<< レースフラワーのがま口 Heart & flowers... >>

Wild Flowers pouches

d0011990_106162.jpg



 ブログを始めて、この3月で丸7年になるから、一度書いたことを二度、三度繰り返していることもあると思う。これから書くことも、以前書いたような気がするが、最近数人の女性から同じような言葉を聞いたので、また書きたい。

 「まだ幼い子供を抱えていて、やりたい仕事ができない。」「子供の預け先が確保できるかわからないので、仕事が探せない。」「住んでいる場所が不便なので、理想の仕事がない。」「お金がないので、夢が追えない。」

 「~ない」、「~ない」と、不利な状況を挙げだしたら、きりがない。
 仕事をするための状況が完璧に整っている人間が、この広い世の中にどれだけいるだろう。
 
 状況は、ほぼ常に不利なのだ。
 やりたいことができない理由は、その辺にゴロゴロあって、いくらでも自分が「できない」ことを正当化できる。

 私も、10年前は同じだった。
 子供は幼く、手がかかる。夫は出張で不在のことが多い。近くに頼れる家族・親戚は皆無。
 アメリカでは私は「外国人」で、就労許可さえない。仕事は、日本の出版社にもらう翻訳の仕事しかなく、それ以上のことはできないと思っていた。あれもできない、これもできない。

 でも、あるときようやく気づいたのだ。
 何かができないとしたら、それは100%自分のせいだと。(少なくとも、そう思わねばならないと。)

 障壁は、ひとつひとつ乗り越える。
 足りないものは、補う。行き止まりに出くわしたら、迂回する。
 長期的に目標を達成するために、ときには赤字になっても短期的コストを支払う。
 ただちに理想の仕事ができなくとも、常に触手を伸ばして、目の前にある仕事を次の仕事につなげる努力をする。人とのネットワークを地道に構築する。人に雇われることだけを考えず、自分で事業を起こすことも検討する。引いてだめなら押してみる。
 
 「できない」こと以上に、「できる」ことはあるのだ。
 もし「できない」理由を挙げ連ねる習慣があるとしたら、まず、本当に自分はそれがやりたいのか、じっくり考えてみるといい。本当はできるのに、コストを支払ってまでやりたくないだけなのではないか?その仕事以上に大切なことがあるのではないか?
 
 もし本当にやりたいことがあるなら、状況や他人のせいにするのをやめ、与えられた条件の中で何ができるかを検討してみるといい。本当にすべての手段を尽くし、あらゆる可能性を探ったのか?他にやるべきことはまったくないのか?ある程度のコストを支払っても、投資する価値のある機会はないのか?

 どれほど困難な状況にあっても、できることが何もないことはありえないと思う。
 目標に向かって一直線に邁進することはできないかもしれないが、ときに脇道に思いがけぬ宝を見つけることだってある。
 
 運命などというものは信じない。先の人生は常に白紙、どんな絵を描くかは、自分次第だ。










 
 
 

 
 
[PR]
by oktak | 2012-01-13 11:13 | 作品 | Comments(13)
Commented by meek at 2012-01-13 13:04 x
いつもながら、しっかりした意志をお持ちなんだなと思いながら読ませていただきました。 私も仕事を始めるとき、"子供たちが小さいから”とか色々と理由を並べていましたが主人が"まずやってみないと分からない”と言い就職してから周りのことを調整していった感じがします。 それから15年以上が経ち、今ではサイドビジネスにまで手を出す始末・・・ 出来ないと思わずに、出来たらいいな、出来るかもしれないな、あぁ、やってみちゃおうかな・・と考えて、それでも立ち止まるようなら、それは本当にしたいことなのか、と自問したらいいですよね。
あぁ、いつもいつも沢山のエネルギーをありがとうございます!!
私はアメリカに居て外人ながらも、したい事をさせてくれる所だなぁと感じています。 ありがたいことです。
Commented by Makiko at 2012-01-13 23:55 x
1000%同感です!FBでシェアさせてください。
Commented by oktak at 2012-01-14 00:24
meekさん、Makikoさん、ありがとうございます。
「やりたいことができない」と嘆く女性たちの状況が困難であることは、間違いないと思うんですよ。でも困難のない人なんていないですよね?乗り越えるために必要な努力を思うと気が遠くなることもあるでしょうが、「できない」と「やらない」をきちんと区別しないといけないと思います。「やらない」のもおおいに結構、ただしそれはあくまでも自分の選択であって、不可抗力ではないと認識すべきかと。
Commented by yako at 2012-01-14 01:01 x
oktakさんにメール出してからこのブログに気が付きました。
一字一句身にしみます(感謝)
Commented by quast at 2012-01-14 03:59
私も「でもでもだって」ちゃんには閉口します。「できない」理由をあげていたらきりがないんだから、自分で本当にやりたいのだったら「できることからやってみる」しかないと思います。

それから隣の芝生は常に青いのですから、人と自分の状況やサクセスを比べるのもナンセンスだと思います。もちろん成功している人からいろいろヒントをもらうこと(盗む)ことは大事だと思うけれど、自分の人生をコントロールできるのは自分のみですからね。

私は自分のことは自己責任主義なので後悔とかはないのですが、子育ては相手がいることなので、何がベストなのか見極めきれていません。どこまで手出ししたらいいのか、どこから子供に任せたらいいのか、そしてその決断に将来後悔しないか、とか難しいところです。(話がづれてすみません)
Commented by oktak at 2012-01-14 07:46
quastさん、私は足踏みしながら鬱々としている人の気持ちが痛いほど分かります。できることからやるしかないと分かっていても、現状を変えるには、大きなエネルギーと意志が必要ですよね。また、実はそれ以前に、プライオリティの設定がもっとも難しいのではないかと思うのですよ。本当に現状を変えたいのか?それとも、「変わらなければならない」と思わされているだけなのか?変化に伴って失うものの方が、実は自分にとって大切なのではないか?「現状を維持して、その中で幸せに生きる」というのも、立派な選択肢だと思うのですが、現状維持=停滞というイメージがあるのかも、と思ったりします。しかし、心の底から「やりたい!」と思わなければ、夢は決して実現することがないように思います。
Commented by oktak at 2012-01-14 07:46


子育てについては、「これが最善の育て方だ」と確信を持って育てている人など、いないのでは?みんな試行錯誤ですよ。一つだけ思うのは、親である自分がしっかり生きることが、最善の教育ではないかということです。自分が「こうありたい」と思う状態にできるだけ近づく努力をしていれば、子供は自然とその姿勢を学ぶのではないかと。人への接し方、自分の仕事に対する姿勢、逆境に陥ったときの振る舞い、自分の一つ一つの行動・言動が、子供に影響しているように思います。子供への関与の度合いは、植物と一緒で、水を与えなくても、やりすぎても枯れてしまう、絶妙なバランス感覚が必要だと感じます。言うは易しですね。ははは。
Commented by kym at 2012-01-16 10:43 x
同感!自分が置かれた状況、環境の中で、今一番達成したい事、今一番大切な事を自分独自のものさしで測りながら検討していく大切さを把握するのに10年かかりました。焦るのに飽きたのと、人生って長いんだからイライラしても損なだけだと気づいてから人生観変わったかな。
Commented by oktak at 2012-01-18 05:24
Kymちゃん、「自分のものさしで」ってところが案外難しくて、年の功なのかもしれませんね。
Commented by Hiromi at 2012-01-19 03:54 x
ふだん、論理的に考えるのが苦手な私なのですが、あきさんの文章はいつも「そうそう、私に代わって言葉にしてくれてありがとうあきさん!」と思います。私も似たような体験をしてきました。「やりたいけど、できない」と思っていた時期も長かったし、自分のふがいなさにやきもきしていたことも。ここ数年でやっとなぜだか肩の力が抜けて楽になり、やりたいことをカタツムリのスピードでもいいから続けることが自分にはできる、と気づきました。まだまだ道の途中の私ですが、ジレンマに苦しんでいる人の気持ちもよくわかります。そういう時間を経てみて初めて分かることなのかもしれませんね。
Commented by oktak at 2012-01-19 04:29
Hiromiさんの言う通り、悩んだからこそ分かることなのかも。若かった頃の自分に、あれこれアドバイスしたいと思うけれど、そのときにアドバイスを聞いていても、納得できなかったかも。自分で試し、失敗を重ね、はじめて分かることが多いんでしょうね。
Commented by まこ at 2012-01-20 06:03 x
まるで私に個人的にくださったメッセージかのようにズン!と響きました。まったくここに書かれている通り。でこぼこ道にさしかかってフニャっとなった時、リマインダーとして読ませていただきたいです、この叱咤激励のお言葉。どうもありがとう。
Commented by oktak at 2012-01-20 08:20
そんな、まこちゃんには釈迦に説法というもんでしょう。笑
私はこういう風に考えるようになってから、ストレスがたまらなくなりました。うまくいかないことを状況や他者のせいにすると、カリカリするけれど、自分がなんとかすればいいんであって、なんとかしないとしたら、それは自分の選択なんだと思うと、実に気楽。
<< レースフラワーのがま口 Heart & flowers... >>