<< クラフトフェア 老眼鏡/iPod nanoケー... >>

クラス全員分のコップ袋

d0011990_10402842.jpg


以前、娘の学校のスナック事情について書いた
毎日、スナック当番の親がクラス全員分の紙コップを持参しなければならないシステムに疑問を感じ、先生に各自水筒またはプラスチックのコップを持参すればよいのでは、と提案し、先生も同意してくださったのだが。その後一ヶ月たっても一向にコップを注文したという知らせがなく、先週、個人面談の際に、「申し訳ありません、時間がなくてまだ注文していないんです!」との説明があった。

そこで私が代わりにコップを買って寄付することにし、昨日わざわざチャイナタウンまで行って、レストラン用の食器・調理器具店で一番小さなコップを30個購入。

そのコップを今日先生に渡してほっとしたものの、ふと思った。
日本のように、「コップ袋」など売っていないから(そもそもコップを子供が持参するという概念自体がないわけで)、皆むき出しのままバックパックに入れて持ち運ぶんではないだろうか?
使用済みのものを入れるのはまだしも、朝、未使用のものを直接バッグに入れるのは非衛生なのでは?(子供のバックパックには、落ち葉、どんぐり、床に落ちていたシールなど、ありとあらゆる「宝物」が入っている・・)

そこで、27名分のコップ袋を作った。
生地だけはたくさんあることだし(笑)

当然裏地もつけず、縫い方もいい加減極まりないのだが、予想以上に時間を取られた。
風邪気味で学校を休んでいた息子を労働者として狩り出し(アイロンをかけさせた)、なんとか仕上げたらもう夕飯の時間。
あ~ いろいろ仕事がたまっているのに、これで一日終わってしまった。

今思えば、ziplocにでも入れればいいだけじゃないか。
アホじゃないの、私?

*夜撮影したため、写真の色が変ですね
[PR]
by oktak | 2009-11-20 10:45 | 日常
<< クラフトフェア 老眼鏡/iPod nanoケー... >>