<< Renegade Craft ... グレーのがま口2点 >>

ティーネージャーの母

d0011990_8151088.jpg


今日は息子の誕生日。13歳になった。
背が小さく、天真爛漫なままなので、とてもティーネージャーとは思えない。
でも、確実に彼が生まれた日から13年たったのだ。

赤ん坊の頃は、身体のどこかが悪いのではないかと疑うほど泣いてばかりで(しかも声が尋常でないほどデカかった)ノイローゼになりそうだったし、幼児になったら、秋から春までは風邪をひきっぱなし、さらに小学校低学年までは、学校でもトラブルが多かった。子育て道とは、かくも険しいものかと愕然とした。

今でも、脳の一部が欠如しているとしか思えないボケっぷりを日常的に披露しているが、友達は山ほどいるし、学校は大好きでたまらないし、毎日機嫌がよく、笑ってばかりなので、自然にこちらも笑顔になってしまう。

赤ちゃんから子供へ、子供から青年へと成長していく様子を「寂しい」と感じる母も世の中には多いようだが、私は全然寂しくない。彼の成長が心から嬉しく、これからさらにどんな風に変わっていくのかが、楽しみだ。今ではどんな映画でも一緒に見に行けるし、どんな話もできる、私にとっては最高の友達の一人でもある。

これまでの道のりを振り返ると、なつかしい気持ちでいっぱいになる。
大変だったことも、何ひとつ変えたくないし、悔いもない。
これからも山あり谷あり、がっくりくる日もあれば、嬉しくて舞い上がる日もあるだろう。
いつか巣立って行く日まで、母親業、満喫させていただきます。



d0011990_8304515.jpg




d0011990_831291.jpg



あまり美術には興味がないと思っていた息子だが、折り紙が大好き。
誕生プレゼントには、この本をリクエスト。
いつか自分のオリジナル折り紙を生み出したいそうだ。

[PR]
by oktak | 2012-11-17 08:41 | 日常
<< Renegade Craft ... グレーのがま口2点 >>