<< Apples & pears ... White flowers o... >>

Etsy shop紹介: Abigail Brown

d0011990_2221651.jpg


本日ご紹介するのは、「布の彫刻」を作る、ロンドン在住のアーティスト、Abigail Brown
メインサイトは、こちら

(1) 簡単な自己紹介をお願いします。 

My name is Abigail Brown and I am a textile artist and illustrator. I live in London, England, where I also have my studio...full to bursting with all the fabrics I collect to use in my work.
My pieces are made from new and reused materials: old clothes, bed linen, scraps from other artist's work and bought fabrics from my travels. Working with fabric provides a connection to my childhood, the days I spent with my grandmother who was a seamstress. She died when I was 8, a hugely devastating loss.
The theme of my work is always animals, but largely it focuses on birds.


テキスタイル・アーティスト/イラストレーターのアビゲール・ブラウンです。ロンドンに住み、集めた大量の布でパンクしそうなスタジオを構えています。
私の作品には、古着やシーツ類、他のアーティストが作品に使った生地の残り、旅先で買い求めた生地など、新旧両方の素材を用いています。布を使って作品を作っていると、お針子だった祖母と過ごした少女時代を思い出します。祖母は私が8歳のときに亡くなりましたが、私にとってはとてつもなく大きな損失でした。
作品のテーマは常に動物ですが、その中でも鳥をテーマにしたものが多いです。

(2) アーティストになられたきっかけは?

I made things from a very early age and was always happy to be creating things in whatever medium. As I grew up and began to make decisions about my future there wasn't much other direction for me, I love art...creating is what I am about. I have worked for other people and I found it too hard to compromise my time for someone else's ideas.
There really is no other way for me!


とても幼い頃にものづくりを始め、どんな素材であっても作ることが大好きでした。
成長し、将来の方向性を決めなければならなくなったとき、他に進むべき道は考えられませんでした。
アートが大好きで、物作りは私そのものなのです。
人の下で働いたこともありますが、他の人のアイディアのために時間を費やすことが苦痛でした。
つまり、他に選択肢はなかったんです!


(3) これまでの作品の中で、最も気に入っているものは?

Every time I make a new piece I am happy with it will become my favourite! But the little owl Ponsenby was a creation I was hugely delighted with and for the first few nights after his creation I slept with him next to my bed. I have many a great many Ponsenbys now, so I think other people feel the same connection to him!
My most recent love is a piece I created for a doll swap game with 9 other makers. I had an idea for a deer girl and as she came to life I fell in love with her and couldn't bare to part from her. I had to make another one to send off for the game! Ilsa is the deer girl's name and she swings from a post as I walk in my front door...it makes me happy to see her when I come home.


満足のゆく作品が完成する度に、それが私のお気に入りになります!
でも、小さなふくろうのポンセンビーができたときは本当にうれしくて、その後数日は、ベッドのすぐ隣に置いて眠ったものです。その後、たくさんのポンセンビーを作ってきましたから、他の方もこの作品に同じような愛着を持ってくださっているのだろうと思います。

d0011990_2237380.jpg


最近のお気に入りは、9人のアーティストとおこなった、「人形交換」のために作った作品です。
女の子の鹿を作ろうと思い立ったんですが、作品が出来上がるとたちまち虜になり、手放せなくなってしまいました。そこで、人形交換のために、もう一体新たに作らなければなりませんでした!この雌鹿の名前はイルサで、玄関から入ると、目の前の柱にかかっていて私を出迎えてくれます。帰宅する度にうれしい気持ちになります。


(4) お好きなアーティストは?

I love illustrators mostly. I collect children's books and it is the illustrator's of those that I find the most inspiring artists. Marc Boutavant is my most favourite.
But then there are a great many artists whose work I also love: Dominique Donois who works in papier mache, Ann Wood and Tamar Mogendorff, fellow textile artists, Michel Gondry and Tim Burton for their artistry in animation...my list would go on forever and we haven't got the space!


イラストレーターが多いです。子供の絵本を集めているのですが、もっともインスピレーションを与えてくれるのが、絵本のイラストレーターです。一番好きなのは、Marc Boutavant。
他にも大勢好きなアーティストはいます。たとえば、パピエマシェの作品を作るDominique Donois、テキスタイル・アーティストのAnn Wood, Tamar Mogendorff、そしてアニメーション作品が素晴らしいMichel Gondry, Tim Burton・・ リストは限りなく続きますが、とても書ききれません!

(5) 幸せな気持ちにしてくれるものを5つ挙げてください。 

My family, friends and my most wonderful boyfriend... without whom i would be very unhappy.
Paris...it is a magical place at any time of the year, in any weather.
Food...amazing food...the kind that leaves you in some childlike excitement, as if you are eating for the very first time.
Sunshine.
Creating.


家族、友人、そして素晴らしいボーイフレンド。彼がいなかったら、不幸せです。
パリ。どの季節でも、どんな天候でも、魔法のような街。
食べ物。まるで初めて食べ物を口にしたかのように、子供みたいにわくわくさせてくれる、魅惑的な食べ物。
太陽の光。
作ること。

Thank you Abigail!
[PR]
by oktak | 2011-06-24 22:38 | Etsy shop紹介
<< Apples & pears ... White flowers o... >>