<< 新作追加&売り切れ作品について... 新作追加のお知らせ >>

Neue Gallery

d0011990_5211833.jpg


今月20日まで、Neue Gallery (86th St. & 5th Ave.)でエゴン・シーレ展をやっているので、今日行ってきた。シーレは大好きな画家の一人。

 大きな油彩画は少なく、スケッチ(チャコ画)が多かった。シーレに宛てられた手紙や、家族写真なども展示されていた。今日は丁寧に解説を読んだので、彼の短い生涯を知り、プライベートな背景と、作品を照らし合わせることができておもしろかった。

 しかしまあ、スケッチの素晴らしいこと!やはり天才。一枚一枚、見入ってしまった。筋骨の独特の描き方はあまりにも印象的だが、今日は洋服のひだや後れ毛の描き方にも、惚れ惚れとした。

 一枚、彼がまだ画学生だった頃に描いたスケッチがとりわけ印象に残った。一目見て、モデルは彼の母親だと分かった。顔の造作が似ているからというよりも、かすかに微笑んだその表情が、「母親」だったのだ。息子を見るまなざしだ、と思った。感動した。

 "Fashion Designs"という小さな作品群もあったが、100年近く前に描かれたとは思えないほどモダンで洗練されたデザイン画。シーレは、とんでもなくおしゃれだったに違いない。

 シーレの作品には、師クリムトの影響があちこちに見え、また、フンデルトワッサーなど後続のオーストリア人画家たちに与えた影響もはっきりと分かり、美術も他のすべての人間の創造物同様、人から人へ、世代から世代へと受け継がれていくものだと実感。

 1918年、世界中で猛威を振るったスペイン風邪に夫人共々倒れ、身重だった夫人の3日後に亡くなったという。28歳の若さ。もっと生きていたら、どんな作品を残しただろうか。

d0011990_5583465.jpg

ギフトショップで購入したオーストリア製ポストカード。

 
***

 夫が出張に出てから、今日で5日。今頃UAEからバンコクに移動し、さらなる時差ぼけと戦っているはず。こっちはこっちで、怪獣どもが風邪気味。夫不在の週末はいつも憂鬱だが、明日はyxmさんとMさんが遊びに来てくれる予定。楽しみ。
[PR]
by oktak | 2006-02-11 06:10 | NY
<< 新作追加&売り切れ作品について... 新作追加のお知らせ >>