<< マルチカラーの水玉がま口(一点もの) 鍋つかみ >>

ゴールド・ストライプのがま口

d0011990_2214619.jpg


d0011990_158975.jpg



紺の地にゴールドのストライプと、小さな四角が散りばめられた生地のがま口。
裏地は濃い目のからし色。


**********


 ニューヨークにやってきたのが、1998年9月28日。
 その日は季節はずれの陽気で、汗ばむほどだったと記憶している。

 日本から夫と二人、大荷物を抱えてJFK空港に降り立った。
 大学時代の同期で、新しい職場に先に勤務していたOちゃんが迎えに来てくれていた。

 そのまま職場に直行。新しく上司になる方たちとランチ、夜まで挨拶回りで、フラフラ。
 その後数ヶ月は、気が遠くなるような激務だった。

 あれから早くも14年。こんなに長くNYで生活することになるとは、夫も私も、想像だにしていなかった。

 途中、日本で暮らそうと決意して帰国したこともあったけれど、結局戻ってきて、今に至る。
 何年たっても、ここを本当の"home"とは思えないが、多分ここを離れたら、強烈に恋しくなるんだろう。

 子供たちは完全なニューヨークっ子に育った。彼らにとっては、ここが"home"。
 "Home is wherever you are"というけれど、人生何事も、気の持ちよう。
 最近、ミニ・ミッドライフ・クライシスで迷うことも多いけれど、今生きているこの場所で、目の前にある仕事に真剣に取り組むことが、一番大事と思う。




昔は「一所懸命」という言葉は使わず、「一生懸命」を同義で使っていた。
でも今は、「一所懸命」の方がいい言葉だと思う。
武士が命がけで自分の領土を守ったことが語源だというが、私は「一所」を、「今の立ち位置」という意味で捉えたい。現在の自分の状況に満足がいかなくても、そこで最大限頑張ることが、次につながると思う。目の前にあることに真剣に取り組めない人間に、チャンスの扉は開くだろうか?

[PR]
by oktak | 2012-09-28 02:26 | 作品 | Comments(6)
Commented by meek at 2012-09-28 04:14 x
Akiさん、こんにちは。今日も心に響くブログをありがとうございます。実は私事で恐縮ですが、明日手術をします。里の親や友人たちは揃って"異国の地で。。。さぞかし不安でしょう”と心配してくれますが、こう異国の地に20年転々としていると、Akiさんのように、Homeのようには思えないけれど、ここが今の自分の住む"里"なので、その種の不安は覚えません。 "一所懸命”今の自分を生きようと思います。
これからもAkiさんの作品を見て、元気になります!!
Commented by oktak at 2012-09-28 04:48
Meekさん、お具合が悪かったのですね。手術が無事に終わりますよう、そして一日も早く快復されますよう、お祈りしています!
Commented by sunny at 2012-09-29 00:24 x
oktakさん、同感です。私も「一所懸命」って奥が深い言葉だな…と、不惑を目の前にして思うようになってきました。

紺地にゴールドの生地、インパクトと渋さが共存してて素敵ですね。がま口のデザインとサイズ感にとても合っていると思います。
Commented by oktak at 2012-09-29 04:29
Sunnyさん、ありがとうございます。私はいまだ惑ってばかり、人生が長くなった分、昔の人より成熟するのに時間がかかるのでしょうかね・・
Commented by kym at 2012-10-02 11:33 x
今の環境の中でいかに有意義に生きるか。課題だよね。周期的に考えたり悩んだりもするけれど、配偶者がこれほど完全にアメリカ、しかも東海岸でしか生活できない人間だとどうしようもないのが現実かな。インスピレーションをありがとう!
Commented by oktak at 2012-10-02 23:50
そう、まさに周期的に悩むこと!今また悩む時期が巡ってきましたが、lazyな選択をしないよう、気をつけつつ前進したいと思います。Kymちゃんまた会いたいな~
<< マルチカラーの水玉がま口(一点もの) 鍋つかみ >>