<< tomatoes Jones Beach, Lo... >>

belt

d0011990_461153.jpg


 ようやくアパートが片付いたので、何ヶ月かぶりにミシンを出し(JUKIのミシンを使うのはなんと買ってから初めて!)、久~しぶりに創作に耽る。↑こんなベルトを作ってみた。

 表はブラウンのベースに果物の刺繍が施されているリボン(幅4cm弱)、裏には紫のグログラン・リボンを用いて、木のバックルをつけた。

 リボンで作ったベルト、セレクトショップで見たことがあるが、値段は$50前後だった。高いなあと思ったけど、材料費が高くつくことがよくわかった。こんなベルトと、おそろいのバッグを作ったら誰か買ってくれるだろうか?

jeansと合わせたところ↓

d0011990_42419.jpg

[PR]
by oktak | 2006-08-16 04:07 | 作品 | Comments(6)
Commented by Yuki@UK at 2006-08-16 07:23 x
お久しぶりです。いつの間にかNYに戻っていたのですね。私も6年前に永久帰国するために戻りましたが、5ヶ月でまたUKに戻ってきたという経験があります。この年は「引越し魔だった」思い出ばかりですが。
ベルトかわいいですねぇ。カラフルな方が素敵なアクセントになりますね。お揃いのバッグとセットでXmasギフト商戦を狙うというのはどうでしょ?
確かに刺繍入りのリボンが高くて、ついでにバックルも凝ったりすると材料費が高くつきますね。ロンドンに素敵なリボン専門店があるのですが、ちょっといいなぁと思うリボンはメーターあたり$38USDもして、「駄目だこりゃ・・・」状態になります。もちろんリーズナブルなリボンもそろえてありますが。
そう考えると、ちょっと凝ったデザインのベルトがお店で50ドルの値段がついてしまうのは仕方がないことかもしれませんね。
Jukiのミシンどうですか?結局スペースの関係でPFAFFの工業用ボビンが付いている家庭用のミシンを購入しましたが、将来的には職業用ミシンが欲しいです。私の個人サイトは閉じてしまいましたが、Flickrは残してあります。日本語のメッセージも入りますので、気が向いたら遊びにきてくださいね。
Commented by ELLIE at 2006-08-16 14:55 x
かわいい!バッグとお揃いだったらすごく可愛いし欲しいと思うけど、ベルトだけで50ドルだったら考えちゃうかなあ。お花もそうなんだけど、作品として美しいということと、コストが低いということが必ずしも両立しないというのは、作る側としてはジレンマだよね。でも、Ann Taylor Loftではバッグとスカートのセットも売ってたし、可能なんじゃないかな。
Commented by linda at 2006-08-16 16:42 x
おおっ、久しぶりの創作活動開始、おめでとー!!さすがOKTAKは何事も転換が早い。ところで、ベルト、かわいいっ☆写真では一番右端が見えないけど、ベルトの最後、ペラン、ってならないのかしら、と(←表現ヘタ・・・)気になるので教えて下さいませ。パープルの帽子とこのベルトで南国リゾートに行きたいと即座に思ってしまったよ。もうドイツは寒いょ~。
Commented by oktak at 2006-08-16 22:59
Yuki@UKさま、メッセージありがとうございます。Yukiさんも「イギリス→日本→イギリス」と引っ越されたんですね!親近感を抱いております(笑)。
リボン、いいものは高いですよね。私も昨日とても心惹かれたリボンがあったのですが、あまりの高さに購入できず。
JUKIは快調です!!これまで家庭用ミシンは安いシンガーを使っていたのですが、雲泥の差。嬉しくてガンガン縫いたくなります。工業用ボビンがついている家庭用ミシンなんてあるんですね!Yukiさんの作品は仕上がりがきれいで、完成度が高いですね。写真の撮り方も上手で、見習いたいです。後でサイトお邪魔しますね。
Commented by oktak at 2006-08-16 23:00
ありがとう>Ellie。うん、私も消費者サイドに立てば、ベルト50ドルだったら考えちゃう(笑)。30くらいで提供できればいいかもしれないね。
本当、作る側としては凝ったものも作りたい、でもそうするとお値段も高くせざるを得ないというジレンマがあるよね~。お客様にとってもaffordableなお値段でよいものを提供する・・・難しいけれど、頑張ってみます。
Commented by oktak at 2006-08-16 23:05
linda、ありがとう。ベルトの端は、あまりペランとはならないよ。2枚のリボンの間にしっかりした芯を入れているからね。でも逆に、ある程度ペランとなった方が、裏地が見えていいかも・・なんて思ったけど。
 それにしても、ドイツにいると、太陽に飢えそうだね・・・。バケーションで南国に行くべし!
<< tomatoes Jones Beach, Lo... >>