<< Retro meadow po... お休みとセールのお知らせ >>

一日一生

 一昨日、NYに戻ってきた。東京にいる母が急病で倒れ、子供たちを連れて、2週間帰国していたのだ。
 JFK空港は数日前の大雪のため大混乱で、着陸後3時間も機内に閉じ込められ、その後の入国審査もバゲッジクレームも、右往左往する人の波で酔いそうなほどだった。なにはともあれ、無事帰宅してほっとしている。

 幸いにも母は一命をとりとめ、順調に回復して、私たちの帰米前に退院することができた。今後はかなり気をつけなければならないだろうが、なんとか普通の生活が送れそうで、心から安堵した。

 今年は祖母を失い、母を失いかけた。これほど死を身近に感じたことはなく、私の人生観は大きく揺さぶられた。

 頭では分かっていたが、今自分の周りにあるものすべて- 愛する人たちさえも - は、いつか確実に失われるという、厳然たる事実を突きつけられ、これまで漫然と日々過ごしていた自分が、まるで子供のように無邪気に思われる。

 年齢的には、人生の折り返し点にある。人生後半は、数多くの喪失を経験することになると思うと、やりきれない気持ちにもなる。祖母が晩年、同世代の方が次々と亡くなっていく寂しさをよく口にしていたが、その痛みの片鱗を知った気がする。

 喪失を通して知るのは、当たり前の生活こそが、まさに「ありがたき幸せ」であるということ。
 愛する家族がいること。大切な友がいること。やりたい仕事があること。おいしい食事に舌鼓を打ち、燃えるような夕焼けに息を呑み、子供らの仕草に笑い転げ、バスルームを磨き上げて自己満足し、こうして思ったことを書き綴る・・・ 同じ瞬間は二度と繰り返されることなく、すべての体験は一瞬にして過去の記憶へと変わる。

 一日一生、一期一会。
 今日という日が、人生最後の日であるかのように、毎日生きることができたら。
 日々感謝の念を持ち、精一杯生きたいと、切に願うこの年の瀬である。

 拙ブログを読んでくださっている皆様が、良い年を迎えられますよう。
 
 
[PR]
by oktak | 2010-12-31 07:36 | 日常 | Comments(7)
Commented by quast at 2010-12-31 15:24
お帰りなさい。お母様がだいぶ回復されたようでよかったですね。
そして長旅お疲れ様でした。

実は私も同僚を自動車事故でクリスマス前に亡くしました。17歳の息子さんと一緒でdrunk driverにぶつけられて即死だったのです。ショックで怒りさえこみあげてきましたが、oktakさんのおっしゃるように「いまあるもののありがたさ」をかみ締めています。

oktakさんもよいお年をお迎えください。
Commented by hibilabo at 2011-01-01 00:43 x
まずは、お母様が回復されてほんとうによかったです。
一日一生、一期一会、全く同感です。この言葉を毎日忘れずに生きていけたら。。。と思いつつ、雑事に振り回されるとつい忘れてしまう不覚な自分です。 
日々感謝の念を持ち、精一杯。私もそのように生きていきたいと思います。
Commented at 2011-01-01 06:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by めんこ at 2011-01-02 03:38 x
そんな大変なことが起きていたとは!お母様回復していると聞いてほっとしてます。本当に今日の日が最後の日のようにとはまさしくだと思います。当たり前に平和にすごしている毎日が幸せなんだろうね。

よいお年でありますように。
Commented by oktak at 2011-01-02 06:42
quastさん、hibilaboさん、めんこさん、ありがとうございます。
quastさん、お友達を亡くされたお辛さ、いかばかりでしょう。防げたであろう事故による死であればなおさら・・。

なんだか切ない気持ちで迎えた新年ですが、あさってからは早くも学校が始まるし、またエンジンかけて頑張りたいと思います。
皆様もまずは健康に気をつけて、日々幸せをかみ締めつつ一年を過ごされますように!
Commented by おぎ at 2011-01-05 12:30 x
お母様のこと、それはご心配でしたね。まずはご回復されたとのこと、今後も引き続き、お体をいたわりながらお過ごしになられますよう、お祈りしています。
私も昨年早々に、父が一命をとりとめた経験があり、ヒヤリとするとともに、大切な人達もいつかは失われるということを身をもって感じさせられました。両親の年齢ともなると、病と付き合いながらの生活ですよね。このことがあってからは、より、お互いに一緒に過ごす時間をありがたく感じながら、大事にするようになっています。
実は昨日、父方の祖母が老衰で97歳で亡くなりました。私達が駆けつけて1時間ほどで、まさに「息を引き取る」というように安らかに旅立ちました。祖母は私が家を出るまで同居していたので、思い出がいっぱいありますが、本人も、もうおじいちゃんにお迎えにきてもらいたいと話していたし、身内にも十分に生きたという実感があったので、涙は出ても、想像していたよりも穏やかな気持ちで受け入れることができました。
葬儀を終えたら、こちらも新学期です。
お互いに、毎日を大切に過ごしていきたいですね。
Commented by oktak at 2011-01-07 08:12
おぎちゃん、コメントありがとう。FB経由でメールします。
<< Retro meadow po... お休みとセールのお知らせ >>