<< Pear-shaped tom... Mini pouch SALE! >>

小学生とパソコン

 5年生の息子は、算数以外の主要教科の宿題をパソコンでする。
 理科や社会のレポートも、国語(英語)の作文も、もはや手書きで提出しているものはないようだ。また、情報収集も図書館で借りてきた本ではなく、ネットでの検索がメインになっている。

 彼が今の学校に編入したのは2年生のときだが、その頃既に子供たちはパワーポイントの使い方を教わっていて、各自が選らんだ偉人に関する発表にも、パワーポイントで作った資料を使う子も珍しくなかった。(だいぶ親が手伝っただろうと思われるが) 今では完成したレポートを手渡しすることもなく、メールで先生に送るそうだから、時代は変わったものである。

 しかし、私はこの傾向が気に入らない。
 こんなに早くからパソコンを多用することのメリットが分からない。
 ワードで作文を打てば、先生にとっても本人にとっても読みやすいが、一つ一つ文字を書くことにおおいに意味があると思うのは、私だけだろうか?スペルや文法が間違っていても、ワードなら、チェックをかければあっという間に「正しい文章」になる。既にある技術を利用した上で、質の高い文章が書ければよい、というのも一つの考え方だが、私はそれはもっと大きくなってからで十分と思う。小さいうちは、鉛筆で書いたものを何度も書き直し、自然にスペルを覚えたり、洗練された表現を学んだりするものではないだろうか?

 ネットでのリサーチにも閉口する。
 ネットで得られる情報は、本の内容を水で薄めたようなものが多い。
 誤った情報もあるだろう。そして何よりも、(これは息子だけかもしれないが)ネットを使っていると、誘惑が多すぎて、リサーチに費やす時間よりも、ゲームをやっている時間の方が長くなってしまうのだ。勉強をしているかと思うと、サッカーのゲームをしている。まさに親の目を盗み、寸暇を惜しんでやっている。

 パソコンを没収しようかと思うこともあるが、学校側がタイプした原稿を求めているとしたら、それもできない。
 まだろくな文章も書けない5年生にパソコンの使用を求めることは、九九も覚えていない子に電卓を与えるのと同じではないだろうか?基礎的な学力がつく前に、これらのツールを与えることは、百害あって一利なしと感じる。

 皆さんのお子さんが通う小学校の状況はいかがでしょう?

 (思えば、私が彼と同じ年の頃、イギリスの学校ではすべての提出物を万年筆で清書することが求められた。鉛筆で下書きしたものを何度も校正し、最終的に緊張感を持って万年筆で書いたことが懐かしい。頑固なおばさんが、ノスタルジアに浸っているだけなのか?笑 いや、あの面倒なプロセスの中で、私は勉強以外のことを学んだ気もする・・。)
  



 
 
[PR]
by oktak | 2010-11-17 00:20 | 日常 | Comments(12)
Commented by quast at 2010-11-17 10:03
うちの息子のクラスは英作文のレポートのタイピングはオプショナルですが、家にコンピューターがある子供はみんなタイプしたものを持って来ているようです。その他の文章の宿題は手書きみたい。息子はすごい悪筆なんで、手書きで書いた物は読めたものではないので、もっともっと練習してほしいのですが、先生は手書き、タイプは関係ない、内容や書き方に時間を費やして欲しいと思っているのではって思います。私ももっと想像力をつけてほしいです。

リサーチはやはりネットが多いですね。oktakさんの指摘されているようにネットの情報が必ずしも正しいとは思えないし、図書館を利用して欲しいとも思いますが、限られた日数で仕上げなくてはいけないレポートなどは資料探しの時間もすごく限られてしまいます。
Commented by kayo at 2010-11-17 15:52 x
東京在住です。
同僚のお子さんが中学生なのですが、学校から出される練習問題が、DS2のソフトになっているんですって。塾ならまだしも、義務教育の中学校で、DS2を持っていないと学校から出される課題ができない、という状況にものすごく違和感を感じます。

パソコンももちろん使用していて、子ども用サイトにしかアクセスできないように制限をかけていても、それだと検索結果などが物足りなくなってくるそうで、今では制限も解除してしまったと言っていました。

息子はまだ4歳ですが、とりあえず今できることとして、紙に書かれた活字に慣らしておこうという意味もあって、絵本の読み聞かせをしているのですが、この先どうなることやらです。

Commented by あつこ at 2010-11-17 22:54 x
うわー、アメリカはそんなことになっているんだね。日本は我々が子供の頃とあまり変わらないよ。公立の小学校に通っていますが一年生の時から「とめ、はね、はらい」を徹底的に叩き込まれる。筆順もうるさい。公立でここまで丁寧にやって下さるとは思っていなかったよ。正しく書くということにものすごく力を入れているようだわ。漢字のテストも「とめ、はね、はらい」がめちゃめちゃ厳しい。子供が小学校に入り改めて正しく書くこと、下書きして何度も消しながら考えながら書くことの大切さを感じています。日本の小学校では提出物をパソコンで送信するなんて私立でも聞いたことないな~。OKTAKさんが書いていらっしゃる事はもっともです。同感です!
Commented by oktak at 2010-11-18 11:20
quastさん、文字をいかに正確に、美しく書くかよりも、文章の内容を重視という考え方、もちろん分かるんですが、個人的には、スペリングや文法の基本すら押さえていない子供に、「文章の質」や「想像力」だけを求めることに違和感を感じますね。文字を手書きさせても、質や想像力を高めることはできるわけで、二者択一ではないですよね。
また、リサーチに時間がかかるから図書館を利用できないということもないと思うんですけどね・・とくに、学校の図書館を利用すれば。うちの坊主のように、ネットでリサーチする方がはるかに時間の無駄が多いというケースもありますし。(苦笑)
Commented by oktak at 2010-11-18 11:28
Kayoさん、日本でのDSの普及率は、アメリカよりもずっと高いのでしょうね。それにしても、お友達のお子さんが通う中学にも、DSを持っていないお子さんだっているでしょうにね?
パソコンは、今のところ私の監視下で使用させていますが、もう少ししたら、変なサイトにいかないようにフィルターをかけなければいけないのかもしれません。それはそれで、お友達のケースのように、勉強に必要なサイトにもアクセスできなくなるという問題が発生するのかもしれませんが・・ これからもしばらくパソコン/ネットを巡る悩みは尽きそうにありません。
Commented by oktak at 2010-11-18 11:34
日本語は、英語よりもはるかに書くのが難しいからねえ>あつこさん。
大人でも、ずっとPCを使っていると漢字が書けなくなるので、小学生のうちは手書きしないとだめだと思いますね。
あと、PCを今から多用することで気になるのは、目への影響!絶対何時間も画面を見ているのは目によくないと思うのですよ。
Commented by quast at 2010-11-18 21:41
図書館ですが、息子の学区は財政難のため、司書スタッフ削減で、週に数時間しかあいていないんです。だから授業中に本をチェックアウトするのがやっと。放課後も開いていません。ひどい話ですよね。私はカウンティライブラリーで本をチェックアウトしてあげていますが、学校しか本を借りられる手立てがない子供はますます本を読まなくなるわ。

スペリングに関しては毎週徹底的に勉強させてれていますよ。文法の勉強はしているんだかしていないんだかわからなんですけど、本を読むせいか、息子の場合は文法はわりとしっかりしています。でも書く内容は一辺倒なんですよね。

ところで息子さんの宿題って毎日何分ぐらいですか?息子の先生は学期はじめに、毎日45分ぐらいっていってましたが、とてもとてもその範囲では終わりません。隣のクラスは親が文句いったほどプロジェクトが出ていたとか。
Commented by oktak at 2010-11-18 23:19
図書館が週に数時間しか開いていないとは!予算カットする場所を完全に間違えていますね。

宿題は、一応毎日1時間以内で終わるはずと言われていますが、同じく、とても1時間以内には終わりません。(ダラダラしている時間が長いからですけど・・)目の前ににんじんをぶらさげると、ときどき早く走りますが(笑)。
Commented at 2010-11-19 12:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oktak at 2010-11-20 02:36
かとさん:「ビジネスマンと同じことを子供の頃からしておけば、就職してから役に立つ」という主張、私もかとさんと同じく、反論したいですね。実社会で役立つスキルなんていうのは、もっと大きくなってから、各自のニーズに合わせて習得すればいいんです。子供に徹底的に身につけてもらいたいものは、読み書き算数の基礎ならびに批判的思考の習慣です。それから、勉強以外に、きちんと文字を手書きすることによって、読んでくれる人に敬意を払うことや、丁寧に仕事をやり遂げることを学んでほしいと思うんですけどね。時代錯誤でしょうか(笑)
Commented by まこ at 2010-11-20 07:35 x
真剣にいろいろ感じながら読んでいたのだけど、最後の一文「頑固なおばさんが、ノスタルジアに浸っているだけなのか?」でプフッときてしまいました。「頑固なおばさん」まで読んで、イギリスの学校の先生のことかと思いきや、、、。
Commented by oktak at 2010-11-20 11:48
いや、いつの間にか、「最近の子供は!」なんて思っている自分がおりましてね・・私も年くったもんだと思いますが、私たちが子供の頃とは、すっかり環境が変わってしまったことも確か。今の子供たちは、distractionが多くて、ある意味かわいそう。ゲームもネットも、一度やり始めると止まりませんからね。息子は最近、友達とのテキストメッセージや、google buzzのやりとりが多くて、また新たな問題になりそう。Facebookにも強く誘われているみたいだし・・。はー。
<< Pear-shaped tom... Mini pouch SALE! >>