです。特に印象派が。

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを5つ挙げてください。

Chocolate, Beaches, Traveling in Italy, Eating Beautiful Meals, Warm Weather

チョコレート。海辺。イタリアを旅行すること。素晴らしい食事を楽しむこと。暖かい気候。

Thank you Emily!!
[PR]
by oktak | 2010-05-14 22:55 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 - Rikrak

d0011990_21534882.jpg

↑ ビンテージ布のコースター by rikrak

Rikrakを発見したのは、もう3年近く前だと思う。
ビンテージをテーマにした、カラフルなTreasuryを作るにあたって、ビンテージ布を使ったセンスの良い作品を探していたときに、彼女の作品が真っ先に目に留まった。

一体どこでこういう布を見つけてくるのか、実はものすごく知りたい(笑)。
でも、仕入先を見つけるのは大仕事であり、企業秘密なので、もちろん聞かない。

以来、オーナーのKrystalとは、メールやtwitterでときどき「会話」する仲。
彼女の素敵なブログにも何度か登場させてもらったことがある。

では彼女のインタビュー。

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。

thanks so much for having me, wonderful aki! {i'm such an oktak fan, as you know. so nice to be here! } i'm kristal davis of the design studio *rikrak.* my lovely days are filled with mommying, designing, writing, playing @ the park, and living-room dance parties! i love handcrafting re-purposed, vintage fabric accessories, with a retro modern styling, for folks of all ages, and i write a design & everyday-kinda-fun blog while i'm at it.

ご紹介どうもありがとう!
デザインスタジオrikrakのクリスタル・デービスです。
子育て、デザイン、執筆活動のほか、公園で遊んだり、リビングルームでダンスパーティーを開いたりして毎日楽しく過ごしています。ビンテージ布を使って、どんな年齢層の人にも楽しめる、レトロモダンな作品を作るのが好きです。また、デザインや日常のあれこれについてブログを書いています。

(2) これまでの作品で、もっとも気に入っているものは?

gosh. that's a good question. i think my favourite thing i've ever made was my first chilren's quilt. i worked on it with my grandmother (a master quilter) when i was pregnant with my son. it's such a special keepsake as those precious times with my wonderful grandma, learning so intimately about quilting (and life!), are an integral part of each stitch. i love that!

いい質問。一番気に入っているのは、初めて作った子供用のキルトかもしれません。
息子を妊娠中に、キルティングが得意な祖母と一緒に作ったのです。
大好きな祖母に、キルティングや人生についていろいろ教えてもらいながら一針一針縫ったこのキルトは、とても特別なもの。とても気に入っています!

d0011990_22205552.jpg

↑ クリスマス前に大ブレークした、フェルトのストッキング

(3) お好きなアーティストは?

i have 100s!
i really love folks from all walks of life doing creatively lovely things: i especially love folks who take an artistic risk, try their own ideas, focus on colour-play, geometric lines, simple design, and create happiness thru their art. that's a wonderful thing in my books!


大勢いすぎて!
素晴らしい創作活動をしている、あらゆる人が好きです。特に、冒険心のある人、独自のアイディアを形にしようとする人、色彩で遊んだり、幾何学模様やシンプルなデザインに取り組んでいる人が好きですね。アートを通して人を幸せにできるなんて、こんなに素敵なことはないと思います。

(4) 今のお仕事の、どんなところが一番気に入っていますか?

i love so many things about my job, but perhaps most of all that i've been able to stay home with our wonderful child, make a great income, and get to handmake ... everyday! i feel so lucky about that!

いろいろありますが、家で子供と一緒にいながら、満足な収入を得て、手作りができるということ・・自分はなんて幸せなんだろうと毎日思います!

(5) 幸せな気持ちにさせてくれるものを、5つ挙げてください。

kindness, thankfulness, hugs, laughing, my family!

優しさ、感謝の気持ち、ハグすること、笑うこと、そして家族!

d0011990_22221225.jpg


Thank you so much Krystal!
[PR]
by oktak | 2010-04-30 22:26 | Etsy shop紹介

Etsy shop紹介 PataPri

d0011990_0245974.jpg


だいぶ前から、日本人アーティスト、優子さんのショップ、"Pata Pri"の大ファンである。
鮮やかな色使いとグラフィックのセンスが最高に好きで、数年前にコラボしたいと申し出たほど。(丁寧に断られたが・笑)

オリジナル・デザインをスクリーンプリントしたキッチンタオルやハンドタオルなどを作っておられる。

優子さんのインタビュー。


(1)簡単な自己紹介をお願いします。
   
こんにちは
植村優子といいます。
東京都出身で、シカゴの寒さに15年ほど耐えて、今は葉山に半年程の予定で日本に滞在しています。シカゴではColumbia College ChicagoでArt&Designを学びました。
グラフィックデザインの仕事をしていた事もあるけれど、今はPataPriで毎日プリント楽しんでいます。
素敵なデザインの文房具、布団カバー、スクリーンプリントのポスター、かわいい物を集めています。

   
(2)今のお仕事を始められたきっかけは?

5年ほど前にシカゴで暇だったので、前からやってみたかったスクリーンプリントのクラスを近所のアートセンターで習ったのが、スクリーンプリントとの出会いです。
自分のデザインが生地にプリントされる楽しさにはまりました。もともと手を使ってモノを作る事が好きだったので,コンピューターだけの制作にあきてたのもあり、その後毎週スタジオにかよってプリントしてました。
2年ぐらいして、周りの人にetsyで売ってみたら?と言われて、etsyを知らなかったのですがおもしろそう!と思って2007年の4月にPataPriをオープンしました。


(3)今までの作品の中で、一番気に入っているものは?

etsyに出したモノの中ではリンゴのduvet coverかな?
自分に最初つくったんだけど、寝るのが楽しかった。

(4)お好きなアーティストは?

たくさんいすぎて書ききれないけど、高校生の頃初めて印象に残ったアーティストはkenny sharfです。
彼の世界観と色使いがなんともいえないです。あれから20年たったけど、今でも良いなとおもいます。

d0011990_0304156.jpg



(5)幸せな気持ちにさせてくれることを5つ挙げてください。

1 おもしろい本を読んでいる時。本大好きで毎日読みます。
2 きれいな色の組み合わせ。色が私に与える影響は大きいです。後、天気も。
3 甥や姪の笑顔 私には子供がいませんが、子供ってすごいですね。
4 自分の作品を好きと言ってもらえた時。たまにetsyのfeedback読んでうれしくて感動する。涙ぐむほど!アホですか?
5 BFや友達と面白い事してる時。

読んでくれてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


*****

Thanks Yuko san!
[PR]
by oktak | 2010-01-22 00:32 | Etsy shop紹介