<< ハンドメイドアーティストと猫た... ハンドメイドアーティストと猫た... >>

いくつになっても

14才になった息子には友達が大勢いるが、中でも親しい一人はプロレスが大好き。
何度も泊まりに行き来している間柄だが、どうも息子は彼に合わせて、プロレスが大好きな振りをしているらしい。それも何年も。

息子ははっきり言って、プロレスにはまったく興味がない。
自宅ではプロレスのプの字すら聞いたことがないのに、友達の家では一緒にプロレスを見たり、プロレス関連ゲームで遊んだり、プロレス評論ビデオまで撮って、YouTubeにアップロードしているというのだ。
「Mの家に行っても、プロレスばっかりでつまらない」とつぶやいていたことがあるので、「なぜ興味がないって言わないの?」と聞いたが、「いまさら言えない」の一点張り。

数日前、その子のお母さんがプロレスの試合に息子を誘ってくれた。クリスマスの翌日なので、プロレス界ではメジャーなイベントなのではと想像している。
息子は「行く」と言うのだが、どうしてもしっくりこなくて、息子の了承を得た上で、そのお母さんにメールを書いた。
お誘いは大変ありがたいけれど、もっと熱心なファンがお友達にいるのでは?息子は熱烈なファンを装っているかもしれないが、たいして興味がなく、もったいないので、他に行きたい子がいたらそちらを優先してください、と。

そうしたら、そのお母さんはショックを受けた模様で、「今までの様子から、彼がプロレスファンでないとはとても思えなかった。息子がせっかく楽しみにしている晩が台無しになるといけないので、他の予定があるから行けないということにしてもらいたい。」というお返事。

予想外の返事だったので、考え込んでしまった。
息子が今までファンを装っていたことは、そんなにお友達を傷つけることだったのか?
黙って放っておくべきだったのか?

息子が友達に迎合して、好きでもないものを好きな振りをし続けることが嫌だった。
お友達は、無理して息子の趣味に合わせようとはしない。そのため、うちに来ても、息子が好きなサッカーやバスケットボールは決して見ないし、外で遊ぼうともしない。それでいいと思う。

人を喜ばせたいがために、何でも相手に合わせる傾向はよろしくないと思うので、見かねて口を出してしまったが、それはいけないことだったのだろうか・・

子育てはいくつになっても難しい。
皆さんだったらどうしましたか?
[PR]
by oktak | 2013-12-05 05:36 | 日常
<< ハンドメイドアーティストと猫た... ハンドメイドアーティストと猫た... >>