<< 雨の日バッグ試作・その1 China Townでの買い物 >>

reversible shoulder bag

d0011990_6341831.jpgd0011990_6343365.jpg

 










 ふと、きれいな色合いの薄手のキルティング用生地を使って、ふんわりしたバッグをつくりたいと思った。
 サイズは袋部分が横30cmx縦20cm、マチは8cmである。口はグリーンとピンクのストライプのグログランリボンで閉じるようにして、リバーシブル仕立てにした。
 あくまでもソフトだが、しっかりしたバッグにしたいと思って、中にフリースをはさんだ。接着芯は薄手を使いたかったのが、あいにく在庫がなく、やむをえず中厚手のものを使用。何度も縫い直したり、裏返したりしているうちに、厚手の接着芯のせいで布にしわがよってしまった。もしもこの型を販売することになったら、必ず薄手の接着芯にしようと思う。
 ハンドルの外縁には、口に縫い付けたのと同じグログランリボンをあしらった。たまたま生地と同じ色合いのリボンがあったので、突然の思いつき。無地のバイアステープでも良かったと思うが、これはこれで、ちょっと変わった味があるかなと思う。
 写真は夕方撮ったので、光が弱くて色が上手に出なかったが、実物はかなり鮮やかな色である。(下の生地アップ写真参照)

d0011990_6464560.jpg

[PR]
by oktak | 2005-06-01 06:40 | 作品
<< 雨の日バッグ試作・その1 China Townでの買い物 >>