<< gray geometric ... Mom.me "Ou... >>

カリキュラム・ナイト。「できなくてもいい」ではなく、"Just do it"

新学年度が始まって、2週間たった。
今週は、毎年恒例の「カリキュラム・ナイト」があった。
カリキュラム・ナイトとは、文字通り、担任の先生が親に、この1年のカリキュラムについて説明するための集まりで、平日夜におこなわれる。

娘は9月から5年生。NY市では、小学校最高学年だ。夏の終わりに10才になったばかりなのに、もう小学校最終学年というのは、早いような気がするが、とにかく、この秋は中学校巡りで忙しくなりそうだ。

娘の先生の説明を聞いていて、気になったことがある。どの教科についても、"I don't expect the kids to do well, it's ok to struggle" (子供たちが上手にできるとは思っていない、分からなくて苦しむのは当たり前)というメッセージを送り続けていたことだ。

子供二人を育ててきて、共通して思うのは、いつからアメリカの学校は、これほど子供に甘くなったのだろう?「よく分からなくてもいい、失敗してもいい」というのは、ポジティブに聞こえるかもしれないが、子供への期待値が低くなったことは、決して良いとは思えない。子供はむしろ、期待された方が生き生きすると思うのだ。
お陰で、どの子の作文を見ても、字は汚いし、スペリング・ミスは多いし、基本的な計算ができない子が心配になるほど多い。雑な仕事しかしない子が増えていると思うのは、気のせいだろうか?

遅れを取ってしまった子へのサポートはもちろん必要だが、なにも全体のスタンダードを下げる必要はあるまい。それなのに、最近は、厳しい評価をして、少しでも子供が傷つくのを恐れているかのように、教師も親も甘い。

昔、日本の学校では、成績を名前つきで張り出されたことがあったと記憶しているが(さすがに今はないのだろうか?)、アメリカでも、5-6人ずつ教室の前に立たされ、掛け算の速さを競わされたことや、全員が参加しなければならない、勝ち抜きのスペリング・コンテストがあったことを覚えている。苦手な子は、さぞかし嫌だったろうと思う。でも今は、少しでも子供の自尊心を傷つけてはいけないと、競争はご法度だし、「できなくても大丈夫」というメッセージが与えられ続けている。

その結果、子供はできなくても安心していられる。その代わり、進歩が少ない。
子供は、できないと楽しくないから、放っておくと努力もしない。
子供に期待しない、できなくても叱らない、というのは大人が楽だからではないか。

でも、子供に期待しないのは、彼らに失礼だと思う。
大人は、大変でも、彼らに努力を求めないと。
かくいう自分も、毎朝放り出したくなるのを我慢して、娘に日本語を教えている。娘のお尻よりも、自分のお尻を叩きながら。

Nikeのキャッチコピー、噛めば噛むほど味が出て、好きなのだ。JUST DO IT.

 
[PR]
by oktak | 2014-09-20 03:35 | 日常 | Comments(5)
Commented by masako_texas at 2014-09-20 09:45
oktakさん
こんにちは。
子供のやる気を出す程度にお尻を叩くこと、公平に扱うという事をはき違えて争いの無いようにと言いつつ何の競争もなく運動会を迎えることなど、もうこどもは大学生になっていますが日本の小学校もです。
いわゆる、ゆとり世代・・・
この世代全体が何だかスッキリしない、やる気のない感じがします。

我が家がアメリカでいた学校は、外国人で何もできないと単純に進級できなかったので、かなり必死で宿題を出したり、語学の問題でどうしようもないときはあらゆる代替の方法で、評価をしてもらうように交渉していました。義務教育を出てから帰国する場合を考えると落第させるという選択肢はなかったのですが、現地の方は様々でした。
子供を褒める100の方法というのが、学校の入り口に額装してあり教育の違いに驚きました。

そして、こちらから行くときは英語、在米中は日本語の教育に日々親子で泣いていました。今は、彼らの財産となりましたが、結構しんどかったと思います。

頑張れoktakさん…お嬢さん。
Commented by oktak at 2014-09-20 12:05
masakoさん、コメントありがとうございます。何事もバランスですよね。日本の受験生のように、10才くらいの子が毎晩遅くまで塾通いさせられるのもどうかと思いますが、5年生になって九九もできない子に、「大丈夫」と言うアメリカの学校もどうなのか。いつも思うのは、子供も植物と同じで、水をやらなくても、やりすぎても枯れてしまうということ。褒めるべきときにはおおいに褒めるけれど、努力の跡が見られないときにはそれを求める厳しさも必要かと。叱るのは、褒めるよりもはるかにエネルギーを要するものですけどね。
Commented by kym at 2014-09-22 10:24 x
この"It's okay to struggle"は今流行のgritを指しているんじゃないかな?難しくても、分からなくてもガンバレ、を言いたかったのかも。Paul ToughのHow Children Succeedが教育者の間で話題になったから。どちらにしても、生徒がレッスンを把握するまで指導するのが教師の仕事です。
Commented by oktak at 2014-09-22 20:00
そうなんだ!その本、Kymちゃんはおもしろかった?わからない子がわかるようになるまで指導するのは教師の仕事、でもいくら先生が頑張っても、九九なんかは、子供が家できちんと覚えてこないとどうしようもないよね。その辺の指導の仕方が、米の学校も親も本当に甘いと感じる。公立校だけかもしれないけれど。
Commented by oktak at 2014-09-22 20:12
正直、この先生の場合、Gritを指しているようには思えず、むしろできない子やその親が自信を失うことを恐れて、「できなくても大丈夫」と慰めているように感じたな。厳しくすることを極端に恐れているような印象が。たとえば、以前も話したかもしれないけれど、Wの通った中学では、数学の授業はレベル別に分けられていたけれど、できる子のクラスは"A"、できない子のクラスは"B"ではなく、(おそらく子供の気持ちを慮って!)"AB"と呼ばれていたの。その背後にはまさに、できないことをできないと言わない、「challengingでもOK」と優しく励ますことを良しとするカルチャーがあるかも、と思いました。
<< gray geometric ... Mom.me "Ou... >>