<< Autumn in Centr... President Obama!! >>

Proposition 8

オバマが当選し、今朝は浮き足立ったニューヨーカーたちに混じって、同じくらいルンルンしつつ娘を幼稚園に送っていった(笑)。

が、その興奮冷めやらぬうちに、カリフォルニア州でProposition 8が可決されたことを知る。
今年に入ってから同性婚が合法化された同州で、それを再び覆そう(同性婚を廃止するため、州憲法を改正しよう)というこの法案が昨日、投票にかけられたのだ。

結果: yes 52.5%, no 47.5%

今朝のNY Times一面の見出しは、"OBAMA: Racial Barrier Falls in Decisive Victory"(人種の壁は圧倒的勝利で崩壊)であった。人種の壁が崩壊したかに見えた日に、同性愛者の権利を剥奪する壁が再び打ち立てられたという、皮肉。まさに一進一退。

カリフォルニアはリベラルが多いのになあ・・・・
(地域別投票結果を見ると、見事にサンフランシスコ周辺ベイエリアのみが、"no"と投票していた・・)

素朴に疑問に思うのだが、「family valuesが脅かされる」として同性婚に反対する人は、そんなに脆弱な価値観しか持ち合わせていないのだろうか?
[PR]
by oktak | 2008-11-06 11:42 | 日常 | Comments(6)
Commented by ELLIE at 2008-11-06 13:41 x
そーなのよー。大統領選も都市部は青、周辺の村は赤、っていう二極化傾向もあったと言うし。あー水を差されたって感じだね。
以前働いていた花屋のゲイ店長がさ、「俺たちゃマジメに働いてヘテロな夫婦の間に出来た子供たちの学校のために税金払っているのに、俺達の一体何がそいつらの存在を脅かすんだろね」って言っていて、そうだよなあ、と思ったのを覚えているよ。
やっぱり宗教の教えに基づくところが大きいのかしら?
ところでMA州はドッグレースを止めるか止めないかっていうのを投票してたよ。それよりもっと重要な課題はないのか???
Commented by oktak at 2008-11-07 00:46
「宗教の教えに基づくところが大きいのかしら?」>この点も甚だ疑問なんですが・・・  一体どの宗教が「同性愛はいかん」と教えているんでしょうか? 聖書にそんなくだりはないと思うし、コーランにもないのでは?(仮にコーランにあったとしても、カリフォルニア州民の過半数がコーランを根拠に同性婚に反対するとも思えんし)

敬虔なクリスチャンで同性婚に賛成の人も多数いるので、同性愛にもともと否定的な人が、都合よく宗教を利用しているだけのように思えますが。
Commented by quast at 2008-11-09 20:00
こんにちは。カリフォルニアは実はSF(マリンカウンティも)とLA以外は保守的なんですよ。大統領選挙で民主党が勝ちだしたのはウィルソン知事になってから。彼があまりにメキシコ系の住民を迫害する政策を打ち出した為、州民が目覚めたってかんじで、それ以降は民主党が圧勝しているけれど、一般庶民はかなり保守派です。Prop 8も10月は毎週末賛成派が交差点でYes on Prop 8の立て看板みたいのもってたっていたぐらいです。すごく組織的だった。聖書では同性愛を禁止しているって(ソドムのところ)いってこのままでは同性愛結婚を学校で教えることになる、そんなことは許されないってクリスチャンががんばったんですよ。メキシコ系の住民はカソリックが多いのでオバマに投票してもprop 8ではyesに投票したかもしれません。ゲイの友人が多い私としてはとても残念です。
Commented by oktak at 2008-11-09 23:10 x
なるほど~。Prop8投票マップでは確かにその通り、SFとLAだけが反対で、後はすべて賛成でした。興味深いです。しかしほぼ全国的に、都市部はリベラル、田舎はコンサバですね。

しかしその賛成派クリスチャンの主張って変ですね。自分の信仰を理由に他者の行動を規制することが可能なら、世の中大変なことになりますね。それに同性婚が容認されたら、学校で教えるから困るっていうのも・・どういう思考回路なのか理解に苦しみます。

同性婚に対して今だにこれだけ強い反対があることも、あと数十年したら「こんな時代もあったのか」って思えるのではないかと思いますが。
Commented by quast at 2008-11-10 09:02
キリスト原理教信者はそもそもロジックでは全く理解できない世界に住んでいます(笑)。だってこの世で苦しい思いをしてもキリストを信じていれば天国でhappily ever afterに暮らせると信じているから、自分の子供のために住みやすい社会にしてあげよう、という当たり前の考え方が通用しません。しかも私はキリストの真の教えは「貧しい人々に救いの手を」と説いていると思うのですが、こういうクリスチャンはそういうempathyを欠いている人が多いような気がします。ペイリンが全く私にとってturn offだったのはおばかな発言をすることよりも、このlack of empathy(とlack of curiousity)でした。
Commented by oktak at 2008-11-10 22:10 x
でも、Prop 8に賛成した52.5%が皆キリスト教原理主義だったわけではないよね。想像にすぎませんが、賛成派の大多数は、宗教の教えよりも、「自分とは違う人・生き方」に対する漠然とした嫌悪感・不安に縛られているのではと思います。

Palinのlack of empathyに辟易という点は、まったく同感。
昨日(遅ればせながら)Michael Mooreの"Sicko"をDVDで観たのですが、Palinのみならず、共和党の貧しい者、病める者に対するlack of sympathyにただ唖然としました。But that's another HUGE topic (笑) 余力のあるときに、アメリカのsocialismに対する強烈な拒絶反応について書きたいと思います。
<< Autumn in Centr... President Obama!! >>