<< 雨の日に作ったもの セントラルパークの秋 >>

Etsy shop紹介 Pinoceanさん

d0011990_22122022.jpg


Pinoceanさんのランプワーク・ビーズを見つけたのは、Flickrでだったろうか?
ガラス好きにはたまらない質感、色、形。小さなビーズ一粒一粒が、それぞれにアートである。
ジュエリーを作れたら、大人買いしていたこと間違いなし。

Pinocean店主、美香さんのインタビュー。

(1)簡単な自己紹介をお願いします。

コリンズ美香です。主人と男の子2人(10歳、7歳)の4人家族です。アメリカに来て5年半になります。最初の3年間はNYで、2年前からワシントン州に住んでいます。ランプワークは14年ほど前に始めたのですが、その後育児でいったんで休止。子育てに一段落ついた4年ほど前から本格的にまた作り始めました。ちなみにランプワークビーズとは、棒状のガラスをバーナーの炎の中で溶かしながら2mm前後のステンレス棒などにまきつけて、ひとつひとつ作るビーズのことです。

d0011990_21321847.jpg

(2)このお仕事(分野)を選ばれた理由/きっかけは?

もともとガラスという素材が好きで、きれいな薬瓶などを集めていました。ある時、とあるガラスの美術館で解けるガラスを間近に見て「私も溶かしてみたい!」と思った訳です。当時たまたま、主人がとっても素敵なビーズを持っていて、どんな風に作るんだろうと興味を持ち始めていた時期と一致し、この美術館の訪問の後すぐに教室を探し、習い始めたのがきっかけです。加えて主人の大きなサポートもこの仕事を選べた理由ですね。

(3)これまでの作品の中で、もっとも気に入っていらっしゃるものは?

もっともですか?ん〜。。。''tiny tiny beads''! 以前にcustom orderで沢山作ったときの物です。

(4)お好きなアーティストは?

磯野昭子 
Dora Schubert
小山友子 
Mic Itaya
Arnold Lobel(絵本作家)
Norman Rockwell (20世紀アメリカのイラストレーター)
本当にこれはきりがないですね。Etsy にも、た〜くさんいます。

(5)幸せな気持ちにさせてくれるもの・ことを5つ挙げてください。

何かを創ること。
出来なかったことが出来るようになること。
ワシントン州の自然。
日本の温泉。
子供たちからのhugs。

美香さん、どうもありがとう!

*追記: ジュエリーを作れない人への朗報-クリスマス前に、美香さん作成のジュエリーもショップに並ぶそうです!
[PR]
by oktak | 2009-10-28 21:39 | Etsy shop紹介 | Comments(8)
Commented by めんこ at 2009-10-29 02:49 x
きれいなガラスだね。ベネチアグラスみたい。二つ目のトルコ石みたいなガラス好きです。ジュエリー楽しみにしてます。
Commented by mihokuma at 2009-10-29 02:51 x
Pinoceanさんのランプワーク・ビーズ本当にとっても素敵!NYにも住んでいらっしゃったんですね。
ジュエリーが、お店に並ぶのを楽しみにしています:)

OKTAK BLOGも、とってもオシャレ!こちらも覗かせてもらうのが、楽しみです。
Commented by まこ at 2009-10-29 10:48 x
こんにちわ。Pinocean さんがTwitterでリンクされたので飛んで来たらあきさんのブログだったんですね!

いつもきれいだなあーとうっとりしていましたが、私もジュエリーは作れないので指をくわえて遠巻きに見てました(笑)。だからアクセサリーとして完成品が並ぶのはとっても楽しみ。

あきさん、Pinoceanさんを取り上げてくださってありがとう!
Commented by oktak at 2009-10-29 20:53
皆様コメントありがとうございます!
いつか北米在住日本人クラフターで展示販売会などできないものか・・と真剣に考えてしまいました。Pinoceanさんも、Mihokumaさんも、まこさんも、それぞれに素晴らしい作品を作られているし、他にもたくさんいらっしゃいますよね。Etsyでも日本の方の作品は飛びぬけて質がよく、きちんと作られていると感心します。昔、丘永漢だったか、「中国人は商人だが、日本人は職人である」と書いていましたが、最近深く納得・・
Commented by 桜村 at 2009-10-30 01:41 x
こんにちは。ワシントン州在住のものです。いつもブログとハイセンスな作品を楽しみにさせていただいています。

Etsy にはあまりにショップがたくさんあって困ってしまうことが多いのですが、こちらでご紹介いただくショップはどれも質が高くて本当にステキですね。「日本の方のショップ紹介が多いな、あえてそうしていらっしゃるのかな?」と思っていましたが、お目に留まったものを調べると、実は日本の方だった、ってことなのでしょうか?

私もバッグが好きで、ときどきEtsyをチェックしているのですがことが多いのですが、「あ、これはステキ」と思ってショップに行って見ると、日本の方だったり、シンガポールの方だったりと、アジア人の方のショップの比率が高いです。(そうしてこちらにもたどり着きました。)

やっぱり日本人の血に合うテイストというのがあるのかしら?と思ったりしています。
Commented by oktak at 2009-10-30 02:43
桜村さん、日本の方のショップ紹介が多いのは、(1)たまたま好きなショップに日本の方のものが多いから、(2)日本の方にインタビューすると、答えを翻訳しなくていいから(笑)、(3)このブログの読者が皆日本人であることを考えると、日本人アーティストに興味を持たれるのではないかと思うから の3つの理由によります。(つまり、偶然の部分と、故意の部分、両方あるということです)

桜村さん同様、私も「いいな」と思うショップのプロフィールを見ると、日本の方であるケースが多いのです。あとはヨーロッパ人のショップが多いですね。Etsyでは間違いなくアメリカ人のショップが一番多いはずですが、私の"favorites"の中では決してマジョリティではありません。美的感覚、嗜好には国民性があるのでしょうかね。おもしろいものです。
Commented by mika at 2009-11-01 02:02 x
皆さま、亜樹さん、温かいお言葉本当にありがとうございます!
ついこの間までは外野で見ていた私なので、今こうやって『NYバッグ職人日記』の1ページになれるとは、夢にも思っていませんでいた。初めてのインタビューだったので、すっっごく嬉かったのと同時に、しどろもどろになっちゃったかと、ドキドキでした。でも皆さんのコメントを読んでたら、とってもありがたくて沢山元気をもらえましたよ。
亜樹さん、私のために貴重な時間をさいていていただいて、本当にありがとうございました。
皆さま、これからもよろしく!: )
Commented by oktak at 2009-11-01 03:31
美香さん、こちらこそこのマイナーなブログに登場していただき、ありがとうございます。短い文章の中にも、美香さんのお人柄が現れています。こちらこそ、今後もよろしくお願いします!
<< 雨の日に作ったもの セントラルパークの秋 >>