<< 47歳の門出 1週間休みます >>

イギリス旅行

d0011990_565565.jpg


↑Great Hall, Christ Church College, Oxford

昨晩遅く、ロンドンから帰宅した。
一週間の駆け足旅行だったけれど、ロンドン、ケンブリッジ、コッツウォルズ、オックスフォード、バースを訪れ、春のイギリスを堪能した。(写真は英語ブログに掲載。)

英国には子供の頃3年間、そして20代に2年半滞在したので、特別な思いがある。
どこを訪れても懐かしく、自分の家に戻ったような、暖かい気持ちになった。

ロンドン中心部の小学校を卒業したのだが、そこの校長先生と数十年にわたって連絡を取り続けていた。ご本人は5年前に亡くなったが、いまだ奥様とメールのやりとりをしており、18年ぶりに対面。変わらぬお人柄に接し、今は亡き恩師を偲んで胸がいっぱいになった。最後にお会いしたとき、それが最後とは思わず、先生にどれほど影響を受け、尊敬していたかをお伝えしないままお別れした。この世は一期一会。今回奥様と再会できたことに感謝。

11歳の娘は本の虫で、何よりも本屋が好き。ロンドンに到着してまず最初に訪れたのはFoylesだし、翌日もDaunt Booksで一時間ほど買い物し、ケンブリッジに行けばHeffers、オックスフォードに行けばBlackwell'sと、とにかくよく本屋を訪れた。そういえばオックスフォードのボドリアン図書館でも、未読のトルキエンを一冊見つけて買っていた。

驚いたのは、伝統的なパブのチェーン化が進んでいたこと。
パブといえば、それぞれの土地の個性があって、メニューもシンプルな地元料理が出てきたものだが、今回の旅行では、ロンドン南部のサリー州で入ったパブと、オックスフォードに古くからあるパブで、まったく同じメニューが出てきて仰天した。オックスフォードのパブは、昔よく行った店だが、中がすっかり改装され、小綺麗だが味がなくなり、庭を悠々と歩き回っていた孔雀も姿を消し、がっかり。
最近ではパブの数自体が減っているそうで、チェーン化は生き残り策なのかもしれないが、なんだか寂しい。

何もかも楽しかったが、一番心を洗われたのは、田舎の風景。
平年よりもずっと寒く、ケンブリッジに出かけた日など、何度も雹が降ってきて全員凍死しそうだったが、コッツウォルズでは菜の花が満開で、どこまでも続くなだらかな丘と、青い空に浮かぶ綿菓子のような雲は、夢のようだった。

d0011990_65381.jpg


子供達はいつの間にか大きくなり、こうして家族旅行ができるのもあと数年なのかもしれない。
そう思うと、今回一緒に行くことができて、本当に良かった。
一生忘れない、大切な思い出の一つになると思う。
[PR]
by oktak | 2016-05-01 06:09 | その他
<< 47歳の門出 1週間休みます >>