<< Gallery Hanahou woodgrain clutch >>

The end of childhood

大げさなタイトルをつけてみたが。
この週末、親として、ちょっとショックだった出来事があった。

息子が友達の家に遊びに行っている隙に、雪でぐちゃぐちゃの中、慌ててF.A.O. Schwartz(おもちゃ屋さん)に走った。今まで忙しくて買い物などしている暇がなく、息子の学校はすでに冬休みに入ってしまったので、出張から帰ってきた夫に風邪引き娘の面倒を見てもらい、今しかないと、秘密のクリスマスプレゼントを買いに行ったのだ。

息子は大のレゴファンなので、欲しがりそうなレゴを選んで購入。娘用にも、プレゼントを購入。

買ってきたおもちゃは、袋に入れたまま、親の部屋のウォークイン・クローゼットに置いた。包んでいる暇はなかったので、中身が見えないよう、oktakのエコバッグを上に置いて隠した。

その晩。息子がお風呂に入っている間に、ウォークイン・クローゼットに行ったら、なんと電気がついていて、oktakエコバッグは横に置かれ、袋の中身が見えていた。

愕然。

そういえば、息子は数日前にも、ウォークイン・クローゼットに出入りしていて、「何してるの?」と聞いたら、「クリスマス用のストッキングを探してた」と答えていたのだが・・・  実はサンタクロースの正体を突き止めようと、毎日必死にチェックしていたのに違いない。

とうとう、やられてしまった。
年の割には幼い息子、昨年までは完全にサンタクロースを信じていたが、今年は「友達が、サンタクロースなんていなくて、親がプレゼントを買って枕元に置いているって言ってたけど、ホント?」だの、「サンタクロースって本当にいるのかな?」と聞いたり、友達はサンタクロースにねだったものを毎年もらっているのに対し(DSだのパソコンだの)、彼は必ずしもねだったものをもらえない、などという矛盾に悩んでいた(笑)。

その後も彼はしらばっくれているが、それまで書いていたサンタ宛の手紙が、悲しげに居間のコーヒーテーブルの上に放置されているのが、すべてを物語っている。

昨日まで、彼の胸を膨らませていた空想が、パーティーの翌日の風船のようにしぼんでしまった。
いつまでも続くかのように思えた子供時代が、終わりに近づいている。

こそこそ探偵ごっこをした息子に、私は無償に腹が立った。それは、あと1年だけでもいいから、クリスマスの朝に、嬉しい悲鳴と共に目を輝かせて私たちの部屋にやってくる彼の姿を見たかったから。
子供が心から喜ぶ姿を見るのは、親の最大の特権である。

今年、彼の喜びは半減したかもしれないが、私と夫の落胆はそれ以上だ(笑)。
せめて娘には、あと5年は夢を見続けてほしい。息子には、間違っても妹にサンタクロースの正体を明かしてくれるなと伝えたいが、そんな会話をする気にはならない。騙し、騙されたまま、ファンタジーは消滅するのがいい。
少しの間でも、私たちにも夢を見させてくれてありがとう。

私の大好きな、"Summer Time"の歌詞。

"One of these mornin's,
You's gonna rise up singin'
Then you'll spread yo' wings
An' you'll take the sky.
But till that mornin',
There's ain't nothin' can harm you
With your Daddy an' Mummy
Standin' by."
[PR]
by oktak | 2009-12-23 01:57 | 日常 | Comments(13)
Commented by quast at 2009-12-23 06:11
うむむ、つらいところですね~。
うちの息子はoktakさんと同じ年ですが、今年はサンタクロースの話をしません。友達でサンタを信じていない子供もいるんで、影響されたのかもしれないけど、先日はPolar ExpressのDVDを観て喜んでいたんですけどね。

それでも一応サンタからのプレゼントは用意してあります。ラッピングペーパーもサンタのプレゼントを包んだものは、他には使っていないし、親のベッドの下に隠してあるので見つからないと思いますが。

>子供が心から喜ぶ姿を見るのは、親の最大の特権である

心から同意しますね。そのためだけに働いているといってもいいくらいです(笑)。
Commented by mihokuma at 2009-12-23 08:09 x
うちも昨年くらいから、サンタへの手紙はなぜか日本語になりました。今年のリクエストもなぜか、何度も私にゲームの名前の念を押していたので、多分気がついてるけど気がついてないフリ状態なんだと思います。去年のサンタからの手紙を見て、「ママの時と似てるね〜。」っていってたし!
私の家は、超そういうモノに興味が無くて、私は小さい時から、「そんなもん、おらせんがね!ははは」と言われて育ってきたので、せめて息子にはできるだけ長く信じさせてやりたかったのですが…・。そろそろ、そういう時期なのかもしれませんね。
Commented by mihokuma at 2009-12-23 08:11 x
時←字でした。
Commented by めんこ at 2009-12-23 09:27 x
あははは。子供のいない私は、W君がその年まで、サンタの存在を信じることができたことはとても幸せなことだったと思うよ。人一倍、疑い深い私は、実は5-6歳くらいで、わかってしまったのよ。その上、2歳年下の弟にまでばらしてしまったのです。。。。最近になって、弟に指摘されました。夢を壊したって。ははは。
Commented by KyM at 2009-12-23 10:53 x
クリスマス・年末年始のファンタジーはサンタ・お年玉は親と悟ってもいつまでも大切にしたいもの。映画“Elf″実はファンなのです。またレンタルして観ようかな。ちなみにうちの8歳の娘はけなげにサンタを信じています。薄々気づいてはいるようだけど、姉に”信じなきゃ来ないよ”と言われて信じて損は無い、位に計算しているよう。
Commented by oktak at 2009-12-23 22:55
Quastさん、mihokumaさん、そうそう、やっぱりどんなに純粋な子でも、10歳くらいが限界なのでしょう(笑) そういえば私も10歳になるまで信じてました(笑) あるときふと、「太ったおじいさんが煙突から入ってきてプレゼントをくれるって・・・ありえないな」と覚醒したのでした。

めんこさん、そんなに笑わなくても・・笑 うちの兄もずっと小さいときに気づいたらしいです。「サンタさんって、三越で買い物するの?」って両親に聞いたとか(笑) 私は何の疑問も持ちませんでしたが。ははは。

KyMちゃん、私Elf見たことないのよ。借りるかな。お年玉もあげてるんだ?うちはなし!
Commented by めんこ at 2009-12-23 23:56 x
私も、一人のサンタが世界中の家に一晩で回るのは、ありえないと思いました。夢がない子でした。
Commented by かりめろ at 2009-12-24 01:20 x
え~~、私、いつから知っていたっけ???と一生懸命思い出してみたら、かなり早い時期だったと思います。ほしいものを母が購入・ラップをし、クリスマスツリーの下におく、という一連の行動がオープンになされていましたもん。。。今思うと現実的な家族・・・。

それにしても、めんこには笑えます、相変わらず。
Commented by oktak at 2009-12-24 11:56
家庭によって、サンタクロースをどう扱うかってパッキリ二つに分かれると思うので、かりめろさんのような家庭で育った子には、私やWのような子供はさぞかしアホに見えたことでしょう(笑)

めんこさんは小さい頃から賢かったのね。私は10歳になるまで、深く考えたことがありませんでした(笑)
Commented by カリメロ at 2009-12-24 18:01 x
でも友人にサンタクロースはいないよ、と言った記憶もないんですよね。子供心に親がDelegateされてくれている、みたいな感覚でしょうか。親にいっておくのが普通、みたいな?今思うと不思議です。
Commented by oktak at 2009-12-25 02:30
子供は何でもありのまま受け入れるので、カリメロさんはカリメロさんのご家庭のクリスマスを素直に受け止めていたのでしょう(^^) 
我が家のクリスマスは、今年から突然変わってしまったのは確か。
でもbottomlineは家族が元気で一緒に過ごせれば幸せ。どのご家庭もあたたかい年の瀬を過ごされますよう。
Commented by bbandb at 2009-12-26 06:15
oktak夫妻の落胆する気持ちわかります。

我が家では長男はいないと気付いているようですが、
次男はまだ信じています。信じている振りをしているだけ
のような気もしますが、その方が楽しいものね。何事も。爆
Commented by oktak at 2009-12-27 11:37 x
>その方が楽しいものね。何事も。
って、どういう意味ざますか、Kikiさん? いや、やっぱり聞かんとこ(笑) 
<< Gallery Hanahou woodgrain clutch >>