<< "Stitches&... Etsy shop紹介 - R... >>

日本語教育その後

 家で細々と日本語の勉強を続けている息子(5年生)。
昨日は敬語の問題に取り組んだが、これがもっとも難しい模様。

 なんたって、敬語を聞いたことがほとんどないからな。
日本人の知り合いは、ここにいる年数が長くなるにつれて減っていき、わずかに残っている友人たちとは敬語を使うような仲じゃないし。

 ○問題: 次の文を丁寧語に直そう。 「私は5年生だ。」
 ○息子の答え: 「私は5年生ございます。」    ・・・・プププ (←笑ってる場合じゃない)

 謙譲語に至っては、まったく分からない様子。(ま、日本に住んでいる日本人でも分からない人が多いけれど・・それは置いといて。)

 海外暮らしが長くても、家で丁寧な話し方を心がけている方もいる様子だが、うちは(私の性格上)無理。

 私も帰国子女だが、母が電話でしょっちゅう敬語を使うのを聞いていたから自然に覚えたんだな・・
気の毒だが、私の子供たちは敬語をまともに使えないまま大人になってしまいそうだ。

 でも、もう日本語教育で悩むのはやめたのだ。
 今目標としているのは、義務教育が終了するまで通信教育を続けることと、毎晩の教科書の朗読と日本語の本の読み聞かせをできるだけ長く続けること。これだけでは、当然ながら日本にいる同年齢の子供と同じレベルの日本語は使えないが、それでいいと開き直っている。漢字は覚えるそばから忘れるし、語彙も限られているが、今いる社会で生き生きと過ごすことがプライオリティだと思っている。アメリカにいる限り、アメリカの学校で最善を尽くし、ここでの生活を楽しんでほしい。そうすれば、いつどこに引っ越したとしても、必ずそこでも生き生きと過ごせると思うのだ。

 言語とアイデンティティは切っても切り離せないもので、日本語能力を失うことは、日本人としてのアイデンティティを失うこと、という捉え方は根強いと思う。そのため、アメリカにいながら、日英両方の言語を使いこなせるようになってほしいと、子供に期待する方が多いような気がする。(実際、このままいくと「日本人でなくなる」とか、「アメリカ人になってしまう」という言い方をされる方もいる。)

 私もかつてはそうだったが、今はまるで憑き物が落ちたように、国籍に基づくアイデンティティへの執着はなくなった。息子は息子であり、これから彼がどこに行って、何をしようと、「彼」であることに変わりはない。
今思うと不思議である。「日本人」とか「アメリカ人」って、そもそも何なのだ?「日本人でなくなる」とは?「アメリカ人になる」とは?行動様式がアメリカナイズされることを心配しているのだろうか?日本がいまだ閉鎖的な社会である故、行動様式や考え方が異なると、社会でつまはじきにされるという恐れがあるのだろうか?
だとしたら、私はもはやそんなことはどうでもよくなっている。核心にある人間性がしっかりしていれば(どうしても譲れない価値観を伝えるために、親としてできる限りのことをしたと確信できれば)、それでよい。それ以上に何を望めるだろうか?

 でも、こう思えるようになるまでに、10年かかった。
この10年に子供も大きくなったが、私も同じくらい変化(あえて「成長」という言葉は使わない。良いのか悪いのか分からないから・笑)したのだろう。
[PR]
by oktak | 2010-05-04 00:45 | 日常 | Comments(8)
Commented by Vodka at 2010-05-04 01:12 x
なるほど...。私、実は妊娠7ヶ月なので、こういう話とっても興味あります。ただ私の場合はパートナーが日本人ではない上、私自身の日本語がすでにボロボロなので、子供の日本語能力についてはあまり初めから期待していませんが。ただ、日本文化って、言葉も含めて、かなりユニークで、アメリカ文化・英語などと比べて後から習得するのがとっても難しい、という思い込みがあるので、子育ての時に出来るだけやっておこう、というプレッシャーを感じるといえば感じますが。じゃないとちょっと損したような?
Commented by oktak at 2010-05-04 03:16
Vodkaさん、また椅子から転げ落ちそうになりましたよ!
おめでとう!!(またブログにお邪魔しなくては!)
「日本語を子供のうちに出来るだけ教える」という気持ちは、まったく同じですよ。だから私もまだしぶとく教えているわけで。ただ、日本に住む同年齢の子と同じレベルに達することを目指すのはやめたということです。それぞれの家庭の状況は異なりますから、あくまでもうちの状況で良いと思ったことをやっているまでですが。駐在員の短期滞在のご家庭や、国際結婚のご家庭は、また状況が違うだろうと思います。正しい答えなどないので、各自合った道を探すしかないんでしょうね。
Commented by Kym at 2010-05-04 11:51 x
毎晩の朗読を続けているとはすごい!さすがOちゃん。うちではずいぶん前から開き直ってます。夏休みに入ったらがんばるぞ。去年里帰りしたときに買ったテキスト・ドリルが埃かぶって待っているのだ。とほほ。
Commented by ELLIE at 2010-05-04 20:57 x
この前、娘とレストランごっこしたら、当然ながら「~はいかがですか?」という店員さんの言い方を知らなくて単刀直入に「キッズミールほしい?」だって。大爆笑。
日本語の本の朗読・・・今ちょっとサボリ気味・・・
このトピックについてはボストンに遊びに来た時にでもぜひ語り合わねば。oktakだけでもうちに泊まってもらわないと語りつくせないかな(笑)
Commented by oktak at 2010-05-05 11:08
KymちゃんもEllieも、日本人は片方の親だけなんだから、うちとは状況が違うよ。私が釣られて英語でしゃべってしまうのがとにかくいけない。でもなかなか直せない。
今のところ、夏の帰国が何よりも重要で、一ヶ月近くいるものだから、二人ともぺらぺらになって帰ってきます。その効果、数ヶ月は持続するんだけどね。クリスマス頃にはまた同じ状態に・・
いつかゆっくり語りたいね。
Commented by Gobuggy at 2010-05-10 05:34 x
亜樹さん~ (と同じような 状況に いる皆様)
たしかに そうですよね。 日本語を つずけるのは 難しいです。 うちは 今3歳の 娘とだんなを ならべて 日本語教育です (うまく いかない)。 娘は 3歳ながら 赤、という単語を A Car~なんて 超アメリカ人発音になってます。 ははは。
たしかに 私も 娘と 息子を みて ああ、 日本人の 面影が ないなあ と おもいますが、特に お漬物や お味噌汁が すきでは なかったり と 日本ならではの 食事や、 感性に たいして 日本人の Identityを 重点においたりしているのに きがつきます。 日本の 中学や 小学校で 黒板の うえに 努力や忍耐、優しい心、なんてあったの おもいだし 組体操や 行進したり、 せいふくなんて 記憶に あります。でも 私の 子供たちは Independence, individual, Uniqueness, など の Message で 育つと おもうと うれしいような。 (Part 1)
Commented by Gobuggy at 2010-05-10 05:41 x
すみません、Part 2です (おいおい)。 
たしかに わたしも子供たちに どんな大人に 育ってほしいという 内容は どこへ いっても かわらないと おもいます。 日本で あれ、 アメリカであっても 自己主張が でき、 公平で あり、 おもいやりの ある おとなに なって ほしいと おもいます。 確かに 日本語のなかで 英語では 訳せない 言葉や、 いいまわしが あると おもうと あせってしまいますが、 ちょっとでも 日本語を 覚えているば、 高校や 大学でも本人が やるきが あれば 習得する はやさは ちがうと思います。わたしも できるだけ その 基盤を つくりたいですが。(<- うまくいかない)
亜樹さん通信教育やていて すごいですね。 わたしも みならって ちょっと さぐってきます。 いつも 興味深いBlog ありがとうございます。
Commented by oktak at 2010-05-11 00:36
まちこさん、コメントありがとう。
極端な話、日本語が話せなくなって、mannerismやbody languageがアメリカ人そのものになっても、悲嘆に暮れるようなことだろうか?、と今は思います。重要なのは中身なのに?
そう、皆さんおっしゃるように、言葉を本気で習得したいと思ったら、大人になってからでもできるのです。そのとき、細々とでも子供時代に日本語を勉強していた経験はおおいに役立つでしょう。
日本語独特の良さ(言葉自体の美しさだけでなく、その背後にある精神)は、できるだけ伝えたいと思いますけどね。
もう少し大きくなったら、日本各地を一緒に旅行できたらと夢見ています。私自身、あまり国内旅行をしたことがないので、各地で日本の素晴らしさに触れられたらと思います。
<< "Stitches&... Etsy shop紹介 - R... >>