<< 瓢箪柄のがま口 oktakmini SALEの... >>

不可解な生き物 - 子供

 上の子は来月11歳になる。ということは、私も親業を始めて満11年を迎えるのだが、これだけ親業をやっているにもかかわらず、相変わらず我が子が不可解でならない。

 6歳になった娘も、あれこれ予想外のことをしでかし、「変わった子だ・・」と面食らうことが度々あるものの、不可解度では息子に遠く及ばない。

 息子は異性ということもあるのかもしれないが、男の子でも、ごくまともに行動する子もいるので、やはり個人的な問題だと思う。

 たとえば、彼は異常に「忘れんぼう」である。
 去年までは、月曜日から金曜日まで毎日、Tシャツの上に着ていったスウェットやパーカーを学校に忘れてきた。どんなに口をすっぱくして、忘れるなと言っても。仕方なく、日曜日に親が一緒に学校に行って、上着をすべて拾って帰ってくるというパターンができあがっていた。週末に探しても見つからないこともあり、失くした服は2枚や3枚ではない。今年はまだ寒さが本格化していないので、極力上着を着ないで登校している。(いつまで耐えられるか?)

 もう5年生になったのでさすがにマシになってきたと感じていた矢先(先週末)、スクールバスから意気揚々と降りてきた彼は、サクソフォーンのケース以外は何も持っていなかった。「バックパックはどうしたの?」と聞くと、「あれ?・・あれ?・・」と混乱状態に。バスに乗り込むときに背負っていたのか、学校に置いてきたのかさえ思い出せない始末。図書館から借りた本や、ノート、携帯、体操着など、大事なものがたくさん入っていたのに!それからとうとう一週間たったが、バックパックは跡形もなく消えてしまった。

 また、先々週。朝、息子とバス停に行き、彼の乗るスクールバスが間近に来たのを二人で確認してから別れたところ、同じバス停にいた息子の友達のお母さんから電話がかかってきた。「あんまりおかしかったから伝えるけど」と前置きした後、彼女が言うには、あれからバスが到着し、子供たちが乗り込んでいざ出発しようとしたところ、彼女の娘がバスの中で激しくジャンプして、何かを伝えようとしていたそうだ。バスの運転手が仕方なくドアをまた開けると、なんと、バスに乗らずにぼーーっと歩道に突っ立って、ゴミ収集車が大量のゴミ袋を回収するのに見入っている息子を指差すではないか!この女の子のお陰で、息子はなんとかバスに乗ることができた。

 今日は今日で、娘がやってきて、「お母さ~ん、DVDが見えな~い。スクリーンがまっくらで見えなくなった~」と言う。確かに、プレーヤーの電源を入れてDVDを入れても、うんともすんとも言わない。よくよく見てみたら、DVDプレーヤーの中のテープのようなものが切れている。(夫に言わせると、それは「リーダー」なのだそうだ。) 最初はてっきり娘が切ったのかと思ったら、「お兄ちゃんがハサミで何かやっていた」と言うではないか。そこで問い詰めたところ、黙ってうつむいた。(=犯行を認めた)

 当然ながら、「何故そんなことをしたの?」と聞いたのだが、うつむいたまま黙りこくっている。そのうち、涙までポロポロ。結局、理由などないのだ。彼は昔っからこうなのだ。「一体全体どうして?」とこっちが狼狽するようなことをしでかしては、理由がない、ただやってみたかった、すみませんと、涙をこぼす。そう、4歳のときに私の真新しいネックレスをぶっちぎってくれたときも、6歳のときに望遠鏡を窓から放り投げたときも。彼の頭の中がどうなっているのか、まったく分からない。

 息子が小学校中学年になった頃、人並みに毎月小遣いをやりたいと思ったのだが、あまりにも物を紛失したり破壊したりするので、その分を小遣いから差し引いていたら、なかなかやる折がなくなった。ここにきて、バックパック紛失とDVDプレーヤー破壊で、もう今後3年くらいは小遣いがやれないことに(苦笑)。

 忘れ物がひどいのは(夫の)遺伝としても、このわけわからんちんな行動はもういい加減卒業して、普通の人間になって欲しい。子育て12年目も、不可解な生き物との格闘は続く。

 
[PR]
by oktak | 2010-10-22 11:02 | 日常
<< 瓢箪柄のがま口 oktakmini SALEの... >>