<< お知らせ オリジナルミラーと巾着 >>

初・一人歩き

 今日から、息子が一人でバス停から歩いて帰ってくることになった。
 来月11歳になるが、NYでは初めての一人歩きである。

 日本では、同年齢の子供たちが、午後10時頃、塾帰りに駅前のマックにたむろしている光景も珍しくなく、ちびちびの小学校1年生だって付き添いなしで通学するのは当たり前だが、ここでは5年生未満の一人歩きは禁じられている。

 これまでは毎日、娘を学校に迎えに行き、いったん帰宅して、30分もしないうちに今度は息子をバス停まで迎えに行くという生活で、午後はとても落ち着いて仕事などできなかった。
  
 が、この9月に晴れてミドルスクールに!嬉々として、一人で帰宅させるための手続きを済ませた。(この年齢になっても、親が一人歩きを許可する旨、書類に署名しなければならない。)※ちなみに、一人歩きが許可される年になっても、決して一人では歩かせない親御さんも周りには大勢いる。

 しかし、いざ一人で歩かせるとなると、わずか数ブロックのことながら、心配事がいろいろ。

(1) マンハッタンのクレイジーな運転に注意しながら、無事に道を渡ることができるのか?(赤信号でもバンバン右折・左折してくる車や、そもそも信号など目に入っていないバイク便や、自転車のデリバリーマンたちに轢かれないか??)

(2) 小柄で、7-8歳に見られることの多い息子が一人で歩いていて、お回りさんや近所の方々に止められないだろうか?
(先日飛行機に乗って、息子がお手洗いに行ったら、そばにいたアメリカ人のおばさんに、"Oh good boy! You can go to the bathroom all by yourself?"と褒められた・・。一体何歳に見られたのだろう?)

(3) うちまでの数ブロックの間に、地雷のように必ず何箇所も落ちている犬の糞を踏まずに帰れるのか?

(4) 重たいサクソフォーンを無事持ち帰れるのか?

(5) いつもバスを降りる時点でだらだらにほどけている靴紐を、忘れずに結び直してから歩き出せるのか?

 などと、アホ母は思いつく限りの心配をしている。(皆さんに失笑されますね)

 結局、週2日、サクソフォーンを持ち帰る日だけは、これまで通り迎えに行くことにした。(途中、「重たい~ 疲れた~」とか言って、ケースを犬の糞の上に下ろされても困るから)

 少しずつ自立させなければならないが、親としては心配。
 子スズメの飛行練習を心配そうに見守るスズメの母さんの気持ちがよく分かる。
 
[PR]
by oktak | 2010-10-07 00:53 | 日常
<< お知らせ オリジナルミラーと巾着 >>