<< aqua green leat... round bottom bag >>

connectable pouch

 同系色のポーチを2つつくった。サイズは縦5インチ、横7.5インチ(13cmx19.5cm)。裏にフリースをつけたので、少し壊れやすいものを入れても大丈夫そうである。脇には三角形のタグをつけ、そこにハトメをつけて、写真のようにナスカンと革紐でつくった持ち手で、二つ以上のポーチをつなげて持ち歩けるようにした。
 旅行時に、片方に家族全員のパスポートを入れ、もう片方には保険証や母子手帳を入れるなど、使い方はいろいろありそうだ。
 ウィーンに住む友人が、「布ナプキンを入れるポーチが欲しい。新しいものと、使用済のものを分けて収納できるとよい。」というメールをくれた。そこで思いついたのが、このconnetable pouchである。裏地をビニールにすれば、ナプキン用にも使えるだろう。でも、ナプキンを携帯するには、一体化したポーチの方がよいだろうか?一体化タイプも、今度つくってみる。
d0011990_1435121.jpg

[PR]
by oktak | 2005-05-07 01:48 | 作品 | Comments(4)
Commented by yukazow at 2005-05-07 18:15
こうやって2つ以上のポーチをその人の好みと用途によって増やしていけるのは、組み合わせを楽しめたり人それぞれの個性も出てきて面白いのと同時に便利ですね(^-^)
輪っかは固定なのかなぁ? コストにもよるのだろうけどスナップになっててバッグの持ち手に通せると、外にポケットのないバッグにセットできて便利そう(^-^) よく出し入れする定期券やリップとか。ポーチと飾りで一石二鳥(^-^) とか勝手に思っちゃいました。
Commented by oktak at 2005-05-07 22:09
 この革紐はかなり細いので、スナップをつけることはできないのですが、ポーチをはずした状態で、バッグの持ち手にからませて(革紐を一度くぐらせてつけるだけです)からポーチをつければ、yukazowさんがおっしゃるようにバッグにつけて持ち歩くこともできます。
 好きなように組み合わせられるように、いろいろな生地でつくったら、楽しいでしょうね。まったく違う系統の色やパターンでも、びっくりするほどマッチすることってありますよね。そんな風に、一見タブーのコーディネートが上手な人を見ると、本当におしゃれだなと思います。
Commented by てんこ at 2005-05-10 10:47 x
あっ、これね!
最初パッと見たときには気がつかなかった(送ったメールは無視してちょ)。面白いアイディアだね、シックな色合いも素敵。

先週はジュネーブに行ってました。10年前に皆と一緒に歩いた旧市街をまた歩いてみました。ついでに、シャモニーでスキーもしてきたよん。明日からセルビア・モンテネグロという国に出張です。その足でそのままロシアにあるエルブルースというヨーロッパ大陸最高峰の山にスキーで登ってきます。その後がまたギリシャに出張で、もう死にそう...。今夜ももう朝の4時になってしまった。じゃあ、また連絡するね、Oktakさま。
Commented by oktak at 2005-05-11 05:13
 てんこさん、これは一案です。今度はリクエスト通り、二つファスナーがついたポーチつくるからね。
 ジュネーブ、なつかしいね。私はあれ以来行ってません。ベトナムもこの10年で相当変わっただろうね。てんこさんのベトナム語が忘れられないわ(笑)。
<< aqua green leat... round bottom bag >>