<< Garment District summer bag >>

small tote with handmade button

この週末、NYはすばらしい天気に恵まれた。ただいまの気温、73度。(摂氏23度くらい)。でも、よりによって上の子が発熱。(T T) そんなわけで、すべてのニューヨーカーが待ちに待った春を外で満喫している中、私は二日間狭いアパートの中に閉じこもっていた。

 しかし悪いことばかりではない。ずっと家にいたので、昨晩から今日にかけて、もう一つバッグを型紙から作成し、完成させることができた。疲れた・・・

 今回もまた、既に製造が停止されたAmy ButlerのGypsy Caravanの生地を使った。(もったいなくて、なかなか使えなかったのだが、たんすの肥やしにしても仕方がないので。)マグネットスナップではなく、やはりAmy Butlerの生地(Temple Flowersシリーズ)でつくったくるみボタンで閉じるようにした。内側には、ピンクの花柄の生地を合わせた。本当は、外側が甘めの生地なので、内側にはストライプなど、シャープな感じの生地を合わせたかったが、在庫がなかった。再び(T T)。

 サイズは縦8インチ(約20cm)、横14インチ(約36cm)、マチ4インチ(約10cm)。子連れで出歩くには向かない(笑)。でも、一人でちょこっとそこまで買い物に出かけたり、友達とランチするときには大変便利な大きさだと思う。

 中には厚手の接着芯・フリースを縫いこんでいるので、Amyの生地が薄い割に、非常にパリッとした仕上がりになっている。内ポケットは一つついている。
d0011990_5512965.jpg

d0011990_559341.jpg 
[PR]
by oktak | 2005-04-11 05:54 | 作品
<< Garment District summer bag >>