<< 刺繍入りリボンのがま口2種 ハンドメイドで生計を立てられるか? >>

shades of aubergine

d0011990_12423437.jpg
少し前に完成させていたのだが、アップする機会を逸していた作品。

紫系の生地3色と、グレーでもアイボリーでもグリーンでもない、不思議な色合いの生地のパッチワークのがま口。こちらは4点のみ作成。

それから、ワインボトルのような濃い紫に、シルバーの四角いスパンコールを縫い付けたがま口。こちらは一点もの。色違いも作成中だが、いつ完成するやら(笑)。

d0011990_12431983.jpg

[PR]
by oktak | 2008-12-05 12:44 | 作品 | Comments(2)
Commented by parkavenue at 2008-12-06 15:36 x
oktakさん おひさしぶりです!覚えていてくださっていると
嬉しいのですが・・・
blog再開されたのですね。この前偶然ひらいておぉぉぉって。
↓わたしもハンドメイドを(細々とですが)仕事に転換させてから
つくづく これで生活するのは厳しいなと思っています。
時給に換算したら 泣けてきます。
お金をだして買ってくださること、自分が楽しんで製作できることが
嬉しいとわかっていながらも、儲からないなぁ~~って。笑
↓oktak さんとまったく同感です。 
N.Y.はいまとっても美しいのでしょうね  あぁ飛んでいきたいです♪
Commented by oktak at 2008-12-07 11:38
parkavenueさん、もちろん覚えていますとも!お元気ですか?
そうそう、これで食べていくのは容易なことではありませんね。
でも(どんな世界でもそうでしょうが)継続こそ力なりと思います。
よりよいものを作りたいと思いつつ、日々真剣に仕事をしていると、段々腕も上がりますし、センスも磨かれるような気がします。そしてそれに伴い、確実にお客様も増える。始めたときには想像もできなかったほど、今年はいろんな展開がありました。収入は多いとは言えないけれど、仕事の楽しさ、スケジュールのフレキシビリティ、そして上司がいないという気楽さ(笑)など多数の面において、今の私にとってこれ以上の仕事はないかもと思います。(^^) お互い頑張りましょうね!
<< 刺繍入りリボンのがま口2種 ハンドメイドで生計を立てられるか? >>