<< Vintage pink fl... ラミネート・コットンのエプロン... >>

継続こそ力なり

最近ブログ更新を怠っていたので、まとめて写真をアップした。
何が忙しいって、早くも学年末が近づき、子供関係の行事が目白押しなのだ。

中でも一番大変なのが、娘のバレエの公演。
いよいよ今週末に迫った公演は、金曜の晩、土曜の昼と晩、日曜の昼と、計4回あるのだが、1ヶ月半前から、90分x週3回ある普段のレッスンに加えて、60-90分の公演のリハーサルが週3-4回あり、バレエスクールで過ごす時間が異様に長かった。土曜日など、娘はお弁当やおやつ持参で、文字通り朝から晩までバレエスクールにいた。

こんなことをしているうちに、娘の日本語の勉強はおろそかになるし、読書する時間は極端に減るし、(私が)心配で夜眠れなくなってきた。
バレリーナになるわけでもないのに、こんなにバレエに時間と労力を費やす意味は?
公演が終わったら、やめさせて、学業(日本語含む)に注力すべきだろうか?中途半端で終わっている水泳や、前々から本人が習いたいと言っているギターを習わせてやるべきなのか?

ほぼ毎日、5つも6つも子供に習い事をさせている親御さんを見るにつけ、「習い事は何のためにさせるのか?」と常々考えていたのだが、私自身は、子供にあれもこれもできる万能人間になってほしいという希望はまったくなく、たった一つのことでよいから、コツコツと努力を続けて、何かを達成する経験をしてほしいと思ってきた。分野は何でもよいが、困難を乗り越えて何かを続ける経験は、充実した人生に不可欠と思うからだ。

そういう意味では、娘にとってバレエは特別なものになりつつある。
でも、やはり学業が最優先だ。このままバレエを続けると、9月からは、週4回に増えるバレエの基礎レッスン以外に、ストレッチ、モダンバレエ、キャラクターの3つのレッスンも必修になる。
既に怪しくなりつつある日本語の勉強をどうやって続けるのか。学校の宿題とのバランスを、どう取るのか。
考え出したら、頭が痛くなってきた・・
長期に渡って海外に滞在している人の中には、母国語の教育をスッパリ諦めた、という人もいる。
そうしてしまえば、肩の荷が下りて、楽になるのだろう・・。でも私は遅れてもよいから、続けさせたい。

結局こういうジレンマを経て、習い事を数年でやめてしまう子がほとんどなのだろう。
でも、ここでやめたら、今までやっていたことの意味がない。
何も達成しないままやめるのであれば、お金と時間の無駄、そして親の自己満足で終わる。

文武両道は困難であっても、相互補完的な面もあり、少数ながら両方きちんと続けている人も確実に存在するので、ここは踏ん張り時なのかも。

そもそも、忙しい人ほど何でもきちんとこなしていて、「忙しい、忙しい」とぼやく人ほど、実際には暇だったりする。オバマ大統領が毎日ジョギングする時間を作れるのであれば、娘にバレエと学業を両立させる時間がないわけがない。笑

残るは、私の努力。
とりあえず決めたことは、毎日、漢字を3字ずつ練習する。そして教科書を1-2段落、2回繰り返して音読させる。これだけは最低限、毎日必ずさせる。そして余裕のある日には、問題集をやらせる。
学校の宿題は最優先。最後に読書だけは、日英どちらの本であってもいいから、必ず時間を取らせる。

これを、「疲れた」「やりたくない」と抵抗する子供にやらせるのは骨が折れる。親業は楽ではないのだ。誰かがfacebookに書いていた。It's harder being a good parent than a bad parent.
子供が嫌がることをさせず、責任を持たせず、叱らずに過ごせたら、どんなに楽か。
人並み以上に怠慢な自分だが、心を引き締めなおして、娘と共に頑張りたいと思う。

(ちなみに息子は、サッカー部の入部テストに何度も落ちたが、他で練習を続け、とうとう入部した。文句ひとつ言わず、勉強も、サッカーも頑張っている。それだけ大人になったということか。)
[PR]
by oktak | 2013-05-14 00:10 | 日常
<< Vintage pink fl... ラミネート・コットンのエプロン... >>